「うらやましい」と気になりだしたら要注意! 隣の芝が青く見えて「節約」できない時の対処法2つ

周りを見ると、「お金がない!」と言いながらもけっこういい暮らしをしているように見える人がいたりするものです。

自分より豊かそうな人を目の当たりにすると、節約節約と毎日努力するのがなんだかちょっと虚しくなったりします。

人の生活がうらやましい

同じぐらいの生活水準だと思っていた人や仲の良い友達が、「ワンランク上の何か」を手に入れたと聞いて、正直ちょっとモヤモヤしてしまうなんてこともあるかもしれませんね。

そんな他の人のちょっといい生活ぶりが気になりだしたら、要注意!

節約のペースが完全に乱れてしまう前に自分を取り戻しましょう。

自分の心のどこかにある「うらやましい気持ち」

他の人が豊かに見えてうらやましいと思うのはごく普通のことですが、経済的なことで勝ち負けを気にするようになると、節約はどんどん苦しいものになってしまいます。

「人は人、自分は自分」と割りきればいいのは頭でわかっていても、いつも自慢ばかりする人が近くにいれば、うまく割りきれないときだってあると思います。

そんなとき、自分の気持ちとどう折り合いをつけたらいいのでしょうか。

人の暮らしをうらやましいと思う気持ち

対処法1: 自慢話が多い人との付き合い方を見直す

他人のハッピーな話には関心がなく、いつも自分の話ばかりしている人と一緒にいるのは、正直言って疲れます。

特に、自分が上であることをアピールする「マウンティング」のターゲットになってしまうと厄介です。

もし、自分に対してマウンティングをしてくると強く感じる相手がいるなら、あれこれ対策を考えずにできるだけ距離を置くことをおすすめします。

人の自慢話をしてくる人と距離を置く

そのような人は、他の人をうらやましがらせることで自尊心を保つ傾向があるので、反応し続ける限り挑んでくる可能性大です。

もし悪気なく自慢めいた話をする人が相手なら、「いいな~うらやましい!」と素直に言葉にしてみましょう

うらやましい気持ちを心の奥に秘めてしまうよりは、スッキリする場合もあります。

あまりにも話が続きそうなら、「ところで〇〇といえば…」と話題の向きを少し変えてみるのも手です。

対処法2: 自分の自慢話に気をつける

物やサービスを買う際、人から「いいね」と言われたくて買うのか、自分が「欲しい」と思うから買うのかを正直に考えてみましょう。

実際に周囲の人から「いいね」と言われることが多いなら、自分自身が普段から自慢話をしている可能性があります。

無意識のうちに、自分が誰かにマウンティングしてしまっていることに気づいたら、意識的に自分の話を控えるようにしてみましょう。

自分の自慢話を言わない

他の人の自慢話に対抗して、自分の自慢話をするのではなく、上手な聞き役になりましょう。

「自慢話の内容」ではなく、「自慢ばかりしている人」を客観的に見るよう意識するなら、内容がどうあれ、それがカッコイイことではないと気づくはずです。

他の人ではなく自分自身に目を向けるよう努力する

うらやましい気持ちが強くて、心が疲れているときは、少し周りを見過ぎているときです。

うらやましい気持ちが強くて、心が疲れているとき

自分と他の人を比べて、どちらが上か下かばかり考えるようになると、生活がどんどん楽しくなくなってしまいます。

そんな自分の気持ちに気づいたら、少しずつでもいいので環境や価値観を調整し、自分のペースを取り戻してくださいね。(執筆者:木山 由貴)

この記事を書いた人

木山 由貴 木山 由貴»筆者の記事一覧 (37)

音楽とネコ大好き40代主婦ときどきフリーライター。「気になることはとりあえずやってみる」の精神で毎日楽しく暮らしています。節約するところはビシッと節約、使うべきときは大胆に使うので生活満足度は高め。「みんながやってるから」より「自分はどうしたいか」を優先するマイウェイな性格。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
人の生活がうらやましい
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ