「LINEほけん」が登場! 低価格の保険料と豊富なラインナップに注目です。

無料通信アプリのLINEから2018年10月に販売された「LINEほけん」。

LINEほけんのサービスを開始

≪画像元:LINE

幅広いシーンに対応した豊富なラインナップの損害保険、数百円という低価格な保険料、さらに期間限定の無料保険など、今後注目されること間違いなしのプランがたくさんあります。

今回はこの「LINEほけん」についてご紹介していきます。

早い者勝ち? 「期間限定 無料でもらえる保険」

「期間限定 無料でもらえる保険」では、3種類の中から1つの保険を利用できるようになっています。

申し込み期間前であれば「お知らせ予約」も可能。

保険期間終了後は自動解約となるので、面倒な手続きも不要。

ほかの保険にありがちな「無料期間を過ぎると自動的に有料の保険に移行する」ようなこともありません

申し込み状況により受付を早期に終了することもあるので、できるだけ早めに申し込むことをオススメします。

期間限定 無料でもらえる保険

≪画像元:LINE

「無料でもらえるスマホのおまもり」:無料(期間限定)

スマホを落とした時の液晶割れなど、スマホの破損を補償する保険です。

保険期間終了後は自動解約となるので、手続等も不要です。

申し込み期間:サービスリリース~2018年11月16日(金)
保険期間:2018年12月1日(土)~3か月間
修理費用保険金:1万円程度(1回のみ)

修理費用保険金は、自己負担額3,000円となります。

保険の対象はスマホ本体のみで、保護シートやカバーは対象外です。

「自転車のおまもり」:無料(期間限定)

自転車で他人にケガを負わせてしまった時や、車などにぶつかった場合の賠償責任を補償する保険です。

申し込み期間:2018年11月17日(土)~11月30日(金)
保険期間:2018年12月15日(土)~3か月間
賠償責任補償:100万円まで

国内においての自転車による偶然な事故により、他人にケガを負わせたり他人の財物を壊したりしたこと等によって、法律上の損害賠償責任を負った場合に支払われます。

「年越しのおまもり」:無料(期間限定)

大晦日から元旦までのカウントダウンや、初詣にお出かけ中の思いがけないケガや他人への賠償責任など、幅広く補償してくれる保険です。

申し込み期間:2018年12月1日(土)~12月12日(水)
保険期間:2018年12月31日(月)~2019年1月1日(火)のお出かけ中
死亡・後遺障害保険金:100万円
入院保険金日額:2,000円
入院保険金日額支払限度日数:180日
手術保険金
 入院中…入院保険金日額×10倍
 外来時…入院保険金日額×5倍
賠償責任:5,000万円
携行品損害:5万円

こどもの安心・自転車トラブルに備える保険

「こども安心保険」:300円/月

こども安心保険

≪画像元:LINEほけん

こどもの思いがけないケガや他人への賠償責任、熱中症や食中毒まで幅広く補償してくれる保険です。(保険期間末日において23歳未満の加入者の子)

補償内容
開始日:「翌日0時から開始」、もしくは「翌月1日の16時から開始」のどちらかを選択できる。
終了日:保険期間1年
死亡・後遺障害保険金:90万円
入院保険金日額:1,000円
手術保険金
 入院中…入院保険金日額×10倍
 外来時…入院保険金日額×5倍
入院保険金支払限度日数変更特約(180日)
個人賠償責任:1億円
熱中症危険補償特約
細菌性食中毒およびウイルス性食中毒補償特約
天災危険補償特約

「こども安心保険+」:600円/月

こちらのプランは、死亡・後遺障害保険金が130万円になり、これに学生生活用動産補償50万円や、扶養者に万が一のことがあった時のための育英費用補償特約150万円といった内容がプラスされます。

「自転車ライフ安心保険」:100円/月

自転車ライフ安心保険

≪画像元:LINEほけん

自転車に乗っている時の思いがけないケガや、他人にケガを負わせてしまった場合の高額賠償を補償してくれる保険です。

通勤・通学または買い物など、日常的に自転車を良く利用する人にオススメです。

補償内容
開始日:「翌日0時から開始」、もしくは「翌月1日の16時から開始」のどちらかを選択できる。
終了日:保険期間1年
自転車搭乗中の賠償責任補償:1億円
ケガによる入院補償:2,000円/日
死亡・後遺障害保険金:100万円
※損保ジャパン興亜損保による示談交渉サービス付き
被保険者の選択範囲:加入者本人、配偶者および加入者・配偶者の子(既婚・未婚・同居・別居は問わない)

「自転車ライフ安心保険+」:250円/月

こちらのプランは、自転車搭乗中の賠償責任補償が3億円、ケガによる入院補償が7,000円/日、死亡・後遺障害保険金が1,000万円となっています。

スポーツやイベント時にオススメの保険

「運動会安心保険」:200円~(金額は日数によって異なる)

運動会安心保険

≪画像元:LINEほけん

子どもの運動会や地域の運動会などでの思いがけないケガ、そして他人への賠償責任、さらにカメラなどの携行品を壊してしまった場合の損害まで補償する保険です。

補償内容
開始日・終了日:どちらも選択可能
死亡・後遺障害保険金:147万円
入院保険金日額:1,000円
他人への賠償責任補償:1億円
カメラ等の携行品損害:5万円
手術保険金
入院中…入院保険金日額×10倍
外来時…入院保険金日額×5倍
天災危険補償特約(地震などでケガを負った場合も補償)

この保険と同じような補償内容では「野外フェス安心保険」、「ボランティア安心保険」などがあります。

また持ち物の損害補償が少し高額になるものでは、次のような保険があります。

持ち物の損害補償10万円

「国内の旅安心保険」:300円~         
「合宿安心保険」:300円~
「みんなでワイワイBBQ安心保険」:300円~ 
「紅葉・もみじ狩り安心保険」:300円~ 

 

持ち物の損害補償20万円

「合宿安心保険+」:500円~
「つり人安心保険」:500円~ 

         

「ゴルフ保険1dayプラン」:300円/日

ゴルフ保険1dayプラン

≪画像元:LINEほけん

ゴルフのプレイ中のケガや賠償責任、ゴルフ用品等の損害補償、さらにホールインワンやアルバトロス達成時の祝賀会費用などもカバーします。

補償内容
保険期間:当日のみ
死亡・後遺障害保険金:200万円
入院保険金日額:3,000円
通院保険金日額:2,000円
ゴルフ賠償責任:1億円
ゴルフ用品:12万円
ホールインワン・アルバトロス費用:15万円

このほかにも

「ゴルフ保険ベテランプラン」:400円/月
「ゴルフ保険ビギナープラン」:250円/月
「ゴルフ保険奇跡の一打プラン」:800円/月

などの種類があります。

「みんなでワイワイ飲み会保険」:100円~

みんなでワイワイ飲み会保険

≪画像元:LINEほけん

飲み会中から家に着くまでの思いがけないケガや賠償責任を補償する保険です。

日頃から飲みに行く機会が多い人、年末年始や年度末・年度始めなどの飲み会が増える時期にオススメです。

補償内容
死亡・後遺障害:100万円
入院保険金日額:1,000円
手術保険金
 入院中…入院保険金日額×10倍
 外来時…入院保険金日額×5倍
入院保険金支払限度日数変更特約(180日)
賠償責任:1億円
天災危険補償特約(地震などでケガを負った場合も補償)

こんな保険も用意されています。

「わたしの弁護士相談保険」:360円/月

わたしの弁護士相談保険

≪画像元:LINEほけん

いじめやハラスメント、痴漢などによる精神的苦痛や、所有物を壊された時の弁護士費用を補償します。

補償内容
開始日:「翌日0時から開始」、もしくは「翌月1日の16時から開始」のどちらかを選択できる。
終了日:保険期間1年
弁護士への相談費用補償(法律相談費用):通算10万円限度
着手金・報酬金などの委任費用補償(弁護士委任費用):通算300万円限度

※精神的苦痛に関する相談費用は、保険開始日の91日目からの事故が対象となります。

「ひったくり安心保険」300円/月

ひったくり安心保険

≪画像元:LINEほけん

最近多くなってきているひったくり事件。

盗まれた物やケガなどを補償する保険です。

補償内容
開始日:「翌日0時から開始」、もしくは「翌月1日の16時から開始」のどちらかを選択できる。
終了日:保険期間1年
死亡・後遺障害保険金:140万円
携行品被害:20万円

「お家を借りるときの安心保険」:500円/月

お家を借りるときの安心保険

≪画像元:LINEほけん

賃貸物件に入居している場合の大家さんへの賠償責任、盗難被害などによる修理費用を補償する保険です。

補償内容
開始日:「翌日0時から開始」、もしくは「翌月1日の16時から開始」のどちらかを選択できる。
終了日:保険期間1年
死亡・後遺障害保険金:65万円
借家人賠償責任:1,000万円
修理費用:300万円
個人賠償責任:1億円

「お家を借りるときの安心保険+」:1,200円/月

こちらのプランでは、死亡・後遺障害保険金が125万円になり、住宅内生活用動産の補償30万円がプラスされます。

山や海などで遭難したときの救援者費用補償がある保険

山や海などで遭難した場合に救援者費用が補償される保険です。

台風や大雪、海水浴、登山、つり、スキー・スノボ、キャンプなどを目的とした保険の補償内容に含まれています。

台風のときの安心保険

≪画像元:LINEほけん

補償金額別に見ると、次のようになっています。

遭難したときなどの救援者費用補償

100万円
「自転車ツーリング安心保険」:150円~
「台風のときの安心保険」:250円~
「大雪のときの安心保険」:250円~
「海水浴・プール安心保険」:250円~

200万円
「自転車ツーリング安心保険+」:300円~
「キャンプ安心保険」:300円~
「本格登山安心保険」:500円~
「スキー・スノボ安心保険」:300円~

250万円
「本格登山安心保険+」:800円~

300万円
「つり人安心保険」:500円~
「キャンプ安心保険+」:500円~

ラインナップが豊富な「LINEほけん」に注目

手軽に申し込めるだけでなく、低価格な保険料も魅力的な「LINEほけん」。

手軽に申し込めるLINEほけん

(クリックして拡大)
≪画像元:LINE

ここで紹介した以外にも、家族のことを考えた「パパ・ママ安心保険」や「シニア安心保険」、アジア、欧米・オセアニア、中南米・アフリカなどエリアごとにランク分けされた旅行保険などもあります。

それぞれのシーンやニーズに合った保険を選べるのが何よりも大きいメリット。

若い世代や保険料が高いと感じている人にも入りやすい保険が揃っています。

「LINEほけん」の登場で、業界にも訪れる変化に注目していきたいと思います。(執筆者:藤 なつき)

この記事を書いた人

藤 なつき 藤 なつき»筆者の記事一覧 (164)

保険・マネー・健康・医療・福祉・教育・伝統工芸・伝統行事等、幅広い分野の記事を執筆。
お仕事をさせて頂きながら、自分自身もたくさんの発見と新しい知識を身に付けさせてもらっていると感じる毎日。2013年FP2級取得。東京育ち、福岡在住。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
LINEほけんのサービスを開始
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ