ケアマネージャーに「できるだけ介護費用を抑えたい」とは言いにくい。けど、思い切って言ってみるとこんな工夫が出てきます。

介護保険のサービスを利用し生活していく上で、少しでもいいから負担を減らして節約できたらいいなと思いませんか?

ケアマネージャーとしてお話を伺う時に、意外と利用者さんや家族さんは、こちらが水を向けないとお金のことを言われません。

「いくらくらいかかりますか?」

とは聞けても、

「できるだけ費用を抑えたいです…」

とはなかなか言いづらいのかもしれません。

とはいえお金のことはとても大切

そこで無理すれば介護は続きません

ケアマネージャーとしては、

「自己負担はここまでしか出せません」
「できるだけ安くなるようにして」

と言われたら、最大限の努力はしますので、そこは遠慮なくお伝え下さい

できる範囲で費用を抑えるように計画を組みます。

その費用を抑えやすい方法を少しお話しましょう。

介護のお金のこともご相談ください

加算や体制で料金は変わる

例えば、

「ヘルパーさんに来てほしいな…」

と思って、ケアマネに相談するとします。

すると、条件に合いそうな訪問介護事業所を紹介してもらえ、双方合意すれば契約を結びサービスがスタートし、利用した分の支払いが発生するわけです。

もちろんそのほかのサービスにおいても、利用の流れはだいたい同じです。

ところが介護保険のサービスの費用は、基本の利用料のほかにもたくさんの加算があります。

この加算というのは、事業所の形態や、職員の体制、機能訓練の有無などの介護サービスの内容によって変わります。

事業所によってその加算の種類は違います。

全く取得していない事業所から、取れる加算は全てつけている事業所まで様々です。

もちろん何らかの加算を取得していたり、加算の単位が大きい方がしっかりとした体制を取っているとは言えるのですが、費用面を重視するなら

「できるだけ加算や単位が少なくて、安い事業所を探してほしい。」
ときちんとケアマネに伝えておきましょう。

地方などで事業所の数が少なく選ぶことができない場合は別ですが、そうでなければ、同じサービスでも高いところ、安いところの差は必ずあります

特にデイサービスや施設は形態によって、介護報酬に大きく差がありますので、料金を抑えたければしっかりと選びましょう。

自費部分を節約する

デイサービスの食事代を節約する

デイサービスやショートステイなどの場合、食事代や時には施設利用費がかかり、その料金は各事業所様々です。

特に、デイサービスの食事代は見落としがちです。

私の周りのデイサービスでは、一番安いところが350円、高いところは750円です。

これが、もし週2回利用していて、だいたい月に8回分を支払うとすると、3,000円以上の差が出ますよね。

この自費部分に関しては、介護報酬とは関係ないので、あまりケアマネもしっかりと把握していない場合があります。

とはいえ、始めに「できるだけ安いところ」と言われていれば、その条件で事業所を探しますので、きちんと伝えておいて下さい。

要介護度に応じて介護報酬が変わるサービス

要介護度に応じて介護報酬が変わるサービス

要介護認定は期間があり、その都度更新申請を行って認定調査を行い、次の要介護度が決まります。

この更新の際に、要介護度が軽くなると納得されない方が、とても多くおられます。

「前より年を取ったのに…」
「前より体の調子が悪いのに…」

など言われるのですが、要介護度が軽くなれば料金が安くなるサービスがあります

通所系、施設系は、要介護度が重くなればなるほど、介護報酬が高くなります。

ですから、デイサービスやショートステイを利用していたり、施設入所されていれば、介護度が軽くなると支払額が安くなるわけです。

要介護度は重いほうがいろいろと便利と思われがちですが、限度額が足りないなどの理由がなければ、こういったサービスが安くなるので、良い面もあります。

ちなみに、ヘルパーや訪問看護などは要介護度に限らず報酬は一定です。

まとめ

介護保険を利用して生活すると、意外とお金がかかる

介護保険を利用して生活すると、意外とお金がかかるものです。

基本的な報酬に関しては国が定めていますので、節約できる部分は限られています。

しかしながら、いろいろな方法で費用を抑える工夫はできるものです。

そのためには、始めにきちんと「できるだけ節約したい」とケアマネに伝えて下さい

そう言ってもらえれば、ケアマネージャーも費用面に注意して、サービスを紹介することができます。

介護費用を節約したいと思うことは決して恥ずかしいことではないので、きちんと教えて下さいね。

ケアマネージャーも日々頑張られているご家族に少しでも寄り添いたいと思っているものです。(執筆者:佐々木 政子)

この記事を書いた人

佐々木 政子 佐々木 政子»筆者の記事一覧 (149) http://manetatsu.com/author/msasaki/

ケアマネージャーを7年経験して、現在は現役で老人ホームの施設長を務める介護のプロです。女性ならではの目線も入れながら、介護に悩み困り不安を持つ皆さまにお役立ち情報を提供していきたいと思います。我が家の親も要介護者です。同じ目線で不安と戦っていきましょう!
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
介護のお金のこともご相談ください
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ