ダイソーの「500円ツリー」に100均の装飾をしたら、1000円で子供も喜ぶ華やかなツリーになった

いよいよクリスマスシーズンが近づいてきました。

わが家もクリスマスらしい飾りつけをしたいと思っていたところ、100円ショップのダイソーで「120cmのクリスマスツリー」を発見

500円商品ですが、一般的には2,000円以上の価格で売られているサイズなので、4分の1の値段です。

「この安さで品質は保たれているのか」

「部屋に飾ったとき安っぽい印象を受けないか」

という気になる点を、実際に組み立てて検証しました。

せっかくなのでダイソーで500円分のイルミネーションも購入して、飾りつけもしてみましたよ!

ダイソー「500円クリスマスツリー」を組み立ててみました

クリスマスヌードツリー

お店では約10 × 10 × 63cmのダンボールに梱包されて売られていました。

家に帰って重さをはかったところ、ダンボールに入った状態での重さはおよそ820g

少し大きさはありますが重さはさほどないので、気軽に店で購入して持ち帰れます。

分解されたヌードツリーと説明書が入ってます

ダンボールの中には、分解されたヌードツリーと説明書が入っています。

足の部分はパーツを差し込むだけ

説明書に従い、パーツを差し込んで足の部分を作ります。

軽いパーツですが、がたつきもなくしっかりとした作りです。

ツリーの上下を合体

ツリーの上の部分と下の部分を差し込みます。

枝が閉じている状態

枝が閉じている状態なので、ここから好みの形に枝を開いていきます

はりがねが入っているので、枝の向きは自由に整えられます

枝をほぐしているときに、緑の葉の部分が取れて落ちることはありましたが、ぱらぱらと落ちる程度です。

枝を広げると立派に見えます

枝を広げると立派なツリーになりました!

120㎝と高さがあり、500円という値段には見えません

葉がビニールのような素材でできているため、さすがに本物の木のような質感はありませんが、傾きや塗装のはげなどもなく、部屋に飾っていても充分見栄えがするツリーです。

100均のオーナメントで飾り付けてみました!

ダイソーではクリスマスツリー用のオーナメントも購入できます。

500円分のオーナメントを買って、飾り付けてみました

装飾用の綿

100均の装飾用綿

まずは雪化粧に使える綿をのせてみます。

ふわふわでよく伸びる綿

「120cmのツリー1本分が入っています」と書かれていましたが、余ってしまうほどたくさんの綿が入っていました

ふわふわでよく伸び、ツリーに飾りやすかったです。

クリスマスオーナメント

オーナメントも沢山売っています

色も形もさまざまなオーナメントが売られていましたが、今回は銀色のベルと青色のボールを選びました。

ラメが落ちるものもあるので注意

オーナメントを追加すると一気にツリーが華やぎますね!

青色のボールは、一部ラメが落ちやすいタイプが含まれていたので、取り扱うときは少し注意が必要です。

イルミネーション

100円でイルミネーションが買える

なんと100円でイルミネーションも購入できます。今回は単三電池(別売)で光るタイプを2つ用意しました。

単三電池2つで動きます

単三電池を入れてツリーに巻き付け、ボタンでオンオフを切り替えて使います。

バッテリーはツリーの目立たない場所に隠して置いておきましょう

LEDライトは充分な光量があります

100円で電池式のため、あまり明るくないのかなと思っていたのですが、LEDライトは充分な光量がありました。

明るい部屋の中でも輝いているのがわかります。

電気を落とすとムードが高まります

電気を落とすとクリスマスムードもいっそう高まり、子どもたちも大喜びしていました。

わずか1,000円で「おうちクリスマス」がもっと華やぐ!

ツリーとオーナメントをセットで準備しても、わずか1,000円ほど。

値段以上の存在感で、ダイソーの500円ツリーはわが家のクリスマス気分を盛り上げてくれています。

1LDに4人暮らしというわが家ですが、このツリーはコンパクトな暮らしにもぴったりのサイズ感でした。

床に直接置いても見ごたえのある大きさで、使い終わったら分解して収納できるのも大きなメリットです。

値段がとても安いので、クリスマスパーティーの会場に持っていって飾るなど、一時的に使用したいときにもぴったり。ツリーをレンタルするより安く済みます。

ぜひダイソーのクリスマスアイテムを活用して、「おうちクリスマス」をより華やかに演出してみてください!(執筆者:青海 光)

この記事を書いた人

青海 光 青海 光»筆者の記事一覧 (219)

都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。ストレスの貯まらない節約術やお得な情報をお届けします♪
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう