iDeCoを始めるなら、楽天銀行と楽天証券をつなげる「マネーブリッジ」に登録 コレで普通貯金の金利も0.1%になりお得。

コレだけで普通貯金の金利が0.1%になる

金利0.1%になる

1. 楽天銀行楽天証券の口座を開設する

2. 「マネーブリッジ」に登録する

今回は、普通預金の金利がお得になる方法として、

楽天銀行楽天証券の合わせ技

をご紹介します。

イデコで銀行選びを悩んでる方にはもちろん、今すぐiDeCoはしないし、証券口座なんてハードルが高い、という方にもおすすめ情報ですのでぜひチェックしてみてください。

楽天銀行と楽天証券をセットで口座開設申し込み

楽天銀行口座開設

≪画像元:楽天銀行

すでに楽天会員の方は、楽天銀行のホームページから簡単に口座開設申し込みができます

楽天会員でない方も、カンタンに開設する方法があります。

1. 楽天銀行アプリをダウンロードする。

2. 申込書に記入する。(楽天証券の口座開設も同時にできます)

3. 本人確認書類をアップロードする。

面倒な本人確認書類も、書類を撮影して送信すれば終了です。

アップロードできなくても、郵送など別の提出方法が用意されているので心配はいりません。

あとは、数日後に郵送されてくるレターをもとに初期設定をすれば利用開始です。

お届け印も不要なので、印鑑を探し回る必要はもうないですね。

楽天銀行と楽天証券をつなげる「マネーブリッジ」に登録しよう!

マネーブリッジのサービス

≪画像元:楽天証券

口座開設できたら、「マネーブリッジ」に登録しましょう。

これは双方を連携させて、いろいろなサービスを利用できるようにするためのものです。

この手続きをしておけば、証券と銀行間の資金移動もラクラクです。

入出金も早くて簡単です。

そして、大事なのは金利ですよね。

楽天銀行の普通預金金利は、0.02% と普段から高め

でもマネーブリッジに申し込みをするだけで、その5倍の0.1%になるんです。

大手銀行の普通預金金利の0.01%と比べると、なんと100倍にもなります。

「ある程度まとまったお金がある、でも定期にいれると出したい時に出せない」

とお悩みの方にもぴったりです。

楽天銀行のデメリット

・入出金に手数料がかかる

入出金はセブン銀行、イオン銀行などの提携ATMから可能ですが、3万円未満の入出金だと、216~270円の手数料がかかってしまいます。

・ゆうちょ銀行からの入金は無料だが、登録完了までひと月かかる。
・ゆうちょ銀行に出金するにも103円かかる。

しかし、ATM手数料を無料にすることも可能です。

・「ハッピープログラム」というサービス加入で、口座残高によっては無料になる特典あり
・口座開設から6か月めまでは無条件で月5回まで無料

以上の点に注意して利用してくださいね。

楽天証券のイデコ情報

楽天証券のイデコ

≪画像元:楽天証券

楽天証券なら口座維持手数料も無料です。(別途、国民年金基金連合会への手数料などは必要)

商品も厳選された中から選べます。

わからないことは、イデコ専用ダイヤルで親切に教えてくれます

筆者も、申し込み用紙の記入でわからないことがありましたが、電話ですぐに解決しました。

また、申し込み後すぐに証券口座を利用しなくても大丈夫です。

ただ、楽天証券なら少額投資もありますし、楽天ポイントでも投資できちゃうので、口座開設にトライしてみる価値はあるかもしれません。

金利のメリット以外にも、無料で送金できる(楽天銀行間)など何かと便利な楽天銀行

すぐに投資の予定のない方も、サブバンクとして開設しておいて損はないかもしれません。(執筆者:桐谷 春音)

iDeCo(イデコ)が気になったら、まずは資料請求してみませんか↓

この記事を書いた人

桐谷 春音 桐谷 春音»筆者の記事一覧 (28)

二児の母。経理の仕事の傍ら、ライターのお仕事をしています。趣味は読書、洋裁、手芸。お得情報を求めてのネットサーフィンが大好きです。FX歴5年。かなりのおっちょこちょいでおおざっぱですが、こんな私でもできた節約やお得情報をご紹介していきたいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
金利0.1%になる
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ