リスク嫌い節約主婦の私が「FX口座」を使っている理由とは?

外貨預金のかわりに使うFX

節約・貯蓄に励んでいる主婦のみなさんはFXなんてリスクのある投資は敬遠されていると思います。もちろん、わたしもその一人。

ですが、ほとんど取引をしていないリスク嫌いの私でもFX口座を所有しています。その理由は、「外貨預金」のかわりに使えるから。

【例】米ドル、1万ドルを外貨預金するケース

たとえば、米ドルの場合、1万ドルを1ドル100円のレートで外貨預金するケース。

大手銀行ではだいたい1ドルあたり為替手数料は片道1円。ネットバンクの安いところ(ソニー銀行、住信SBI、新生銀行など)だと0.15円。よって手数料1,000円~1,500円かかることになります。

金利は1年定期で先月の最高のところで1%。

いっぽうFXなら、ほとんどの業者で1万通貨単位の取引手数料は0円。そのかわりスプレッド(売りと買いの値幅)というものがありますが、あまり考える必要はない程度。

FXでは、外貨預金でいうところの金利にあたるスワップ(ドル円の金利差)が受け取れます。日々変動し業者によっても違いますがこの数か月でいうと1万ドルあたり1日約15円くらい。

つまり、同じ100万円で米ドル預金を1年した場合。

【外貨預金】:往復手数料‐3000円・金利+1万円・±為替差益
【FX】:手数料0円・スワップ+約5,000円・±為替差益

これだけみると外貨預金がよさそうに見えますが、定期預金にしていると満期時に円高になっていた場合、マイナスになって終了。もしも途中解約すると低金利に

いっぽうFXは、1年分のスワップよりはるかに高い為替差益が出ているときなど、(1ドル105円になって為替差益だけで+5万円になっているとか)いったん取引終了するのもクリックひとつでお手軽なのがいいところ。

レバレッジがかけられるメリットも

もうひとつのメリットは、「レバレッジ」がかけられるところ。レバレッジとは、少ない資金でも証拠金として大きな取引ができること。

100万円必要な1ドル100円の1,000ドルを、レバレッジ2にすれば50万円で買うことができるのです。つまり運用利回りがアップ。

ハイレバレッジでも取引ができるので、たとえばレバレッジ20で5万円でもいいということなのですが、それはリスクがありすぎるのでNG。為替変動が大きいと証拠金不足でロスカットされてしまうこともあります

外貨預金の代わりにFX口座を使うのなら、レバレッジは1~2がおすすめです。

必ず円高の時に始めること

細かいFX取引ではなく外貨預金感覚なので、チャートやファンダメンタルを詳しく調べる必要はありませんが、長期のレート変動は調べておいて、今は円高なのか円安なのかは知っておいて必ず円高の時に始めましょう

たとえばここ10年では75円から125円までの変動があり、その値幅は50円。現在103円なので中間値付近。上昇も下落も可能性半々というところです。

外貨預金がわりにしている私の場合、だいたい1ドルが100円を下回ったら円高だとニュースで言い始めるのでドルにしてもいいかなと思ってます。もし90円前半になったらぜったいドルを買いますね。

低レバレッジなので一時的にマイナスになっても放置です。円安の時にドルを買うわけではないので5年も待てば買値には戻り、スワップを受け取れるだろうというゆるい戦略です。だから、取引するのは年に1回あるかないか

「取引は少なく利益は大きい」省エネ取引

こんな私も、実は以前はハイレバレッジで短期売買を繰り返していて、チャートとにらめっこして毎日大忙し。大損失を出したこともあれば数日で倍になったことも。トータルでプラスになっていたとしても気は休まらない。

結局、長期取引が効率がよいと気づいてからは年に一回くらいしか取引をしません。結果、取引は少なく利益は大きい、為替情報を細かく研究する必要もなく、省エネ

今年は100円になった時に80円くらいまで下がることも覚悟して買いましたがその後円安になっています。1年後、レートが下がっていなかったら、または110円になったら決済する予定です。

仮にそこから120円まで上がったとしても惜しくないですし、再度高値追いはしません。逆に再度100円以下の円高があればまた買うと思います。

まとめ

外貨預金がわりにFXする場合の損失を出さないポイントは、

「10年放置できる余裕資金で」
「長期的に見て円高のタイミングで」
「レバレッジ1~2で」

の3つです。いかがですか? 

外貨預金に興味がある方は、FX口座の利用も考えてみませんか? 

口座開設キャンペーンなどで、タイミングが合えば口座開設だけで1万円ほどもらえることもありますよ。(執筆者:野原 あき)

この記事を書いた人

野原 あき 野原 あき»筆者の記事一覧 (121)

パート7割、フリーライター3割で働く主婦です。20代のころは旅行と買い物が大好きでした。結婚後、工夫して節約するおもしろさにハマり、お金を貯める楽しさを覚えるとドンドン貯金ができるように。そんな中でもずっと変えないポリシーは、「交際費は惜しまない」こと。ムダを省いてオトクを取り入れることに日々アンテナを張っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう