賃貸併用住宅でなるべく費用をかけずに「無線Wifi環境」を提供するには

賃貸物件の設備として今最も人気のあるのが無料インターネット回線です。

毎月のネット接続費を節約できるだけではなく、入居初日からインターネットが使えるという利便性の高さも人気の秘密です

そんな人気設備を格安で、賃貸併用物件に導入するにはどうしたらいいかをお伝えします。

賃貸物件として人気の高い無料インターネット回線

(1) 自宅利用のため、高速光回線を導入する

まず賃貸併用物件ですから自宅も併設されています。

自宅にネット回線がないと不便なので、まず自宅用に高速光回線を導入しましょう

最近の光回線でしたら速度的には下りで最速で2Ggpsという回線もあります。

自宅用の光回線の利用料は毎月4,000円から5,000円といったところです

ネット回線は必要性の高い設備ですから、負担に感じることは少ないでしょう。

(2) 1階でも利用できるように各部屋に回線中継機を設置する

自宅利用のため、高速光回線を導入

自宅に回線を設置し、ルーターと接続すれば無線インターネット接続が可能になります

基本的には入居者もこの無線のインターネット回線を利用してもらうことになります

しかし回線を2階に設置した場合、1階の各部屋との接続性はどうしても悪くなります。

特に賃貸併用住宅の場合、1階と2階で防音性を確保するために、分厚い壁や天井を設置していることが多いので、ネット接続が安定しません。

そんな時は回線中継機を導入しましょう

回線中継機をそれぞれの入居者の部屋に置くことで2階に設置した回線を受信し、1階まで増幅して届けてくれます。

それぞれの中継機で設定が必要ですが、複雑な設定ではないのでいったん自分で設定した後に、入居者に渡せば問題なく使用できます。

中継器の価格は2,000~3,000円と大変安いので、導入コストもほとんどかかりません

(3) 中継機を利用すれば部屋ごとにパスワードが設定されるので、セキュリティも安心

中継機を利用すればセキュリティも安心

一方でセキュリティ対策が不安になる人もいるでしょう。

自宅の回線と共有にすることで、自宅用のパスワードを入居者が知り、不正な利用をされないかという不安も起こります。

しかし中継機経由の回線は、中継器ごとにそれぞれにIDとパスワードが付与され、自宅の回線と区別されます

自宅回線のパスワードを教えなくても、入居者はそれぞれ自分の部屋用の中継機に記載されたパスワードを入力してインターネット回線に接続できます。

それぞれの部屋に独立したIDとパスワードが設定されるので、セキュリティ面でも高い安全性を確保できます

中継器を利用すれば個別のインターネット契約費の必要もなく、入居者にネット接続サービスを提供できます。

無料インターネットサービスをつければ家賃もアップも可能なので、大変にコストパフォーマンスの良い集客策と言えるでしょう。(執筆者:長嶋 茂)

この記事を書いた人

長嶋 茂 長嶋 茂(ながしま しげる)»筆者の記事一覧 (22)

今年脱サラしたばかりの不動産投資家兼ライター。ソーシャルレンディング投資にも邁進中。現在は賃貸併用住宅3室とワンルームマンション1室を所有し、月間20万の家賃収入を得ている。不労所得を増やして家族の生活を安定させることを目標としています。将来は店舗ビジネスへの進出を目標としている。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう