ネット通販で「ファッションアイテム」を購入するときに気をつけたいこと

簡単に自分好みの服が見つかったり、近くのデパートには売っていないアイテムが手に入るのがネット通販の魅力です。

しかし、実物を見ていないからこそ想像していたものと違うものが届いたり、サイズが合わないなど失敗も多いです。

今回はネットで服を買うときに気をつけておきたいことをご紹介します。

ネット通販でファッションアイテムを買うときに気をつけること

購入時にチェックしておきたいこと

サイズはS、M、Lだけじゃない! 詳細をチェック

服のサイズと言えば、S、M、Lが一般的ですよね。

しかし、メーカーや商品よっては同じサイズでも大きかったり小さかったりすることがあります

購入するときは一般的なサイズ表示だけではなく、身丈や肩幅、身幅、袖丈など詳細なサイズが載っているサイトで購入しましょう

生地は画像をアッにプして確認

服を選ぶときに大事にしたいのが着心地です。

汗を吸い取る素材かシワになりにくいかを判断するには、素材表示をチェックしてください。

商品説明欄には、綿やポリエステルなど素材が書かれているはずです。

素材をチェックするときは、ぜひ画像をアップにして見た目の質感も確認してみましょう。

アップにしてみると目が粗くてザラザラしていそうだったり、作りの甘さが分かることがあります

やっぱり参考になるのは口コミ

口コミを見ていると、

「値段のわりに安っぽい」

「いつもはMサイズを買っているけど、この商品は小さめだった」

など品質やサイズに関する感想が書かれています。

どれも個人の一感想ですが、率直な意見が載っているので意外と参考になります

また、口コミの数から人気のある商品かどうかも分かります。

返品・交換条件

ネットで服を買うときは、思っていたような商品じゃなかったので返品したい、サイズを間違えたということがよく起こります。

通販サイトによっては、お客様都合の返品・交換をNGとしているところもあるので、事前に返品・交換条件をチェックしておきましょう。

返品・交換ができても送料がかかるショップとかからないショップがあります

返品・交換OKで送料もかからないサイトだとネット通販のハードルが下がるので、安心して買い物できます。

ネットで服を購入するときのコツ

一度買ったことのあるブランドにする

一度買ったことのあるブランドは、サイズや生地の質が分かっているので失敗しにくいです。

複数のブランドの商品を買うよりも、ブランドを絞ったほうがサイズチェックにかかる時間も少なくて済みます。

「〇〇円まではネットで買ってもOK!」という基準を決めておく

ネット通販で服を買うときは失敗がつきものです。

どんなにサイトをくまなくチェックしても、失敗するときはあります。

そのため、あらかじめ「5,000円の商品まではネットでもいいけど、それより高いものは実物を見て買う」など、ネットで購入するときの基準を決めておきましょう

ネットで購入する際は基準をあらかじめきめておく

失敗しやすいアイテムとは

白いトップスやボトムス

プチプラアイテムを買うときに気をつけたいのが、ブラウスやセーター、パンツなどのうち色が白いものです。

価格が安い商品は生地が薄いものが多く、白いアイテムは下に着るインナーが透けてしまう商品があります。

店頭で見ればすぐに分かるかもしれませんが、サイトの画像だけでは透け感が分かりにくいのが現状です。

同じサイズでも履き心地がまったく違うのが靴です。

店頭で自分の足のサイズに合った靴を試着してみても、しっくりくるものとそうでないものがありますよね。

靴のサイズは足長(つま先からかかとまでの長さ)、足幅(足の横の長さ)、足囲(足の甲を一周した長さ)で決まるので、すべてのサイズを確認してから買うのが理想です。

面倒な方は、やっぱり実店舗で試着して購入したほうがいいでしょう。

帽子

帽子はサイズが合うことも大事ですが、かぶったときの雰囲気が重要です。

頭囲やツバの長さなどサイズが詳しく書かれてあったり、モデルが着用した画像が載っていても、実際にかぶったときの雰囲気までは分かりません

「確かにサイズはぴったりだけど、思っていた感じとは違う…」となりやすいのが帽子です。

まとめ

ネットで商品を購入するときは、実物が分からないので失敗しやすいものです。

とくにファッションアイテムは難しいため、自分なりのルールを決めて賢い買い物をしましょう。(執筆者:垣内 結以)

この記事を書いた人

垣内 結以 垣内 結以»筆者の記事一覧 (92)

1986年生まれのフリーライター。大学卒業後、大手損害保険会社に就職。正社員だった当時、「ボーナスは全額貯金が当たり前」という、根っからの貯金好き。日々節約にいそしみながらも、お金を使うときは楽しく使いたい派。「お金のこと、難しくてよく分からない!でも、損したくない!」というあなたに向けて、ストレスフリーな節約術から、効果的な貯金方法、知って得する保険の知識などを書いていきます。FP2級も取得しました。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
ネット通販でファッションアイテムを買うときに気をつけること
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ