コストコ会員の更新をお得に! 有効期限が近づいたら考えるべき「更新のベストタイミング」とは

コストコへしょっちゅう行くわけじゃない私にとって、会員更新の時期は迷いの時期です。

4,400円の会費が高いか安いかと聞かれれば、私にとってはまあまあ高いほう。

会計時に「来月更新だから今更新しますか?」と聞かれると、「うっ…とりあえず今日はいいです。」と思わず答えてしまいます。

更新のベストタイミングは?

有効期限が過ぎていても、会費を支払えばまた買い物はできるので、切れてからでもいいかな~とか思っています。

コストコのヘビーユーザーというわけでもないなら、「コストコに行かない期間の会費」を節約する方法もあるんです。

コストコ更新のベストタイミング

≪画像元:コストコ

更新の有効期限から「2か月以内」か「2か月以上」かで次の更新月が決まる

コストコ会員の有効期限が切れた後でも、会費を支払えば会員資格はすぐ復活します。

ここで注目したいのが会員の更新月です。

例えば、「有効期限が1月」の場合は以下のようになります。

有効期限が1月という人が2か月以内(2月か3月)に更新する場合、翌年の更新月も同じ1月。

ところが、有効期限から2か月以上経過した後は、更新した月が次の更新月になるのです。

つまり、1月が有効期限という人が4月に更新すれば次の更新は翌年4月に、5月に更新すれば翌年5月に。

会員証が有効なうちに必要なものを買っておくなどして、2か月以上コストコへ行かないで済むようにできるのであれば、「しばらく行かない期間の年会費」を節約できます

有効期限までに退会すると年会費が返金される

コストコを有効期限までに「退会」すれば、1年分の会費が戻ってきます

ただし、その後1年間はコストコ会員になれません。

本人だけでなく同居している家族も同じなので注意が必要です。

会員になっている人と一緒に行くという手はあるものの、自分がコストコへ行きたいときに自由に行くことは難しくなるでしょう。

コストコにしかないものはストックしておく

更新が切れる前に多めに買っておく

チキンやピザ、お寿司にケーキにと、安くておいしくてボリュームのあるデリカ系や生鮮食品はとても魅力的なのですが、なければないなりに暮らせばOK。

コストコにしかない日用雑貨や食品などで、コストコにしかない「保存できるもの」は、更新が切れる前に多めに買っておくなどすれば、普段それほどコストコへ行かない人が2か月ちょっと行かなくても特に困らないと思います。

「行かない期間の会費」を節約できるお得感

毎月必ずコストコへ行くわけでもない私のような人にとって、会員の更新月を先延ばしにできるって、ちょっとしたお得感があります。

更新月近くにコストコへ行くと「今日更新しますか?」の圧につい負けそうになるかもしれませんが、更新を先延ばしにしたいのであれば、ぐっとこらえて「今日はいいです」でクリアしてみてくださいね。(執筆者:木山 由貴)

この記事を書いた人

木山 由貴 木山 由貴»筆者の記事一覧 (52)

音楽とネコ大好き40代主婦ときどきフリーライター。「気になることはとりあえずやってみる」の精神で毎日楽しく暮らしています。節約するところはビシッと節約、使うべきときは大胆に使うので生活満足度は高め。「みんながやってるから」より「自分はどうしたいか」を優先するマイウェイな性格。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
更新のベストタイミングは?
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ