お金と上手に付き合う7つの習慣

  1) ライフプラン=予算を立てると・・・一貫性が得られます。。。つまり「貫」が手に入る。

  2) マネーバランスプラン=金融の役割調整をとると・・・金融のメリット(+)を伸ばし、デメリット(-)を補えます。。。つまり「真」が手に入る。

  3) ファイナンシャルプラン=(金融)手段の選択をできると・・・自己責任時代に、自由選択を得られます。。。つまり「財」が手に入る。

  4) マネーマネジメント(家計簿)を行うと・・・お金の使い道が分かります。。。つまり「貪」を避けることができる。

  5) マネーマネジメント(損益計算)を行うと・・・分不相応な金額レベルが分かります。。。つまり「貧」を避けることができます。

  6) マネーマネジメント(貸借対照)を行うと・・・明日(次)のお金の準備ができます。。。つまり「資」を得ることができます。

  7) リスクマネジメントとアセットマネジメントを行うと・・・繰り返し変化に対応していく継続の効果が得られます。。。つまり「賢」を得ることができます。

  「貫」「真」「財」「貪」「貧」「資」「賢」の繰り返し。お金ごときで悩まない生活を手に入れるために・・・お金と上手に付き合う7つの習慣をしくみにしました。

  あとは、このしくみを・・・活用していただき!習慣化していただき!伝授していただきたい!

  お金の知識も技術も情報も大切ですが・・・なによりも「習うよりも慣れる」、習慣が大切ですから。