認知症の高齢者が入居できる「グループホーム」 その利用料金、ルールとは?»マネーの達人

認知症の高齢者が入居できる「グループホーム」 その利用料金、ルールとは?

認知症の高齢者が共同生活をする場所グループホームと呼ばれる施設です。

グループホームに入居している方は全員が程度の違いはありますが、認知症にり患している方です。

そのため、職員も、認知症の方への対応についてのスペシャリストがそろっています。

そんな、認知症の方にとっての最適なグループホーム

いったいいくらくらいのお金を用意すれば入居することができるのでしょうか?

認知症 グループホーム



グループホームに入居する際必要なお金

グループホームに入居する際には、入居一時金や保証金などと呼ばれるお金が必要な施設があります

入居時一時金は、グループホームを利用する権利を得るために支払う費用です。

決められた償却率や償却期間があり、一定期間内に退去すると、一部が返還される仕組みです。

保証金は、賃貸住宅で言えば敷金に当たる費用のことです。

敷金と同じ感覚で捉えていいものですので、施設退去時には、お部屋のクリーニング代や、必要な補修費などを除いて返金されます。

いずれも、法律などで決められたルールがあるわけではなく、施設ごとに違います。

目安としては0~20万円程度ですが、それよりも高額になる施設もあります。

どこの施設に入るのかを検討する段階で、入居時にいくら必要なのかを確認しておいてください。

入居一時金などが高く、払えない時には他のグループホームを探すことになると思いますが、この時に気をつけておいて欲しいことがあります。

それは、住んでいる市町村以外のグループホームには入居できないということです。

地域密着型と呼ばれる施設であるグループホームには、例外を除いて、住民票のない地域のグループホームには入居することができません

居住している自治体にある施設の中から探してくださいね。


入居後の月額料金

入居後、月にかかる費用は、介護度などによって変化します。

基本的な部分の金額は入居者ごとに違いはありません。

居住費
食費
共益費
光熱費など

です。

これに加え、介護サービスにかかる費用の自己負担分を支払うことになりますが、こちらは介護度によって金額の差があります

また、それに加え、おむつを必要とする方ならおむつ代、理美容費、娯楽費なども、それぞれに異なる費用がかかります

また、医療費についても同様です。診察代やお薬代などが必要になります。

こういったものを合わせた月額費用の負担額は、15~30万円程度です。


今後については考えておかなければいけない場合も

グループホームの月額利用料金は、増えることはあっても、安くなることはあまりありません

それは、認知症という病気が、進行を食い止めることはできても、劇的に改善するようなことは難しく、よって、介護度も上がっていってしまうからです。

介護度が上がると、月額の介護サービス費も上がります。

将来的には介護サービス費が上がることを視野に入れておきましょう。

もう一点気をつけておいてほしい点があります。

それは、グループホームは共同生活を送る場所であるということです。

認知症の方々が、自分ができることを、介護スタッフの助けを借りながら行っていきます。

掃除や洗濯、食事の準備なども、それぞれが可能なことを行いながら、ともに生活しているのです。

そのため、寝たきりになってしまった方や、医療的ケアの必要になった方については、退去しなければならないこともあります

そうなった場合、その後に入居する施設のことも考えておきましょう

利用料の負担が少ない特別養護老人ホームへ入居申し込みを行っておくと安心ですね。

認知症 グループホーム



まとめ

入居時の料金や、月額利用料に関しては施設によって異なるグループホームですが、認知症の方にとってはいい環境が用意された施設です。

金銭面も合わせた上で、自分に合った施設選びができると良いですね。(執筆者:佐々木 政子)

この記事を書いた人

佐々木 政子 佐々木 政子»筆者の記事一覧 (142) http://manetatsu.com/author/msasaki/

ケアマネージャーを7年経験して、現在は現役で老人ホームの施設長を務める介護のプロです。女性ならではの目線も入れながら、介護に悩み困り不安を持つ皆さまにお役立ち情報を提供していきたいと思います。我が家の親も要介護者です。同じ目線で不安と戦っていきましょう!
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
認知症 グループホーム
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ