介護が必要になってくると、そろそろ私も介護保険のお世話に…と、介護保険ばかりに頼ってしまう傾向がありますが、介護保険での介護サービスには限りがありますし、介護保険だけでは支援がたりないというのが現実のところです。

介護施設に入居された場合には、介護保険サービスだけでは支援できない部分を、各施設が介護保険外サービスとして用意してくれています。

有料老人ホームなどでよく、

「オプションで利用が可能です。利用された分だけの実費を頂きます。」

という案内がありますが、介護保険外で利用できるサービスとなっています。

介護保険で利用できるサービス内容は、在宅でも施設でも大きく変わりはありません。

既に在宅での訪問介護等をご利用されている方々は、介護保険サービスの制限が多いことを実感された方も多いのではないでしょうか。

今回は、介護施設の代わりにあなたのお住いの自治体が用意してくれている補足的な介護サービスにスポットをあてていきたいと思います。

介護保険の在宅介護サービス

ご自宅で生活するために最低限必要と考えられている、掃除、洗濯、買い物、調理、などの生活援助や通院の必要があれば通院介助、歩行不安定の方や寝たきりの方には身体的な介護サービスが提供されます。

要介護者がおひとりで暮らされている場合には、お庭があれば植木の水やりや草むしりも必要でしょう、年末が近くなれば大掃除、時には大きな家具を移動して位置を変えたり粗大ごみとして処分したいなどの必要があるでしょう。

しかし、このような支援は介護保険での訪問介護ヘルパーには依頼ができないと決められています。

自治体が用意している在宅介護支援サービス

自治体では、住民が住みやすい地域を目指して、住民に役立つ様々なサービスを用意しています。介護分野に関しても介護保険の在宅サービスではできない内容を理解しています

自治体によって、用意しているサービス内容や料金については異なりますが、主な自治体のサービスをあげておきます。

相談窓口

担当ケアマネジャー、地域包括支援センター、市町村の高齢福祉窓口など

利用条件

要介護認定を受けている方

サービス内容

 
・生活支援ホームヘルプサービス

・配食サービス(昼食や夕食を届けてくれる。安否確認の役割も担う) 

・外出支援サービス(通院、入退院、必要な外出の場合に利用可能)

・寝具洗濯乾燥消毒サービス

・訪問理美容サービス(理容師などが訪問してカット、シャンプーを行う)

・徘徊の心配のある高齢者の方へ専用探索器の貸与

・紙おむつの給付等    
            
自治体のほかにも民間企業やNPO法人などが、介護保険の介護サービスだけでは支援が足りない部分についての介護支援サービスを用意しています

以前は、お庭の草取りや掃除、電球の交換等ボランティアでの対応が主流でしたが、最近では実費がかかることも増えているので、サービス内容と合わせて料金についても確認が必要です。

自治体の介護支援サービスは格安と安心

よくチラシ等で目にする『便利屋』に比べると、自治体の介護支援サービスは格安です。自治体によってはボランティアが充実していれば無料で対応してもらえますし、シルバー人材センターの職員が安価で対応してくれるケースもあります。

自治体の介護支援サービスが安心であるのは料金だけではありません。

自治体からの派遣されてくる人材は、利用者が介護が必要な高齢者であると把握しています。介護保険での派遣とは違い介護に関する知識は期待できないにしても、日常生活での身近な困ったに快く応えてくれるものです。

今回は、要介護認定を受けられた方を対象にした自治体のサービスをお伝えしましたが、要介護認定を受けていない方は、お近くの地域包括支援センターなどにお問い合わせください。

要介護認定で自立となった方向けにも介護予防プログラムなどのサービスが用意されています。

是非、高齢者の暮らしで困ったと感じたときには、自治体の用意している介護支援サービスをご活用いただきたいものです。(執筆者:佐々木 政子)