1枚3役の「Tカードプラス(SMBCモビット next)」

1枚3役の「Tカードプラス(SMBCモビット next)」

大手消費者金融のSMBCモビットが、2018年4月24日より「Tカードプラス(SMBCモビット next)」の発行を開始しました。

これ1枚に「モビットカードローン」、「クレジットカード」、「Tカード」の機能が詰まっています

今回は、Tカードプラス(SMBCモビット next)の特徴、類似カードとの比較、注意点などを紹介します。

概要

まずは、Tカードプラス(SMBCモビット next)の概要を紹介します。

Tカードプラス(SMBCモビット next)の概要

Tカードプラス(SMBCモビット next)の3つの機能

Tカードプラス(SMBCモビット next)の概要

ここからは、Tカードプラス(SMBCモビット next)に搭載されている3つの機能を詳しく紹介します。

1. モビットカードローン

Tカードプラス(SMBCモビット next)のモビットカードローンの機能

まず、モビットカードローン機能です。

融資条件は年3%~18%、限度額最高800万円です。

振込キャッシングやセブン銀行ATMを使ったスマホキャッシングなど、利便性を重視しています。

2. クレジットカード

Tカードプラス(SMBCモビット next)のクレジットカードの機能

次に、マスターカードのクレジットカード機能です。

VISAと並んで世界的な国際ブランドのマスターカードは、世界中の加盟店で利用できます。

毎月のクレジットカード払い200円につき、1ポイントのTポイントが貯まります

3. Tカード

Tカードプラス(SMBCモビット next)のTカードの機能

そして、Tカードの機能です。

Tポイントカード機能が搭載されているので、ファミリーマート、TSUTAYA、エネオスなどのTポイント加盟店でカードを提示するだけで、Tポイントが貯まります。

また、電子マネー「Tマネー」の機能も搭載されており、全国のファミリーマート、TSUTAYAなど約1万9000店舗で利用可能です。

アコムのACマスターカードと比較した際の優位性

消費者金融のクレジットカードといえば、アコムの「ACマスターカード」が有名です。

アコムのACマスターカード

ACマスターカードと比較すると、Tカードプラス(SMBCモビット next)には以下のような優位性があります。

ICチップ付き

Tカードプラス(SMBCモビット next)には、ICチップが搭載されていますが、ACマスターカードには搭載されていません。

海外では、磁気ストライプに対応していない店舗、ATMも少なくありません。

スキミング被害を防ぐにも、ICチップは効果的です。

発行元の信頼度が高い

Tカードプラス(SMBCモビット next)の発行会社は「三井住友カード株式会社」、対するACマスターカードの発行元は「アコム」です。

信頼度、ステータスとともに、Tカードプラス(SMBCモビット next)が上回っています。

付帯機能が多い

ACマスターカードは、「クレジットカード機能」と「カードローン機能」しかありません。

Tカードプラス(SMBCモビット next)は、それに加えて、「ポイントカード機能と電子マネー機能」が標準装備されています。

さらに、ETCカードも無料発行可能で、電子マネーiD(携帯型、専用カード型)も追加できます。

Tカードプラス(SMBCモビット next)は、ETCカードも無料発行可能で、電子マネーiDも追加できる

さらに、Apple Payにも対応しているカードです。

Tカードプラス(SMBCモビット next)は、Apple Payにも対応しているカード

ポイント還元率が高い

Tカードプラス(SMBCモビット next)のポイント還元率は0.5%に対して、ACマスターカードは0.25%のキャッシュバックです。

デメリット

一方で、Tカードプラス(SMBCモビット next)には、以下のようなデメリットもあります。

申込~発行が通常と異なる

Tカードプラス(SMBCモビット next)のカード発行までは、以下のように通常とは異なります。

・申込はインターネットのみ
・WEB完結申込をするとカードが発行できない
・契約機でクレジットカードを発行できない
・モビット、三井住友カードで2回申込手続きを行なう
(一部情報は反映される)

デフォルトの返済方法が「マイ・ペイすリボ」

発行当初の返済方法は、リボ払いの「マイ・ペイすリボ」です。

そのままにしておくと利息がかさむため、1回払いなどに変更する手間がかかります。

クレジットカードの即日発行ができない

ACマスターカードは最短即日発行が可能ですが、Tカードプラス(SMBCモビット next)は発行まで4営業日かかります。

モビットカードは即日発行も可能ですので、カードローンのみ利用の際はそちらを使ってください。

Tマネーのチャージが店頭のみ

Tマネーへのチャージは、通常は店頭以外にもクレジットチャージなど多彩です。

しかし、Tカードプラス(SMBCモビット next)では、チャージ方法が店頭のみのため、多少面倒です。

モビットユーザー以外にはメリットが薄い

還元率、追加可能カード、ショッピング枠など、クレジットカードとしてはごく平凡なカードです。

審査ハードルの低い「楽天カード」や「イオンカード」などの方が魅力的で、モビットユーザー以外には魅力を感じられないかもしれません。

まとめ

「モビットカードローン」「クレジットカード」「Tカード」の機能が1枚に詰まったTカードプラス(SMBCモビット next)。

財布の中をスリムにしたい方、モビットユーザーにはメリットのあるカードです。

ライバルのACマスターカードと比較しても、優位性があります。


ちなみに、2018年7月13日まで、カード契約、カードローン利用で3000ポイントがもらえる新規入会キャンペーンを実施しています。(執筆者:角野 達仁)