老後不安を解消する「生涯現役」という生き方 明るく豊かに過ごすために今からできることは?»マネーの達人

老後不安を解消する「生涯現役」という生き方 明るく豊かに過ごすために今からできることは?

「老後」はいつから?

一言で老後と言っても、人によって捉え方はさまざまです。



会社を退職する60歳以降を老後という人もいれば、年金を受給する65歳以降を老後という人もいるでしょう。

例えば、経済的な見方で、公的年金や退職金以外に準備した資金を、生活費として使い始める年齢を老後生活の開始時期とした場合、平均65.1歳という調査結果があります。(生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成28年度より)

つまり、一般的に65歳以降の生活は、それまでの現役時代の蓄えを「食いつぶす」形となる場合が多いということです。


老後の資金

では、あなたに質問です。

「老後にいくら必要か知っていますか?」

例えば夫婦2人が60歳から85歳まで生きたとすると、

22万円 × 25年 × 12か月 = 6,600万円

となります。

ひと月22万円は、夫婦2人が暮らすため最低限必要となる金額です。

もし、あなたが年に数回旅行に行ったり、お孫さんに何か買ってあげたりしたいと思うなら、月35万円、25年で約1億円が必要となってきます。

どちらも総額だけ見ればすごい金額ですね。

保険のシミュレーションなどでは、公的年金が3,600万円ぐらい支払われるとして、残り最低3,000万円を保険でまかないましょう。というのがよくあるパターンです。


年金はどうなる?

では、次の質問です。

「あなたの年金はもらえると思いますか?」

一時メディアでも騒がれましたが、ここ数年GPIF(※)の運用損失により私達の年金資金が10兆円以上も失われているという事実があります。(※年金積立金管理運用独立行政法人)

また、日本の労働人口は今後ますます減少していくので年金原資はさらに減っていきます。

つまり、今の年金制度はいずれ大きく改変される時が来ると思っていた方が良いと私は考えています。


「生涯現役」のススメ

老後の生活不安を解消するために、何をしたら良いでしょう?

私がおすすめするのは、「生涯現役」という生き方です。

仕事をするということは、生きがいを持って老後を過ごす上で最も重要と言っても過言ではないと思います。

60歳を過ぎてから新しい仕事を始めるのも良いでしょう。

しかし、60歳になる前にお勤めと同時並行で老後を構築していく方が、じっくりと自分と向き合い、本当に自分に合った仕事を見つけることができるので、現在会社員の方には特におすすめです。



そして大事なポイント「何をするか?」は、「自分の強みを生かす」ことをぜひ見つけてみてください。

また、お金がお金を生む「投資」についてもやってみると良いでしょう。

投資というコップからあふれた水を飲むように、継続的にお金があふれる仕組みを持っておくと、より豊かな老後を送れるようになります。

しかし、退職金などでいきなり投資を始めるのはリスクがとても大きいです。

現役の頃からしっかり学んで、広く浅く、さまざまな投資商品を経験してみることをおすすめします

老後をあなたらしく、明るく豊かに過ごすために、今からできることを意識して、明日から行動してみてください!(執筆者:和田 勉)

この記事を書いた人

和田 勉 和田 勉»筆者の記事一覧 http://s-improve.com/

株式会社セルフ・インプルーブ 代表取締役
京都府立大学卒業後、大手製薬メーカーの三共株式会社に入社。同社退職後、一部上場の三井化学株式会社へ。子会社の名古屋支店長を務める。サラリーマンだけの収入に将来的な不安を覚え、宅建など30以上の資格を取得。国内2棟、ハワイ、フィリピンにも不動産を所有し、今後は海外不動産への投資を拡大していく予定。2014年2月より、お金を学ぶ『人生の寺子屋®』の東京校、名古屋校、熊本校を開講。受講生の8割が女性で、今後、福岡、大阪など全国に展開していく。

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ