インターネットショッピングをする際、クレジットカード決済をすれば即座に決済が完了し、よりスピーディーにサービスを受けられます。しかし、インターネットショッピングでのクレジットカード決済は、便利な反面危険性もありますよね。

3Dセキュアとは?

セキュリティが確かなサイトを選ぶことが、インターネットショッピングでカード決済をする際には重要かもしれませんが、その指標の一つとなるのが「3Dセキュア」です。

VISAでは「VISA認証サービス」、マスターでは「SecureCode」、JCBでは「J/secure」と呼ばれていますが、これらを総称して一般的に「3Dセキュア」と呼ばれています。

3Dセキュアは、上記3社のクレジットカード会社が推奨する本人認証サービスのことですが、通常の認証とは何が異なるのでしょうか。

従来の本人認証との違い

クレジットカードの本人認証を行なう際には、これまではクレジットカード番号とカードの有効期限のみで本人認証を行なっていました。

しかしこれですと、不正利用される可能性は決して低いものではありません。

そこで3Dセキュアでは、クレジットカード番号とカードの有効期限に加えて、IDやパーソナルメッセージ、パスワードなど本人しか知りえない情報を組み合わせることによって、より認証のレベルが高くなるのです。

3Dセキュアを利用するには

3Dセキュアを利用するのに、特に年会費などを支払う必要はありませんが、持っているカードが3Dセキュアに対応しているカードであること、そしてパスワードの登録をしていることが必要となります。

その上で、3Dセキュアに対応したショッピングサイトを利用すれば、安心のインターネットショッピングができます。

オンラインショップで注文手続きをした後、クレジットカード会社の3Dセキュアのページへとジャンプし、そこでパスワードなどを入力して認証されないと、クレジットカード決済ができません。

3Dセキュアを利用することで、カードを拾ったり盗んだりした人の「なりすまし」によるカード利用を防げるわけです。(執筆者:角野 達仁)