一般の方には何かと敷居が高い介護保険。その敷居が高い介護保険が実は2015年4月に改正されているのをご存知の方は少ないでしょう。果たして「改善」だったのか、「改悪」だったのか。今回はその辺りをフォーカスしてまとめてみたいと思います。

1割負担から2割負担へ

1つは、今まで収入にかかわらず、自己負担額はかかった費用の1割負担で一定でした。改正後は、一定以上の所得のある人は2割負担することになりました。2015年8月1日から施行されていて、単身で年金収入とその他の所得金額が280万円を超える、または、2人以上の世帯で346万円を超える場合は、2割負担することになります

2割負担になると大変?

実際に、2割負担となった場合を考えてみると、要介護度によっても大きく変わってきますが、現在の1割負担でも不安に思う人が多い中、単純に考えても2倍になるわけですから、介護費用の負担が心配になりますね。

しかし、介護保険は、同時に高額介護サービス費も見直してくれているので、2割負担対象者全員の負担が、2倍になるわけではありません。あわてて不安がることもなさそうです。自分が何割負担なのかは、 要介護認定を受けるともらえる「介護保険負担割合証」で確認ができます。

特養の新規入所条件が要介護度3以上の高齢者に


2つ目は入居費用の安い、特別養護老人ホームの新規入所者が要介護度3以上の高齢者に限定されたことです。特別養護老人ホームの入所申し込みの待機者が約52万人いるといわれています。そのうち要介護度1〜2の人は17.8万人です。

この一文だけを読むかぎり、きびしくなったと思いがちですが、実際には要介護度1〜2の人は、半自立で、まぁまぁ生活できているレベルです。それに比べて、要介護度3あたりから、ぐっと見守りの必要性が高くなってきます。

大変だ! と考えている人も多いですが、がっかりすることではないのです。考え方をかえてみましょう。

もし、高齢の家族が転倒して骨折、脳梗塞発症などで、突然要介護状態になったとします。要介護認定を受けたら要介護度3くらいになると予想されます。

突然介護の手がかかるようになり、1日も早く入所できたらと望むようになった時、まだまだ自宅で頑張れる要介護度1〜2の人が、除外されたことで、待機期間はぐっと短くなるのです。要介護度1〜2の人は、実際、本人の気の持ちようで、自宅でも暮らせるはずなのですから、ここは譲り合いの気持ちで捉えてほしいところです。

特別養護老人ホームは、有料老人ホームと比べると、費用が安いので魅力的ですが、毎日の生活は質素です。

新しい介護保険は介護予防に力を置いています。いくらかかるか予想ができない介護費用を、なるべく節約していく為には、本人の気持ちと努力がキーワードになる時代ですね。そこをサポートする事業を、あなたの街の地域包括支援センターが準備してくれています。(執筆者:佐々木 政子)