少しでも保険料を安くする! 自動車保険の「ユニークな割引」3選をご紹介します。

自動車ドライバーに欠かせないものの一つに自動車保険がありますが、保険料の出費が悩みの種です。

「価格.com自動車保険一括見積もり」利用者に前回の年間保険料を調査したところ、3万円~5万円が38%と最も多い結果となりました。

年間5万円の出費はやはり大きいですが、保険会社各社では、ゴールド免許割引や等級に応じた割引、インターネット割引など、様々な割引を実施しています。

今回は、その中でもユニークな割引を持つ自動車保険を3つ紹介しましょう。

自動車保険のユニーク割引

1. 安全運転講習受講割引が受けられるチューリッヒ

まずは、外資系保険会社のチューリッヒです。

指定の安全運転講習を受講すると、自動車保険の割引を受けられるサービスがあります。

「スーパー自動車保険」の契約者又は今後契約予定者が対象です。

チューリッヒの自動車保険

全日本指定自動車教習所協会連合会に加盟している、公安委員会指定の全国の自動車教習所で、指定の安全運転講習を受講(講習手数料4,500円)すれば、保険料が5%オフとなります。

スーパー自動車保険の保険料を2万9,430円(56歳、ゴールド免許、20等級、年間走行距離1万キロ以下)とすると、そこから5%引きの場合2万7,958円となり、年間1,472円お得になります。

2. クラシックカーの製造年、年間走行距離に応じて割引が受けられるチャブ保険

いわゆるミニ保険の会社であるチャブ保険では、「クラシックカー保険」という変わった保険が提供されています。

チャブ保険

・製造年から25年以上経過した国産車・輸入車
・年間走行距離5,000キロ以内
・走行可能な状態にある
・車両保険を付ける

以上の条件を満たすクラシックカーが加入対象で、

・1975年以前に製造
・年間走行距離2,000キロ以内

の条件を満たせば、20%の割引をしてくれます。

以下に、保険料の例を紹介しましょう。


・1957年製アルファロメオジュリエッタ(10118)
・車両保険金額:1,000万円
・年間保険料:5万4,150円


・1974年製フォルクスワーゲンタイプ1(11D)
・車両保険金額:120万円
・年間保険料:2万3,800円

通常は車両保険に加入するのが困難なクラシックカーも、クラシックカー保険を使えば保険に加入できます。

さらに、クラシックカーとは言いにくい1992年製フォルクスワーゲンゴルフカブリオ(152HK)なども、クラシックカー保険に加入できます。

3. 日産リーフ専用自動車保険?「ドラログ」


≪画像元:日産リーフ

最後に紹介するのは、損保ジャパン日本興亜が提供している「ドラログ」という自動車保険です。

ドラログ

自動車の走行データを活用して、サービスや保険料を提供する保険です。

いわゆる「IoT」(モノがインターネットにつながる)ですが、現在のところ、これに対応している車が日産リーフしかないため、日産リーフ専用保険などとも呼ばれています。

車がインターネットにつながっているため、万が一、車両盗難の被害に遭っても追跡が可能などのメリットがあります。

盗難時対策費用特約」として、追跡費用や引取り費用に対して15万円を上限に支払いがあります。

そして、自動車の年間走行距離データも、インターネットにつながることで明朗となるため、年間走行距離に応じた割引も受けられます。

例えば、1年目のドラログの保険料が8万7,710円で、年間走行距離が5,000キロの場合、2年目の保険料は8万1,710円と、約7%の割引となります。

まとめ

今回は、ユニークな割引制度を持つ自動車保険を紹介しました。

「安全運転講習受講割引」は、ペーパードライバーや高齢者などに効果的に思えます。

クラシックカーの保険料を抑えることで、その分愛車のメンテナンスにお金をかけられますし、「ドラログ」は今後追随する車が増えるかもしれません。

いずれにせよ、より安い保険料の保険会社を見つけるためには、見積もりを取って比較するのが最も手っ取り早いです。(執筆者:角野 達仁)

この記事を書いた人

角野 達仁 角野 達仁»筆者の記事一覧 (286) http://manetatsu.com/author/tkadono/

1976年生まれです。極力すべての支払いをクレジットカードでするようにしていますが、カード手数料をとられて損をするうっかり屋さんでもあります。その悔しさをばねに、日々クレジットカードのお得な使い方についてアンテナを張っています。アンテナを張って入手した無理なくできるお得なカード情報を、お得なカードライフを広めるために皆さんに分かりやすく伝えられたらいいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう