サラリーマンでも出来る「節税」の方法4つ 「所得控除」をうまく活用する方法を解説します。

自営業やオーナーの方は節税の方法がたくさんあるイメージがありますが、サラリーマンの方にとって節税はあまりなじみがないかと思います。

しかし、サラリーマンの方でも節税する方法があります。

今回はサラリーマンの節税について、詳しく説明していきます。

サラリーマンでも出来る節税の方法

サラリーマンでも出来る! 4つの節税方法

1. iDeCoの活用

iDeCoの活用

サラリーマンの節税方法の1つ目はiDeCoの活用です。

iDeCoとは個人型確定拠出年金のことです。

毎月一定金額を積み立てて将来の年金を準備するものです。

iDeCoの積立金額は、全額所得控除の対象になります。

企業年金のない一般的なサラリーマンのiDeCoの毎月の上限額は2万3,000円になります。

毎年27万6,000円の所得控除になりますので効果は大きいです。

2. 生命保険料控除の活用

生命保険料控除の活用

サラリーマンの節税方法の2つ目は生命保険料控除の活用です。

これはものすごく一般的な方法かと思いますが、節税の効果は高いので紹介します。

生命保険料控除とは、生命保険の保険料を所得控除に利用できる制度です。

生命保険控除には、

(1) 一般の生命保険で利用できる一般生命保険料控除
(2) 医療保険や介護保険で利用できる介護医療保険料控除
(3) 個人年金保険で利用できる個人年金保険料控除

の3種類があります。

それぞれ上限4万円まで控除出来るので、最大12万円の所得控除になります。

3. 医療費控除

医療費控除

サラリーマンの節税方法の3つ目は、医療費控除です。

医療費控除とは、年間でかかった医療費が10万円超えていた場合確定申告をすると還付を受けることが出来る制度です。

計算式は以下のようになります。

(ちなみに家族合算でも利用可能です。)

(支払った医療費の合計-保険等で保障された金額)-10万円または総所得の5%の少ないが医療費控除

となります。

医療費控除の対象は

・病院等の診察代
・市販薬
・レーシックやインプラント
・公共交通機関を利用した交通費
(タクシーは特別な場合のみ)

などになります。

歯のホワイトニングやタクシー代などは対象外になるので注意してください。

4. 特定支出控除

特定支出控除

サラリーマンの節税の4つ目の方法は、特定支出控除です。

特定支出控除とは聞き馴染みがないかもしれませんが、会社に着ていくスーツや業務に関係する図書の購入代、業務に関する資格取得にかかったお金が控除される制度です。

一見とても便利に見える制度ですが、会社から「業務に使用した」との証明書をもらわないといけないことや、給与控除の2分の1以上の金額でないと認められないなど厳しいルールがあります。

それでもアパレルの店員さんなどは業務にかかる衣服代は非常に多いと思いますので、この制度が役に立つかと思います。(執筆者:渡辺 たけし)

この記事を書いた人

渡辺 たけし 渡辺 たけし»筆者の記事一覧 (29)

11年都市銀行勤務。現在保険会社にてコンサルティング営業の傍ら金融全般の記事執筆。都市銀行勤務時代には地権者や起業オーナー中心に相続対策や資産運用コンサルティング業務をしておりました。現在は、会社員の方からオーナーまで幅広いお客さまに保険のコンサルティング営業をしております。得意分野は相続、保険、資産運用になります。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
サラリーマンでも出来る!節税の方法
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ