幸運の招き猫をゲットしろ 招き猫マニアが選び方を紹介します。 

招き猫の種類は無数にある

招き猫。知らない人はいないだろう、猫の姿をした置物だ。

ちょっと古めの食堂とか、あとは宝くじ売り場にも小さいものが置いてあったりするんだけど、僕は招き猫が大好きだ。

一口に招き猫と言っても、その種類は無数にある。日本各地、地域によって姿も素材も違うのだ。

静岡招き猫

等身が本物の猫に近く、細めた目と添えられた左手は、まるで毛づくろいをしているように見える。

豊岡張子招き猫

見た目にも華美で色も鮮やか。

見るからに福を呼び寄せそうなルックスをしているのが特長だ。

八王子招き猫

ファニーな表情なんて、もうたまらない!

と、このように、招き猫を語らせれば延々文字を連ね続けることができるほどの、要は招き猫マニアなのである。

今回は、そんなマニアな僕が、金運に効果がある招き猫の選び方について、ご紹介したいと思う。

招き猫は種類によって呼ぶ福が異なる!

「宝くじで高額当選をしたい」
「商売を繁盛させたい」

と考えるのなら、運気を呼び込むお膳立ては欠かせないと、個人的には思う。

そして、そのお膳立てには招き猫はもってこいのアイテムなのだ。

招き猫がどっちの手を挙げているか?

ただ、挙げる腕の左右の違いによって、呼び込む福の意味合いがちょっと異なるのは覚えておきたいところ。

ほとんどの招き猫は、最終的に財運を呼んで来るんだけど、その過程にしっかり合った招き猫でないと、効果が上手く発揮されなかったりする。

左手が挙がっている招き猫

具体的に言えば、左手が挙がっている招き猫は、商売運をもたらすもの。

いわゆる「千客万来」を司るのが、左手ということだ。

だから商売人は、是非とも事務所や店舗にこういう招き猫を置いておくといい。

右手が挙がっている招き猫

右手が挙がっている招き猫の役割はと言えば、こちらはダイレクトな金運をもたらす

俗に「金運招福」なんて言われるのがこちらのタイプ。

僕のようにやたらめったら「宝くじが~」なんて言ってるダメ人間には、こっちの猫が合っている。

実際、僕もこの手の招き猫を所有してから高額当選の経験もあるので、効果がないとも言い切れない。

金運を高めるのは黄金の猫!

そうそう。招き猫と言えばそのほとんどが白い毛色をしている。この白には魔除けだとか、福を呼ぶなんて意味合いがちゃんとあるんだけど、たまに黒かったりまだらだったりと、色んなパターンの招き猫に出会うことがある。

その中でも金色の招き猫は、金運をより多く呼び込むという言い伝えがあるようだ。

僕は残念ながら、金色の招き猫でかつ右手が挙がってるタイプをまだ見かけないので手に入れていないけど、このタイプの招き猫は、さぞや効果もあるように思える。


見つけてニャン

ピンク色の招き猫に秘められた力とは?

そういえばこんな話もある。

とある恋愛情報サイトが何かのきっかけで、ピンク色の招き猫が描かれたしおりを作って読者に配布したところ、そのしおりを受け取った読者が良縁に恵まれるケースが増えたという。

実はこれにもある程度の根拠がある。

以前からピンク色の招き猫もあるにはあったんだけど、この手の招き猫は異性との出会いを呼び込むという噂があったのだ。オカルトめいた話しだけど、招き猫には少なからず、不思議な力があるということかもしれない。

自分にあった相棒を迎えてみよう

いかがだっただろうか。招き猫にはいくつものバリエーションがあって、用途によって色や腕の形が異なることが分かっていただけたはずだ。

商売人なら左手を。ギャンブラーは右手を挙げた招き猫を相棒に迎えておくと、なんだか心強くなれるかも。

高級品じゃなくても手に入れてみては?

招き猫は種類、素材、サイズによって価格が異なる。

しかし個人的には安いものでもそれなりに効果があるし、場所も取らないので、安物でもとりあえず購入して大事にすればそれで良いように感じる。安い物だと1,000円程度で購入できるので、気になる方は手に入れてみてはいかがだろうか?(執筆者:小野 雄吾)

この記事を書いた人

小野 雄吾 小野 雄吾»筆者の記事一覧 (23)

1975年8月、東京都出身。Web制作の仕事一筋15年を経て、2015年7月にサラリーマンのお金に関する悩みを解決させるWebメディアを立ち上げる。自分の家庭の家計管理を担当し、投資、貯蓄で多少の成果を出してはいるものの、肝心の給与収入だけはなかなか上げられずに肩身の狭い日々を送る。
<保有資格>:ウェブ解析士
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう