老人ホームや特別養護老人ホームなど高齢者向けの施設は様々です。ですが皆さんがご存知の高齢者向け施設は費用が高いと言うイメージではないですか?

ご家族に限らず、ご自身の為にも知って損はない施設についてのお話です。

軽費老人ホームとは

60歳以上であること、またはご夫婦の場合にはどちらかが60歳以上である高齢者の方が対象になります。

身寄りがなくご自宅で暮らしていてもお一人では生活に不安があったり、ご家族がいても事情により同居が困難な方などの為に、安い費用で入所できるように自治体が助成を行っている老人ホームです。

「軽費老人ホームA型」、「軽費老人ホームB型」、「ケアハウスC型」の様に3つのタイプがあり、この総称を「軽費老人ホーム」と言います。

月額利用料は居室の設備や世帯収入、課税状況により差がありますが、有料老人ホームなどと比較すると費用は抑えられます。

各タイプ別の特徴

軽費老人ホームA型・B型があります。

共通点

・ 初期費用(目安)として0~30万程です。初期費用とは保証金と考えて下さい。施設によっては全く必要ない所もあります。これに月額費6~17万程掛かります。 

・ 原則、34万を超える所得がある場合は入所出来ません。(所得制限、金額に関しては地域により異なる場合があります)

・ 介護認定を受けている方、認知症の方は入所出来ません。

・ 入居の期間に制限は特にありませんが、施設によっては介護サービスが受けられないところもあります。

介護サービスが受けられない場合には要介護状態になると退去しなければならないところもあります入居前に確認しておくべきポイントです。

・ 居室は個室または準個人です。準個人とは壁1枚で仕切った部屋の事です。夫婦での入居の際は同じ居室となります。

・ 軽費老人ホームで受けられるサービスは、見守りや外出時の支援、生活相談などです。食 事や入浴、排泄など介護サービスの提供及び機能回復や医療ケアはありません。介護ケアについては施設により異なります。

相違点

A型

施設で食事が提供されます

B型

自炊が原則

共通点でお話した月額費の金額の差はB型の場合、自炊で食費がが掛からない点にあります。A型とB型の違いは食事面でしょう。

軽費老人ホームC型(ケアハウスC型)とは

1990年から新しく登場したタイプの施設です。今までの軽費老人ホームA型と似ていますが、特徴としては、高齢者向けの献立を考えた1日3回の食事を提供するといったサービスがついていることです。

全室が個室になっており、施設内もバリアフリーの構造で車椅子利用者にも対応しています。

C型には一般型と介護型があり、介護型では一部認知症の方にも対応出来る面もあります。A型、B型との相違点はやはり費用面でしょう。稀に初期費用が1,000万を超えるケースもあります

A型やB型の様に所得による入所の制限がない点は大きく違うところです。

入所条件と費用

介護型

施設により異なりますが数十万~数百万の初期費用に加え16万7,000円~20万程の月額費用が掛かります。入所条件は要介護1以上で65歳以上の高齢者です。

一般型

施設により初期費用が無料と言う施設もありますが、約30万程掛かります。月額費用は7~13万程です。入所条件はA、B型同様自立している高齢者となります。

まとめ

有料老人ホームに比べ費用面の負担は軽くなりますが、その施設によって違う事もあります。入所の相談は各市区町村の窓口または地域包括支援センターへ、入所については各施設へ直接申込です。

出来れば相談後、候補となる施設から資料を取り寄せ検討された方が良いでしょう。ただし施設の資料は入居後の資料を渡される事も少なくありませんので、ご注意下さいね。(執筆者:佐々木 政子)