身近なモノで「美」を保つ イギリスの「節約」美容方法を3つ紹介します。

イギリスの美容事情

日本ではプチプラコスメとも言い表されるように、コストが安くて比較的クオリティの高い美容化粧水やメイクアップグッズが豊富です。

イギリスでもプチプラコスメは利用されていますが、日本よりもよりナチュラルな商品が人気の傾向があります。

今回はイギリスの節約できる美容法に焦点を当ててみたいと思います。

1. ヨーグルトパック

ヨーグルトパック

私の友達が毎週のように行っているのが「ヨーグルトパック」です。

スーパーでも売られているヨーグルトを顔に塗るというとっても簡単なパックですが、これで肌年齢が10歳若返るのです。

ヨーグルトにはピーリング効果があり、肌の透明度を上げてくれるそうです。

ピーリング効果があるため、毎日ではなく1週間または2週間に1回程度がベストです。

実際に私の友達は年齢の割に肌ツルツルの状態をキープしています。

このヨーグルトパックは日本でも簡単に真似できます。

ヨーグルトパックに利用するヨーグルトは、なるべく無糖の商品を使用しましょう。

2. キューカンバーウォーター

きゅうり水でデトックス

キューカンバーは日本のきゅうりにあたるウリ科の野菜です。

きゅうりにはデトックスを助けてむくみを解消する作用があります。

イギリスの喫茶店やバーでは、水を頼むとこのキューカンバーウォーターが提供されることがよくあります。

それくらい健康的かつ人気の飲み物なのです。

作り方

1. きゅうりを縦にスライス

2. 水に浸す

同時にレモンやミントを入れるとより風味が増します。

ペットボトルの水にスライスしたきゅうりを入れたらでき上がりです。

3. 洗髪は2日に1回

洗髪は2日に1回

日本人は毎日お風呂に入って頭を洗うというのが一般的ですが、イギリスでは2日に1回しか頭を洗わないという人も少なくありません。

これはロンドンを始めとして、水の質が日本とは違うという点が挙げられます。

ロンドンの水道水は硬水と呼ばれるカルシウム濃度の高い水です。

日本は軟水と呼ばれるカルシウム濃度の低い水です。

カルシウム濃度の高い水は、肌や髪との相性が悪く、頻繁に髪を洗うとダメージの原因になります。

そのためイギリスでは2日に1日しか頭を洗わない人がいるのですが、頭を洗わないことで頭皮が乾燥することなく髪に自然とツヤが出てくるというメリットもあります。

もちろん頭を洗う機会が少なければ、その分水道代やガス、ドライヤーで使う電気代も節約できます。

イギリスの節約美容法は、イギリス人にとっては特別なことではなく自然と毎日行っています。

日本でも簡単に取り入れることができるので、ぜひ試してください。(執筆者:森 亜美)

この記事を書いた人

森 亜美 森 亜美»筆者の記事一覧 (39)

海外でのパートタイムの仕事やフリーランスの仕事で働きながら、世界中を旅しています。日本に住んでいたころは、安定した仕事と収入で、安定した生活を送っていました。海外に出てから早3年、今は仕事が見つからなかったら来月どうなるか分からない状態ですが、それでも何とかなっています。お金が無くても、旅行は出来る!そのヒントはズバリ節約です。ここでは毎日楽しく節約を続けるコツを共有していけたらと思います。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ