任天堂と言う名の「貯金箱」 私が描く「ある日の午後」の接客風景

任天堂と言う名の貯金箱が2万9,000円でたくさん売れたみたいですね。90年分先を見越して。

私には信じられません。。。

あるお店でのやりとりにしたら、こんな感じでしょうか…

店員さんにススメられた「すごい貯金箱」

ちょっと、社長さん。この貯金箱買いませんか? これって、すごいんですよ。なんと、代々引き継がれた闘将パワーがこの貯金箱に満ち溢れ、本当のお金に変わる!!

はいそう、あなたが何もしなくても。

これって究極の金儲けですよね。闘将パワー有名だよ。知らないの?

今なら2万8,000円

安いもんだよ~。だってあなたは何もしなくてもいいんだよ。勝手にお金が貯っていくんだから。それに一旦人気化すると、これがまたすごい

この貯金箱も7月上旬にはわずか1万5,000円。それが半月ほどの間に2万8,000円になっちゃったんだから。

ひもでまとめられてる「貯金箱」

こんなすごい商品ですから、100個まとめて買ってもらわないとダメなんです。そんな仕組みになってますからっっ。

毎年貯まるお金っていうのはいくら?

去年は、一つ一つの貯金箱に貯まるお金が、えっと…137円ですね。

1つの貯金箱で考えると…

んん…貯金箱に貯まる137円を手に入れるのに2万8,000円も出すのかい?

それは、東京から新橋までJRに乗るのに2万8,000円出すってことだよな?

貯まるお金は増えますから。

次に貯まるときには…予定では倍以上のなんと291円。いやもうちょっと増えて310円くらいはなるんじゃないでしょうか。

それが毎年ですよ。永久ですよ。そう考えると高くないでしょ。

新橋までだったのが川崎あたりまで行けるっていうことだね…

1年に1回川崎に行くとして90年分。
2回行くとして45年。
3回行くとして30年。
9回行くとして10年。

いや俺そんなに行かないわ~。せめて5,000円くらいなら買ってもいいかな。

でも、いつでも売れますよ。

値段は変わりますが。90年分でもOK! と思う人がそこら中にいます。だからちゃんと売れますよ。

ブームが去ればどうなるの??

そうなの? 90年分で普通なの? 俺にはそう思えないや。そんな値段で買う人がいるとは…よくわからないな。

ブームが去れば、15年分くらいになるよ。

多分、俺の方がまともだよ。例え、貯まるお金がさらに倍になっても

600円 × 15年 = 9,000円

が限度。そんなもんだよ。

またのご来店をお待ちしております…

(くそっ!!!)

では、また安くなったときに買いに来て下さい。

その時でもこの商品が売り切れたりすることはありませんから。(執筆者:山副 耕一)

この記事を書いた人

山副 耕一 山副 耕一»筆者の記事一覧 (34) http://makeity.blog.fc2.com/

「長期個別株投資」推奨ファイナンシャルプランナー
メイキット有限会社 代表取締役
京都府在住。関西大学経済学部卒業後、独立系FP会社に入社。平成7年メイキット有限会社を設立。現在に至る。FP資格講座や経済セミナー講師業務、原稿執筆などを行う中で、現在は「投資」としての「長期個別株投資」の普及活動を中心に活動中。「株式投資」には、本来の意味である企業への「投資」と、株式を使った「トレード」が併存するが、後者の情報やセミナーばかりになっていることが現状。これを少しでもバランス良くするための情報発信をすることが天命と考えている。
<保有資格>:CFP、1級FP技能士
【寄稿者にメッセージを送る】

山副 耕一の著書

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう