コスパのいい「業務スーパー」に匹敵する「激安ローカルスーパー」が日本各地にあった 厳選6店を紹介

生活費を抑えるために、一番手っ取り早いのが、食費の節約ですよね。

日本全国には家計の味方というべき、「激安ローカルスーパー」が多数点在します!

業務スーパーに負けないほど、コスパが良く、破格な商品が目白押しです。

遠くから通っても安い!というお客も多く、近所や買い物に行ける距離にあれば利用しない手はありません。

ですが、激安スーパーは広告費を抑えている場合が多く、地元の人以外にあまり知られていないお店もあります。

そこで、ここでは、全国の激安ローカルスーパーを6つご紹介いたします。

日本全国「激安ローカルスーパー」

ローカルスーパーはなぜ安い? その理由

大手スーパーよりも、地元のローカルスーパーの方が安く買えるのは、「仕入れ」が関係しています。

大手スーパーの場合、まとめて仕入れをしてから、それぞれの店舗に振り分けられるため、店頭に商品として並ぶまでにいくつもの工程を通り抜けなる必要があります。

当然その分、人件費もかかりますし、管理、配達にかかるコストも安くはありません。

その点、ローカルスーパーの場合は、お店自ら市場に足を運び、直接仕入れにいくことがほとんどです

事前に仕入れておくのではなく、販売前日や場合によっては当日などに買い付けるため、管理・保管にかかるコストが最低限に抑えることができます

また、ローカルスーパーはお店によって、その日販売している商品や目玉商品が異なることが多いのですが、それは品揃えを型にはめず、その日安い物を大量に仕入れ販売しているからなんです。

このように、余計なコストをかけず、仕入れ価格の安い品物を積極的にそろえることで、激安価格を実現しています

1. 〈北海道札幌市〉マンボウ

激安スーパーマンボウ

≪画像元:マンボウ

マンボウは、食料品全般すべてが安く購入できるという強みを持っているスーパーです。

毎週
火曜日は「野菜の日」
水曜日は「肉の日」
木曜日は「パンの日」

と決まっており、さらに安く買うことができます!

そして、早朝プレゼントとして、朝9時までにレジを通すと、1,000円以上の買い物につき、卵や牛乳などの食料品を1点タダで貰らえる大盤振る舞いです。

2. 〈山形、宮城〉週末びっくり市

激安スーパー週末びっくり市

≪画像元:週末びっくり市

山形県発祥の週末びっくり市は、毎週金、土、日しか営業しない、週末限定という珍しいスーパーです。

山形に10店舗、宮城に2店舗あり、肉や魚、野菜、酒類まで幅広く取り揃えています。

特に安いのはお肉で、卸問屋だからこそできるリーズナブルな価格で購入することができます。

安いだけでなく、新鮮なお肉が買えるとあって、いつもかなりにぎわっているスーパーですよ!

3. 〈宮城〉ミラックマツヤ

激安スーパーミラックマツヤ

≪画像元:ミラックマツヤ

仙台中心部から車で30分ほど離れたところにある、知る人ぞ知る激安スーパーです。

港の近くにあることから、新鮮な魚介類が低価格で購入できます

毎週行っている「1ケタ市」が強みで、野菜やお肉などが、1~9円までの価格で販売されます。

また、ミラックマツヤもう一つの目玉は、味・コスパ最高な「250円弁当」です。

から揚げやハンバーグなどの定番から、コストのかかる焼肉やカキフライなども取り揃えていて、クオリティが高いことで人気です。

4. 〈千葉柏市〉わたなべ

激安スーパーわたなべ

≪画像元:わたなべ

わたなべは、柏市内に2店舗構える地元密着型の激安スーパーです。

強みは、ジャンル問わず生鮮食品全般の価格が安いこと!

魚の調理や陳列を簡略化することで、薄利多売を実現しているんです。

野菜高騰を吹き飛ばすほどの低価格は、家計にとても助かります。

99円や77円、333円など、「ゾロ目特売」のお得度が大です。

5. 〈大阪、兵庫〉玉出

≪画像元:スーパー玉出

大阪に行ったことのある人なら、一度は見たことがある人も多いでしょう!

テーマパークのようなキラキラした店構えがインパクト大の、言わずと知れたスーパーですよね。

玉出の魅力は、究極の「1円セール」です!

1円の商品だけを購入することはできませんが、1,000円以上買い物をすれば購入できます

1円セールのほか、お惣菜の値段も破格で、お弁当なんかも激安です。

激安なのに24時間営業というのも、玉出の凄さであり、強みと言えます。

99円や77円、333円など、「ゾロ目特売」のお得度が大です!

6. 〈愛知〉ウオダイプラス

激安スーパーウオダイプラス

≪画像元:ウオダイプラス

「食費を半分に!」」キャッチコピー通り、薄利多売の精神で激安価格を実現しているのが、ウオダイプラスです。

大量に仕入れることで、1つ当たりの単価は安くても利益を出し、経営を成り立てています。

旬の食材を積極的に仕入れているので、価格が安く新鮮な食材が手に入ると評判です。

それぞれの良さを見出して、上手く使い分けしてください

全国のローカルスーパーの魅力やおすすめ店をご紹介いたしました。

全国チェーンの大手スーパーも商品によっては価格が安く、プライベートブランドがなるなどの強みがあります。

それぞれの良さを見出して、上手く使い分けをすると食費もさらに削減することができますよ。(執筆者:三木 千奈)

この記事を書いた人

三木 千奈 三木 千奈»筆者の記事一覧 (200)

一般事務員として就職後、結婚を機に専業主婦となりました。現在は二人の子供の育児をしながら、フリーライターとして働いています。美容、車、税金、スポーツ関係など、幅広いジャンルで記事の執筆を行っています。子どものころから一番の趣味は貯金です。節約をすること、お金を貯めることは最も得意としています。無理なく楽しみながら貯金をする!をモットーに、日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう