【ジモティ】オフ会に参加した筆者だから語れる 引き取り時は「普通の人」が来るので、それほど怖くありません。

大掃除のついでに断捨離

不要になったいろいろなものを捨てよう、という人も多いのではないでしょうか。

けれどただ捨ててしまうのはもったいない。

もしかしたら

「ちょうどそういうのが欲しかった」

という人がいるかもしれません。

ジモティーとは

気になるジモティ

株式会社ジモティーが運営する、地域の人同士をつなぐ交流掲示板です。

インターネットを使い交流のきっかけを作ることを目的としていて、会員登録をすれば、書き込んだり、レスポンスを送ったりできます。

ジモティーの使い方はさまざまですが、今回皆さんにお伝えしたいのは「売ります、あげます」の機能。

自分の家で不要になったものをもらってくれる人、買ってくれる人を掲示板で募集できます

ジモティーでもらってくれる人を募集するメリット

ジモティーを使って「売ります、あげます」の募集をすると、

・ 近所の人に見つけてもらいやすい

・ 引き取ってもらいやすい

ジモティーはただの巨大掲示板ではなく、地域の人と交流しやすい作りになっています

そのため、掲示板は市区町村まで指定しての閲覧が可能です。

例えば

「このダイニングセットあげます。ただし取りに来てくれる方」

という募集がしやすく、もらう方も距離が近いので応じやすいのです。

もちろん無料ではなく「このサイドボードを5,000円で購入してくれる方いませんか?」というフリマ形式での利用も可能です。

ジモティーで知り合った人が家に来るって、怖くないの?

ジモティで知らない人が来るのは怖い

インターネットを使う上で誰もが

「変な人だったらどうしよう」

「怖い人だったらどうしよう」

という不安があります

オフ会に参加したことがある筆者の感想

筆者はジモティーを使って地元に知り合いを増やそうと、ジモティー掲示板で募集されているオフ会に何度か参加したことがあります。

一体どんな人が来るのかとドキドキしていましたが、集まったのはごく普通の人ばかり

楽しく交流させてもらいました。

そこで知り合った1人の女性が、引越しで不要になった家具を処分するため、ジモティーの「売ります、あげます」を使ったことがあると教えてくれたのです。

「家に引き取りに来てもらったから、変な人が来たら怖いなと思っていたけど、全然大丈夫。普通の人だった!」

とのこと。

身分証画像の提示が義務付け

ジモティーでは掲示板に投稿する際やメッセージを送信する際、身分証の画像をジモティーに提示することが義務付けられています

メッセージ交換できる人は、全員身分証明書をジモティーに提出している人。

そう考えるとさらに安心です。

家から出た不要品、お金を払って粗大ゴミに出すより、地元の誰かに譲ってみてはどうでしょうか。

そこから新しい繋がりが生まれるかもしれません。(執筆者:草間 綾子)

この記事を書いた人

草間 綾子»筆者の記事一覧 (29)

旅行好きのライターです。旅行費用捻出のために、日々節約に励んでいます。良さそうだと思ったものは、とりあえず試してみる派です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
気になるジモティ
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ