「子供の教育費は1人1000万円」 その内訳から見える資金準備の鍵


 3歳で私立幼稚園に年少から入り、小中高は公立校に進学、人並みに塾や習い事もさせて、大学は私立文系に進学して自宅から通う、というコースを進むと教育費の合計はおよそ1000万円になります。

 「子供の教育費は1人1000万円」とよく言われますが、今一つイメージが湧かないという声も聞かれます。「サラリーマンの生涯賃金は2億円」と説明されるのと同じようなものですから無理もありません。この1000万円の内容を見てみましょう。

 内訳は以下の通りです。

【教育費合計額】

 合計すると10,118,573円。およそ1000万円ですがまだわかりにくいですね。1ヵ月あたりの平均額で見てみましょう。

【一か月あたりの平均額】

 子供が成長するにつれて、毎月の家計からこれくらいの金額を支出することになります。とりわけ大学にかかるお金が高いことがわかりますね。

 しかも大学は月払いではありません。前もって半年分の授業料を納めなければなりませんから「入学時に100万円」ですめばラッキーだと思った方がよいでしょう。教育資金作りとは大学にかかるお金を準備すること、というのが理解していただけるのではないでしょうか。

 しかしながら、これには学校にかかるお金だけではなく塾や習い事の費用も含まれていますからその内訳も気になります。

【学校にかかる一か月あたりの平均額(授業料、給食費、制服代など学校にかかる教育費)】
【塾や習い事にかける一か月あたりの平均額(塾・習い事・通信教育など学校外の教育費)】

 塾や習い事にかける費用も安くはありません。公立小中学校ではむしろそちらの方が高くなっています。幼稚園から高校までを合計すると2,912,659円。

 つまり1000万円のうちおよそ300万円は塾や習い事に使われていることになります。賢明な皆さんならもうお分かりだとは思いますが、この支出をコントロールすることがカギになります。

 今回使用した文部科学省の調査に、以前私も小学生の保護者として1年間協力したことがありますが、ほぼ平均額と同じだけ使っていたことがわかり感心した覚えがあります。けっこうお金のかかるものなのです。

 ちなみに幼稚園から大学まで全て公立なら約742万円、全て私立で大学は理工系なら約2222万円、大学で下宿するならそれぞれ400万円プラスになります。大変ではありますが、「本人が望むなら大学まで行かせてあげたい」というのが多くの保護者の気持ちでしょう。

 次回は教育資金作りについて投稿したいと思います。(執筆者:森田 和子)

 文中の教育費は下記の調査結果をもとに森田和子が試算
 ・文部科学省「平成24年度 子供の学習費調査」
 ・文部科学省「私立大学等の平成25年度入学者に係る学生納付金等調査」

この記事を書いた人

森田 和子 森田 和子()»筆者の記事一覧 (17) http://okane-net.com/

FPオフィス・モリタ 代表
大学卒業後、コンピュータソフト会社、生命保険会社勤務を経て1999年にファイナンシャルプランナーとして独立、FPオフィス・モリタを開業。相談される方を「追い詰めない」のがポリシー。お金の管理を楽に、楽しくするお手伝いを心がけています。得意分野は「マイホーム購入」、「進学費用準備(特に大学)」、「確定拠出年金」。このテーマでのセミナー、執筆をお引き受けしています。個人の方からのご相談は東京九段のオフィスでお受けしています。
<保有資格>:CFP®認定者、 一級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務)、DCA(金融検定協会認定 確定拠出年金アドバイザー)
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう