ケアマネージャー経験7年 必ず聞かれる質問「ケアマネージャー」ってなに?お金はかかるの??にビシっと答えます。»マネーの達人

ケアマネージャー経験7年 必ず聞かれる質問「ケアマネージャー」ってなに?お金はかかるの??にビシっと答えます。

Q1 ケアマネージャーってなに?



「身体能力が低下し、リハビリに行きたい」

「ヘルパーさんを利用したい」
そんなときに、近所にある事業所に駆け込んでもすぐには利用できません

まずは「ケアマネージャー」を探さないといけません。

そんなケアマネージャーは、介護サービスや介護保険のプロです。

法定資格5年以上の実務経験を得た人などが、都道府県が行う「介護支援専門員試験」に合格した後に、実務研修をしっかりと終了することが条件となっており、要介護者または要支援者からの相談に応じます。

自立した日常生活を営むのに必要な援助に関する専門的知識、技術を有する者として都道府県知事より介護支援専門員証を受けた人のことです。


≪画像元:厚生労働省HP(pdf)≫


ケアマネージャーの仕事内容(居宅支援)


ケアマネージャーは、介護保険を利用する人のマネージャー、介護保険のスペシャリストとでも言うのでしょうか。
・ 介護保険についての相談や介護保険サービス等の調整

・ 介護保険サービスを利用する際に必要なケアプランの作成
などを行ってくれます。

利用者様の身体状況や生活環境を把握し、必要なサービスの提案を行います

ケアマネージャーの仕事内容(施設支援)


施設ケアマネージャーは利用者様が施設の中で、いかに自立した生活を送ることができるかという計画を立ててくれます。

ご利用者様の楽しみや、大切にしてきたいことなど本人らしさを保ちながら生活していくことができるようにいろいろと検討してくれます。

困難を解決するための知識も豊富


介護保険サービスだけにとどまらず、ボランティアやお金のかからないサービスなどサービス、制度に及ぶまで、利用者様が自立した日常生活を問題なくを続けていくための手段についてあらゆる知識を伝えてくれます

利用者様本人含め家族全体のことについて、身体状況だけではなく住宅環境についてもその人のすべてにおいて、いろいろと一緒に困難な部分の解決に向け一緒に検討してくれる仕事をしています。

また介護保険に関わる手続きなどについても支援を行ってくれます


Q2 ケアマネージャーってお金がかかるの?



ケアマネージャーが、家に訪問してくれたり、計画書を作ってくれたりなど、何だがお金がかかりそうだなと、考えるかもしれませんが、利用者様が支払うお金はありません
どうやって、お仕事がなりたっているの?
と、不思議に思うかもしれませんよね。

もちろんケアマネージャーとして仕事をしているので、給料は発生しています。

ケアマネージャーへ支払われる利用料金


ケアマネージャーへ支払われる利用料金は介護保険制度から10割全額給付されているのです。そのため利用者の自己負担は0円なのです。

デイサービスやヘルパーなどを利用すると自己負担1割または2割がかかります。

介護度で居宅介護支援費は異なっており、初回加算、入院退院加算などもろもろと加算等もきめられています。

しっかりとやるべき仕事をこなさなければ減算という払い戻しなどの厳しい決まりごともあるため、法定基準に従い仕事をきっちりとこなさなければならないのです。


「ケアマネージャー」は頼れるパートナー



介護保険サービスを利用しなければならない場合、
どんなサービスがあるのか?
どのように利用するのがいいのか?
自分が使っていいの?
などいろいろと困ってしまうことが多いと思います。市役所や区役所、町役場に行ってもその場限りの相談になってしまいます。

しかし、自分の担当であるケアマネージャーなら、自分をしっかりと把握してもらえ、自分の目標とする人生の支えになってくれるはずです。

ケアマネージャーは、しっかりと法によって定められた仕事をこなします。介護保険制度から給付を受けているので、利用者負担もありません

よき相談相手になっていただき、日常生活の困りごとの解決策を一緒に検討していき、よりよい人生を歩んでいきましょう。(執筆者:佐々木 政子)

この記事を書いた人

佐々木 政子 佐々木 政子»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/author/msasaki/

ケアマネージャーを7年経験して、現在は現役で老人ホームの施設長を務める介護のプロです。女性ならではの目線も入れながら、介護に悩み困り不安を持つ皆さまにお役立ち情報を提供していきたいと思います。我が家の親も要介護者です。同じ目線で不安と戦っていきましょう!

【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ