「4月は、新たな出会いの季節」という言葉を否定する人は少ないだろう。本コラムが公開されるころには、あなたも進学・就職などで新たな出会いに心おどらせているかもしれない。

  一方、この時期は「‘銀行’との新たな出会いの季節」でもある。奨学金や給与の受け取り、公共料金の引き落とし口座の選び方で迷う人は、意外と多い。このような人へ向けて、銀行もさまざまなキャンペーンを実施し、顧客争奪戦を繰り広げている。口座選びで苦労している人は、下図のようなキャンペーン面から選んでみるのもおもしろい。

銀行口座のキャンペーン

  上図をみてもわかるように、新生活をむかえる際に必要となることが多い取引が対象となっており、そのハードルは低い。

  また、ソニー銀行の場合、6月末時点で定期預金10,000円以上の残高があれば1,000円分の商品券をもらえるので、おトク感を得やすいのではないだろうか。

  このような春季限定キャンペーンは、ほかにも多くの銀行が実施している。口座の新規開設や給与受取口座指定をすることによって、プレゼントをもらえるチャンスがあるというものが目立っている。

  ただし、注意点もある。

  まず、会社から給与振込銀行を指定されており、それ以外の銀行利用が認められないケースがあることだ。加えて、ネット銀行・支店を除き、ほとんどの銀行では各支店が担当しているエリア内に住居もしくは勤務先がなければ、口座開設が認められないケースもある。生まれてからずっと北海道に住んでいる人が、沖縄の支店に口座を開設することはむずかしい。

  キャンペーン終了期間は各行で異なるが、4月末までならば受け付けている銀行が多い。この機会に、あなたにとって魅力的なサービスを提供している銀行との出会いも楽しんでみてはいかがだろうか。

(注)図は筆者作成。キャンペーン詳細は各行HPを参照。