終活の第一歩は「持ち物整理」から フリマアプリや買取サービスを活用してお金に変えよう

人生の締めくくりに向けて準備をする「終活」で多くの人が最初に行うのが持ち物整理です。

特に、思い入れのあったり高価な品物の場合は、人に譲ったり捨てたりすることが難しくなりがちです。

そこで活用したいのが、買取サービスです。

今回は、ネットで簡単に行える買取サービスを3つ紹介します。

思わぬ物も売れてしまう注目のフリマサイト「メルカリ」

メルカリ

≪画像元:メルカリ

この数年で急激に利用者が増えているのがフリマサイトです。

「メルカリ」はフリマサイトの中で最もユーザー数が多く、場合によっては出品から数分で売れることもあります。

アカウント取得に年齢制限もなく、会費も必要ないため、若年層から高齢者まで幅広い年齢層となっています。

そのため、「こんな物売れないだろう」と思うものが売れたりすることもあるでしょう。

メルカリの利用方法

≪画像元:メルカリ

出品はスマホで撮影して説明文や希望価格を付けるだけなので、誰でも簡単に行うことができます

不用品を手軽にお金にしたいと思ったときには「メルカリ」が使いやすいでしょう。

今年こそメルカリ始めてみよう!

思い入れのある品物を高く売りたいなら「ヤフオク」

ヤフオク

≪画像元:ヤフオク

カメラなどの高価で思い入れのある物は、少しでも高く売りたいと思う人も多いでしょう。

そんな時にはネットオークションサイト「ヤフオク」が便利です。

フリマサイトである「メルカリ」の場合、売り手が値段を決定するのに対し、ヤフオクではオークション形式で値段が上がっていきます。

フリマサイトに比べて利用者の年齢層が中高年層と高いこともあり、想像以上に高額になるケースもあります

ヤフオクは決められた期日までは金額が変わる可能性があるので、思い入れのあるものをできるだけ高額で売りたい場合には、「ヤフオク」のほうが向いています。

本やCDを大量に処分するなら「ブックオフの宅本便」

ブックオフの宅本便

≪画像元:ブックオフ

自宅に大量の本やCDがあって処分したいというときには、「ブックオフの宅本便」が便利です。

宅本便では、申し込みをして不要な本やCDを段ボールに詰めれば、自宅まで集荷に来てくれます

ブックオフ宅本便の利用方法

≪画像元:ブックオフ

申込時には、値段のつかない商品を返却するのか、引き取ってもらうのかを選ぶこともできます。

また、後日査定が出てから金額を見てキャンセルすることも可能です。

本やCDのほかにも、DVDやゲームなども対象となっています。

少ない点数でも以下の条件のいずれかを満たしていれば利用できます。

・本が10冊以上
・ゲーム・CD・DVDのいずれかが3点以上
・買取価格が1,000円以上の物が1点以上

大量の本やCDなどを処分したいときには、集荷してくれるブックオフの宅本便の利用を検討してみるのもよいでしょう。(執筆者:中村 楓)

この記事を書いた人

中村 楓 中村 楓»筆者の記事一覧 (27)

介護職歴10年以上、これまで病院や施設で高齢者の方やそのご家族と関わってきました。現在も介護福祉士として働きながら、介護ライターとしても活動しています。介護に関わるお金の疑問や、介護費用を抑えるために活用できる制度などを、わかりやすくお伝えします。
<保有資格>:介護福祉士、福祉住環境コーディネーター2級
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
フリマアプリで終活
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ