2015年12月、NTTドコモが大きく動き出します。これまでドコモで行ってきたポイントサービスを大きく変更するのです。

大幅な変更事項とは


まず、これまで「ドコモポイント」として運用されてきたポイントプログラムを「dポイント」とします。ドコモポイントは、ドコモのサービスでしかポイントが貯まらず、貯まったポイントもドコモでしか利用できませんでした。

しかし、dポイントはローソンでのお買い物でもポイントがつき、貯まったポイントは別の共通ポイント「Ponta」とも等価交換ができますので、Pontaの加盟店舗でポイントが使えるチャンスが広がりました。

ドコモの利用状況に応じてステージがアップする「ドコモプレミアクラブ」は「dポイントクラブ」へと名称が変更。それに伴い、ステージの段階が6段階から4段階へと減少しました。

ちなみに、「docomoID」は「dアカウント」へと名称を変更するようです。

DCMXがdカードに


そして、ドコモが提供しているクレジットサービス「DCMX」が「dカード」へと名称を変更するというのです。モバイルに搭載されている「DCMX mini」は「dカードmini」となります。単なる名称変更なのかと思いきや、ポイントの付き方にも大きな違いがあります。

これまでのDCMXでは、請求金額1000円につき10ポイントが付与されてきましたが、dカードでは1回の利用金額100円につき1ポイントが付与される計算となります。付与率としては大した変更がありませんが、ポイント獲得のチャンスが大きく広がったといっていいでしょう。

例えば120円の決済を8回繰り返して960円の請求金額となった場合、これまでのDCMXでは1ポイントも付与されなかったのに対して、dカードでしたら8ポイント付与されます。dカードなら、より少額の決済でもポイントの取りこぼしが少なくなるのです。

とはいえ、まだ正式に運用されていないドコモの新システムですので、当分はその成り行きを注目するのがいいでしょう。(執筆者:角野 達仁)

dカードGOLDの申し込みはこちら(公式HP)からできます。

資産運用しながらdポイントが貯まる↓