FX初心者 | 10万円の資金で始めるデイトレード手法とは

FX初心者がこれからFX取引を始める場合、資金はいくらから始めれば良いのでしょうか?

結論から言いますと、

10万円+デイトレード

資金10万円で、かつデイトレード手法でFXを始めることをおすすめします。その理由と具体的な手法をお伝えします。

FX初心者が 10万円の資金で始めるデイトレード手法とは


FX取引の王道と言えば米ドル/円取引ですが、たとえばドル円レートが100円のとき1万通貨分ドルを買うならば、100万円の資金が必要です。

しかし、ご存知の通り、FXではレバレッジをきかせられますから、25倍のレバレッジならば4万円の資金で米ドル100万円分の取引が可能になります

じゃあ、10万円ではなくて4万円資金があれば十分なのでは? と思うかもしれませんね。いやいや、1万通貨取引するなら必要証拠金4万円分だけでは準備金として不十分です。

まずは投資金10万円から始めるべき理由とは

前提を1万通貨取引とした場合、上述したように必要証拠金として4万円必要ですが、それでも10万円の投資準備金を用意するべきなのはなぜでしょうか?

それはFX各口座にはロスカット規定があり、多くのFX会社では証拠金維持率100%を割ると強制ロスカットになるからです。

証拠金維持率:FX口座内有効証拠金に対する必要証拠金の割合
ロスカット:一定の証拠金維持率を割り込んだ時点で、保有中の外貨が強制的に決済されるシステム

ロスカットに引っかからないように余裕ある資金を用意し、なるべく高い証拠金維持率を保つために、証拠金4万円でドル円1万通貨取引をするときに10万円かそれ以上をFX口座に入金することをおすすめします

10万円を入金し、ドル円レートが100円のときに1万通貨取引したなら証拠金維持率は250%です。

ロスカットレベルが証拠金100%なら、ドル円レートが94円を割った時点でロスカット執行となります。ロスカットまでかなり余裕がありますから、「10万円」入金というのは手堅い選択と言えるでしょう。

FXデイトレード手法とは

FXには様々な取引手法がありますが、その中であえてデイトレード手法を採用すべき理由を考えてみたいと思います。

そもそもデイトレードとはなんでしょうか?

デイトレードとは、新規約定⇒決済約定までの工程を日をまたがずに行うことです。ドル円を買ったなら、当日中に売ってしまうわけですね。要は、小さな為替差益を積み重ねて収益を上げていくトレード手法になります。

このデイトレード手法でFX取引を始めるべきなのはなぜでしょうか?

最も重要な理由は、ポジション保有時間が短いため、取引リスクを抑えてトレードできるからです。

ポジション保有時間が長くなるほど、その分為替リスクや金利リスクと向き合いながらトレードしなければなりません。

しかしデイトレードのポジション保有時間は相対的に短いですから、為替レートの急落・急騰といった変動率が高くなるハイリスクな相場を避けながら取引できるのです。

ですから、FX初心者が10万円を資金としてFXトレードを始めるなら、まずはデイトレード手法で取引リスクを抑えながらトレードを始めることをおすすめします。

10万円で始めるデイトレード手法の詳細


10万円でデイトレードを始める詳細といっても、何か特別なことをするわけではありません。上述した通り、米ドル/円通貨ペアを1万通貨取引で始めるのがセオリーです。ドル円スプレッドはかなり狭く設定されていますから、取引コストも大幅に抑えることができます。

投資準備金:10万円
取引通貨ペア:米ドル/円
取引通貨量:1万通貨

10万円で始めるFXデイトレードの基本スタイルは以上の通りです。

しかし、FX初心者にとって1万通貨取引がハイリターンな取引であることは間違いありません。1万通貨取引では、レートが±1円動くと損益は±1万円です

ハイリターンにかなり魅かれますが、FXトレードに不慣れなFX初心者にはちょっと取引リスクが大きすぎます。

そこで、初めは少額取引でデイトレードを行い、FXトレードに慣れながら少しずつ取引量を増やしていくのも一つの手です。初めは1通貨取引から始め、ゼロを一つずつ増やしていくデイトレードがおすすめです。つまり、

1通貨⇒10通貨⇒100通貨⇒1000通貨⇒1万通貨取引

このように少しずつ取引量を増やしていくことで、リスクを抑えながらトレードに慣れることができます。

取引量が少ないと獲得利益も少ないですから、いつまでも少額取引を継続する必要はありません。慣れたらすぐに取引量を増やし、収益率を高めることを意識してください。

資金10万円のデイトレード向けFX口座

資金10万円のデイトレード手法を上述しましたが、上の取引手法向けのFX口座を利用することも重要です。というのは、上で紹介した1通貨取引ができるのは日本国内で2社しかないからです。

SBIFXトレード
OANDA Japan

この2社のみ1通貨単位取引を取り扱っています。ただ、私が利用して感じたのは、純国内業者の使いやすさや機能性、サポートは群を抜いているという点です。

OANDA Japanが決して劣るわけではないのですが、総合的に見るとSBIFXトレードが断然おすすめです。

今なら新規口座開設で500円のキャッシュバックキャンペーンが実施されています。1通貨取引に必要な証拠金は数円ですから、まずは口座開設して1通貨取引で使い勝手や機能性を試してみるのはいかがでしょうか。

口座詳細を公式サイトで確認する⇒SBIFXトレード公式サイト

どうしても気に入らないというなら、他のFX口座に乗り換えれば良いだけの話ですから。

1000通貨単位で取引できるおすすめFX口座⇒外為ジャパン
ヒロセ通商

FX初心者が 10万円の資金で始めるデイトレード手法 まとめ

今回紹介した資金10万円で始めるFXデイトレードの基本スタイルは、

投資準備金:10万円
取引通貨ペア:米ドル/円
取引通貨量:1万通貨

これでトレードを始めましょう。ただし、初めはリスクを抑えたトレードが理想的ですので、可能ならば1通貨単位取引から始め、少しずつ取引量を増やしていくのがベストです。

それでは、また。

SBIFXトレード口座開設はこちらから↓↓

この記事を書いた人

堀 聖人 堀 聖人»筆者の記事一覧 (314)

「お金のために働くのではなく、お金に働いてもらう」ことをライフテーマとするアラフォー。銀行にお金を預けるだけでは時間とお金を活かしきれていないと悟り、お金がお金を生む仕組みを独学で学ぶ。投資歴は株式投資8年、FX3年。開設済み証券口座は5口座、FX口座は10口座以上。株式投資、FX投資、クレジットカードをメインに鋭い視点からなるコラム執筆中。日経ヴェリタスなどでもコメント。
<保有資格>:第二種証券外務員資格
<メディア掲載>:日経ヴェリタス 2015年11月15日号、 株完全ガイド(晋遊舎)
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ