100均グッズで簡単リメイクアクセ 使わず、捨てられずに眠っているアクセサリーをDIYでリニューアル。

私は20代からコレクションしてきたジュエリーを土台に、100円ショップのパーツを組み合わせて「大人仕様のアクセサリー」にリニューアルして使っています。

18金のチェーンに100円のパーツといった不思議な組み合わせにはなりますが、おかげで新たに買わずに済んでいます。

ハンドメイドアクセサリーは案外高い

ハンドメイドは高い

ハンドメイドサイトでアクセサリーを購入したことはありますか?

作家さんと直接コミュニケーションがとれるため、ときにはピアスをイヤリングに変更したり、ネームを入れたりといったリクエストにも応じてくれます。

希少性が高いぶん大量生産と比べると決して安くありません

人気がある作家さんだと1万円以上する作品もあります。

なので、

「自分で作ったら、節約できる」

と、考えました。

初心者がイチから作るのは大変ですから、もう何年も身に着けていないジュエリーを土台として活用しましょう。

チャームを取り除いたり追加したりするだけなので、細かい作業が苦手な人でも大丈夫です。

大人仕様のアクセサリーを作ろうと思った理由

眠っていたアクセサリーをリニューアル

私の場合、40代を過ぎた頃から大きな星やハートのチャームが気恥ずかしくなりました。

結婚式にはパールの一連ネックレスを着けるようになったので、三連のロングネックレスを着ける機会はもうありません。

素材は18金やプラチナで石も本物なので、もったいなくて断捨離をする気にはなれず、何年もしまい込んだままです。

そんな眠れるジュエリーたちを分解して、大人仕様にリニューアルしてみたら、たのしくなりました

石やパールは本物とプラスティックが混ざり合い、チェーンや留め具も本物とメッキがセットですが、自分しか着けないので問題ありません

最近受けた骨格診断とパーソナルカラーで、ロングネックレスは似合わないことが判明したので、すべて45センチから55センチに長さを統一しました。

筆者のリメイクアクセサリー

≪筆者のリメイクアクセサリー≫

100円ショップでそろえた工具とパーツ

道具は100均でそろえる

工具を使わずに作業すると、あっという間に爪がボロボロになります。

最低限必要な工具とパーツを紹介しましょう。

私は近所のダイソーの工具コーナーで購入しましたが、セリアやキャンドゥにもあるはずです。

欠かせないのがペンチとニッパー

金属をクルッと丸められる丸ヤットコ(先端が丸いペンチ)と、力を入れず丸カンを外せる指カンもあると便利です。

パーツ

丸カンとボールチップとカシメ玉があればいいでしょう。

私が唯一てこずったのはボールチップとカシメ玉の使い方でしたが、あらかじめ作業の順序を理解しておけばカンタンです。

眠ったアクセサリーだからこそ、挑戦できる

大人のよそ行きにはシンプルなジュエリーが定番とはいえ、普段用のアクセサリーくらいは常に新鮮なデザインを楽しみたくなります。

手持ちのアクセサリーをしまい込んでいるなら、チャッチャと大人仕様にリニューアルしてはいかがでしょう。(執筆者:白戸 春)

この記事を書いた人

白戸 春 白戸 春»筆者の記事一覧 (40)

シングルマザーを経て再婚し、子どもは無事に独立。現在は夫と猫と北国で暮らす主婦兼フリーライターです。貧乏だったサバイバル経験を生かして、誰かの役に立つ記事を書いていきたいと思います。消費は現金よりクレジットカード派、投資は現物主義です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
眠っていたアクセサリーをリニューアル
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ