「ファミサポ」って? ファミリーサポート制度は働くママの味方です

ファミリーサポート制度は、ワーキングマザーにとってはぜひ利用しておきたい制度の一つです。しかし実際には利用したことが無いという人も多く、「聞いたことはあるけどよく分からない」という状況になっていないでしょうか。

今回は、そんなファミリーサポート制度について、詳しく解説いたします!

子供を預かってくれます


ファミリーサポート制度とは、時間制で子供を預けられる仕組みのことです。

保育士など資格を持っている人ということではなく、あくまでも一般の方が子供を預かってくれる、というのがファミリーサポートです。預かってくれる方のことを提供会員といい、登録時に研修を受けている人たちなので、子供への対応は基本的に心配要りません。

また、「保育園の送り迎え」や「夕飯を食べさせてほしい」など、ただ子供を預かってもらう以外のことにも対応してもらえます。

提供会員をしてくださっているのは子育てがある程度終わった主婦の方が多いようで、子供の扱いにも慣れておられ、また、その家のお子さんも一緒に遊んでくださったりして、和やかな雰囲気の中で預かってもらえます

ただ、あくまでも一般の方の家で預かってもらうことになるので、保育園のような万全な体制があるわけではありません

料金は1時間800円前後

ファミリーサポートの利用は時間制で料金が決まっており、1時間800円前後とベビーシッターをたのむよりも割安です。料金は自治体によっても異なりますのでお住いの地域のファミリーサポート事業を調べてみましょう。

通常料金以外に、夜間料金や病児・病児後預かり料金もあります。また、食事を食べさせてもらう場合は別途1食につき300円などと決められていて、料金体系は分かりやすいと言えるでしょう。

支払方法は、基本的に現金にて手渡しです。

利用の流れ


ファミリーサポートを利用するには、事前の登録と打ち合わせが必要です。

ファミリーサポートへの登録

これから働き始める方などは、ファミリーサポートを利用するかどうか分からなくても、まずは登録しておくと良いでしょう。会員登録をすることによって、いつでも提供会員を紹介してもらえる状態になります。

提供会員の紹介

登録後、まだ利用する日が決まっていない状態でも、まずは提供会員の方を紹介してもらうのがおすすめです。本部の方から、近所に住んでいる方や希望する時間・曜日等の条件に合致する方を紹介してもらえます。

提供会員との打ち合わせ

紹介してもらったら、まずは打ち合わせが必要です。打ち合わせは預ける日が決まってからでもいいのですが、登録後すぐに済ませておくことによって急ぎで預かってほしいときでもスムーズに預けることができます

打ち合わせとは、主に子供との顔合せと、持病やアレルギーのことについて知らせたり、子供の性格や好みなどについても伝えておく機会です。また、提供会員さんの人柄を知るための機会でもあります。

利用日を決める

ファミリーサポートは、「毎週金曜日の18時から」などと利用パターンを決めることもできますし、「今週休日出勤しなければならないから」などと単発で利用することもできます。いずれも、利用する日時についてはしっかり打ち合わせしておきましょう。一度顔合せが住んでいれば電話等で打ち合わせするだけで利用できます。

子供の預かり・料金支払い

子供を預かってもらい、迎えに行った時にその日の料金を支払います。そして、必要書類へのサインも必要です。

登録と事前打ち合わせさえ済ませておけばいつでも預けられる状態になるので、とりあえず登録しておく、というのがおすすめですよ。

※登録には費用はかかりません。

こんなときに利用してみよう

(2)

わたしも、子供が小さいころにはよく利用していましたので、どんなときに利用するといいのかを紹介したいと思います。

あらかじめ残業や休日出勤が決まっているとき

「○日は夜にアポが入ってしまった」というようなときに、提供会員さんに連絡して預かってもらえるかどうかを聞いてみましょう。

保育園に預けられないとき

熱があるとか病み上がりでまだ登園できない、という場合はまず選択肢になるのが病児保育室です。ファミリーサポートに預けるよりも安いです。ただ、病児保育質が満室の場合は預けられないので、ファミリーサポートを利用していました。

急きょ預かりが必要なとき

基本的には、事前に利用日を決めなければなりませんが、提供会員さんが承諾してくだされば当日の預かりにも対応してもらえることがあります。わたしも2回ほど、外回りで遠方にいたときに保育園からの呼び出しがあり、ファミサポを利用しました

ファミリーサポート制度は、プロのシッターというわけではありませんが、有償ボランティアとして子供の預かりをしてくださる方にお願いできる制度です。料金もそこまで高くなく、特にフルタイムで働くママにとっては必要となるシーンも多いと思いますので、登録してみてはいかがでしょうか?(執筆者:吉見 夏実)

この記事を書いた人

吉見 夏実 吉見 夏実()»筆者の記事一覧 (375) http://manetatsu.com/author/nyoshimi/

1984年生まれ。お金を貯めるのは好きだが同様にお金を使うことも大好き。好きなものを買うために普段はムダ遣いを排除し、シンプルライフを徹底。専業主婦時代には食費月1万円を実践、年間貯蓄額200万円を継続中。お金の使い方やダイエットにも断捨離の考えを取り入れ、無駄なくかつ楽しく豊かに生活する方法を模索中。メディア掲載:日経WOMAN、週刊SPAなど
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう