2017/2/27    月

米国の財務長官が低金利が維持することを望むと発言したことから米ドルが上昇。金も上昇。その影響で公益株、通信株が堅調。ダウは11日連続の値上がりになる。

市場は28日に行われるトランプ大統領のスピーチに注目。

欧州では金属価格の下落から鉱業関連が軟調。見通しの悪い業績を公表した銀行関連も弱い。

2017/2/28    火

米国市場では28日のトランプ大横領の議会でのスピーチを前に、トランプ政権の積極投資策を前提にエネルギーやインフラ関連銘柄が強い。

国債は軟化しドルは上昇。不動産、電話といったセクターが軟調で、ダウ、SP500ともに上昇。DOWは12日連続の上昇となった。

2017/3/1    水

米国市場ではトランプ大統領の火曜夜のスピーチを前にまちまち、週末のイエレンFed議長のスピーチにも注目が集まる。

国債と米ドルは幾分上昇。ダウは13日連続の値上がりにはならなかった。

欧州ではトランプ大統領が防衛費の大幅増を明言したのを受けて、航空・防衛指数が上昇。個別銘柄の収益も回復して市場は上昇。

2017/3/2    木

米国ではトランプ政権の政策が変わりないことから産業・エネルギー関連を中心に値を上げ、Fedの2名の地区連銀総裁が3月での利上げを主張したことから市場では利上げ含みで銀行株が上昇。

中国の工場統計が堅調であったことから資源価格が上昇し、DAXは12000を超えた。

2017/3/3    金

米国では市場の過熱感から銀行株を中心に値下がり。インフレ懸念から金や銀の価格が下落し、イールドも上昇。金属関連も安い。

欧州では個別企業の動きが目立ち市場は横ばい。

img3-Mar2017

以上です。(執筆者:杉山 明)