知っておきたい「在宅介護」サービス 本人に合ったサービスを選ぶことで出費も抑えられる»マネーの達人

知っておきたい「在宅介護」サービス 本人に合ったサービスを選ぶことで出費も抑えられる

自分の身内が介護状態になった時、どうしたらよいのかわからなかったという声を聞くことがあります。

そのような方のために市町村やケアマネージャーなどが福祉サービスの案内をするのですが、実際に本人に合ったサービスを探すのは難しく、言われるがままというケースが多いのが実情です。

今回はよくある福祉サービスについてご紹介したいと思います。

知識を増やして本人にあったサービスを見い出し、出費の節約にもつなげましょう

知っておきたい在宅介護サービス



在宅介護の場合に使用できる福祉サービス

在宅で介護をする際には、在宅ケアマネージャーと共にプランを立てていきます。

もちろんケアマネージャーが適したサービスを案内してくれますが、自分でもどのようなサービスがあるのかを知っておいても損はないですよね。

在宅介護でよくあるサービスをご紹介します。

訪問介護は身体介護、生活援助、昇降介助の3種類


在宅に訪問するサービスであるホームヘルパーは、種類が3つあります。

・ 直接介護(排泄介助や入浴介助)を希望するなら身体介護
・ 間接的な介護(食事、洗濯、掃除など)は生活援助
・ 介護タクシーの利用は昇降介助

よく「ホームヘルパーさんがうちに来てくれている」という話を聞いたことはないでしょうか。

その際には、この3つのサービスのうちのどれかを提供してくれているということになります。


デイサービスは生活目的、デイケアはリハビリ目的

在宅から通える福祉サービス(日中を施設で過ごし、夕方ごろ自宅に戻る)は主に2種類です。

デイサービス


デイサービスには自宅でなかなか実現させにくい介護(入浴など)を施設で済まし、日中の食事や健康管理、レクリエーションなどをおこなってくれます。

自宅で入浴が困難な方が、デイサービスを利用しているケースも多く、訪問介護の身体介助よりも安く済ませられるケースもあります

デイケア


デイケアでは自分の身体の機能を活かすため、さまざまなリハビリをおこないます。

施設ではトレーニングマシンや作業療法など、デイサービスのように入浴目的で利用するというよりも、運動目的で利用する場所です。

そのため、デイケアのほうがデイサービスよりも単価が高く設定されています

しかしデイケアは数時間だけの利用も可能なことがあるため、本人の状態によって上手く使い分けてみましょう。


ショートステイサービスは数日単位での利用が可能

在宅介護の生活を続けると、さまざまな諸事情により数日間家を空けなければならないというケースもあります。

そのような時にはショートステイサービスを利用するのがおすすめです。

入所施設にて数日間を過ごし、食事や入浴の提供を受けられますので、家族は安心して用事を済ますことができます。


ホームヘルパーとお泊りデイサービスが一緒になった小規模多機能型サービス

ホームヘルパーとお泊りデイサービスが一緒になったサービスもあります


上記ではホームヘルプサービスとデイサービスは別々に紹介しましたが、それらのサービスに宿泊を加えたサービスも存在しています。

日中をデイサービスで過ごしたり、自宅で過ごしたりするスタンスは在宅介護と変わりませんが、夜間の不安を解消できるのが、このお泊りデイサービスです

頻繁にホームヘルパーやデイサービスを利用していたり、家族が不在がちであったり、独居の方によく利用されているサービスです。

このスタイルであれば同じ職員がデイサービスやホームヘルプサービスをおこなうので、利用者さんの信頼関係を築きやすいというメリットがあります


まとめ

在宅で生活していくにあたり、本人の生活環境は人それぞれで異なりますよね。

自分の家庭がどのような状況か、本人の状態はどうだろうかという点をしっかりと抑えながらサービスを選んでいくようにしましょう。

適した介護サービスを選ぶことは、介護費用の節約にも繋がります。(執筆者:佐々木 政子)

この記事を書いた人

佐々木 政子 佐々木 政子»筆者の記事一覧 http://manetatsu.com/author/msasaki/

ケアマネージャーを7年経験して、現在は現役で老人ホームの施設長を務める介護のプロです。女性ならではの目線も入れながら、介護に悩み困り不安を持つ皆さまにお役立ち情報を提供していきたいと思います。我が家の親も要介護者です。同じ目線で不安と戦っていきましょう!
【寄稿者にメッセージを送る】

本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

知っておきたい在宅介護サービス
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ