アメリカ株に興味があるけど、イマイチ分からない方へ 米国株を買うべき理由とおすすめの口座

・ 日本だけでなくアメリカの株も買ってみたいけど買い方を知らない

・ AppleとかGoogleの株を買ってみたい

・ アメリカの株って投資先として本当に魅力的なの?

アメリカ株に興味があるけど、いまいち分からない…そんな方に向けての記事です。

アメリカ株を買うべき理由。

例えばアメリカ市場のスケールの大きさや分散投資の必要性、魅力的な個別銘柄、米国株を買うおすすめの口座をお教えします。

アメリカ株を買うべき理由

アメリカ市場は世界最大の株式市場

アメリカの株式市場は世界経済に影響を与えている

アメリカは世界の株式時価総額のウェイト第一位です。

よく経済ニュースでダウ平均株価とかナスダックという言葉を耳にすると思います。

これらのワードはアメリカの株式市場に関連する言葉です。

アメリカの株式市場の動向は、世界の経済に大きな影響を与えるので、普段のニュースでも話題になります。

アメリカの株を買うと自然に、世界経済の中心のニュースにも目を配るようになるため投資家としての実力もあがるのでおすすめです。

分散投資の必要性

リスク分散の観点からもアメリカ株を買うのはおすすめ

魅力的な投資先もたくさんあります。

投資にリスクはつきものですが分散投資をすることで、リスクをおさえることができます

そしてアメリカ株は世界最大の市場で魅力的な銘柄も多く、アメリカ市場に視野を広げるだけで選択肢が大きく広がります。

しかも日本の会社よりも利益をあげている会社の銘柄や新しい試みに挑戦している企業の銘柄も多いです。

例えば新興国の小さな国の市場だと、投資するに値しない銘柄も多く実際に買える銘柄が少ないこともありますが、アメリカ市場なら投資するに値する銘柄も見つかるでしょう。

分散投資のススメ

魅力的な個別銘柄

アメリカ株には世界を代表する企業の銘柄が数々、上場されています

スターバックス
マクドナルド
Google
Apple
Facebook
デルタ航空
ティファニー等…

日本にいても実際の生活で目にする企業の銘柄に投資できます

世界を代表する優良企業の銘柄はアメリカ株です。

アメリカ株に投資をしないということは、世界の優良銘柄を買う選択肢を捨てることと同じです。

実はアメリカにはアメリカ以外の優良企業の銘柄も上場されている

アメリカの株式市場には実はアメリカ以外の国の優良企業の銘柄も上場されています

例えばインドの株式市場は規制があるため、外国人投資家が直接、インドの市場で株を買うことができません

しかしインドの有名車メーカーのタタ・モータースの株はADR(米国預託証券)という形でアメリカ市場に上場されています

中国の代表的な検索エンジン企業、百度(バイドゥ)等も中国ではなくアメリカで上場されています

アメリカ市場はアメリカだけでなく世界各国の優良銘柄も上場されているのが魅力です。

世界各国の優良銘柄も上場されている

米国株を買うおすすめの口座3選

昔はアメリカ株を扱う証券会社は少なかった

ですが、今は日本の口座からも簡単に買えます。

アメリカ株を直接、個人がオンラインで買うのはハードルが高かった時代もあります。

どうしてもアメリカ株をオンライン証券で買いたい人の中には、アメリカの証券会社に口座を開設する等、面倒なことをしていた人も多かったです。

しかし、今は日本の証券会社の努力もあり国内の大手オンライン証券会社に登録するだけで、簡単にアメリカの株を買うことができます

おすすめの口座3選

・ 楽天証券
・ SBI証券
・ マネックス証券

上記は代表的なオンライン証券ですが、特定口座にも対応しておりおすすめです。

しかし、日本株を買うより手数料は高いので短期の取引よりも買ったら中長期の長いスパンでもつ方が手数料的にもおすすめです。

 楽天証券⇒公式HPへ

 取引手数料が国内最低レベルのSBI証券で口座開設する⇒公式HPへ

 短期少額トレードも視野に入れるならマネックス証券⇒公式HPへ

応用編

そうはいってもアメリカの株を買う手数料は日本株より高いです。

少し上級者向けですがInteractiveBrokersというセミプロ向けのアメリカのオンライン証券があります。

ハードルは高いのですが、手数料は格安なので興味があったら問い合わせするのも良いかもしれません。

ハードルは高いが手数料は格安です

まとめ

アメリカ市場は世界最大の株式市場で優良銘柄が多く上場されている。

分散投資先としても魅力的な選択肢が多く、アメリカ以外の優良企業の銘柄すら買える。

そして日本の大手オンライン証券で今は気軽に買えることができるので、買い時がくればアメリカ株を買うのはおすすめです。(執筆者:田守 正彦)

この記事を書いた人

田守 正彦 田守 正彦»筆者の記事一覧 (31)

フリーランスのWEBライター。教育機関やバンコクの大学で働く傍、海外投資に興味をもち20代の頃から香港やアメリカの証券口座に直接行き、口座を開いて実際に取引をしていました。得意分野は投資・教育・旅行・新しい働き方です。新しい分野にも積極的に挑戦しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
アメリカ株を買うべき理由
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ