オンライン英会話を使いこなして英会話力を鍛えよう 「世界の果てまでイッテQ」でおなじみ「出川イングリッシュ」のマインドも大切です

オンライン英会話を上手に活用すれば、少しの資金で英会話力を鍛えることができます。

こちらで2つほどご紹介いたします。

オンライン英会話 いいよ!

DMM英会話

DMM英会話の「スタンダードプラン(1日1回25分間)」は、月額5,980円。

24時間365日、いつでもSkypeでレッスンが受けられます。

DMM英会話

≪画像元:DMM英会話

「スタンダードプラン」なら103か国の講師と、月額1万5,800円の「プラスネイティブプラン」なら、103か国+ネイティブの講師と話すことができます。

レアジョブ英会話

レアジョブ英会話の「日常英会話コース(1日1回25分間)」は、月額5,800円です。

朝6時から深夜1時までならいつでも受講が可能で、レアジョブの英会話アプリでレッスンを受けられます。

レアジョブ英会話

≪画像元:レアジョブ英会話

月額9,800円の「ビジネス英会話コース」もあります。

講師は全員「ノンネイティブスピーカーでは世界1位の英語力」とされているフィリピン人です。



数ある英会話スクールからどこを選ぶか

どこの英会話レッスンを受けるかは、無料の体験レッスンを受けてから決めることをおすすめします

無料体験コースから自動的に有料のコースへ更新されることはないので、安心して無料体験コースを受けることができますよ。

DMM英会話もレアジョブ英会話も入会金や教材費などが無料なので、かなり気軽に利用できると思います。

どちらもお手軽な料金とはいえ、お金をかけて英会話のチャンスを作るなら、ぜひ有意義な時間にしたいところですよね。

ここでぜひお手本にしたいのが、お笑いタレントの出川哲朗さん

世界の果てまでイッテQでおなじみの「出川哲朗はじめてのおつかい」や「パパラッチ出川」は、ただおもしろいだけでなくいろいろ考えさせられる企画です。

イッテQ動画ライブラリより

出川イングリッシュはとにかく迷言だらけ

出川イングリッシュは、かなりメチャメチャです。

・刑務所は「メニメニバッドマン スリーピングハウス」

・国連総合本部は「ワールドカントリーカントリー メニメニセンター」

・自由の女神は「フリーウーマン」

・求人票は「カモンピーポーペーパー」

・空母は「スカイママ」

・宇宙食は「エイリアンフード」

などなど、迷言は数知れず。

メチャメチャなんだけど、なんかわかる気がしますよね。

おもしろくて笑い転げつつも、豊かな発想力にはいつも驚かされます。

大切なのは、伝えたい言葉が思いつかないとき、別の知っている言葉を駆使して相手に伝えようとすることなのだと思います。

相手に伝えようとする気持ちも大切

一生懸命伝えれば相手も一緒に考えてくれる

出川イングリッシュを聞いた相手は、出されたヒントから答えが何かを一生懸命連想し、思いついた言葉を口に出します。

それを聞いた出川さんがさらに連想して、また新たな言葉を出します。

外国人:「もしかして君が言いたいのは〇〇のことかい?」

出川:「ノーノーそうじゃなくて~もっとこうメニメニ…」

みたいなやりとりを続けているうちに、相手が答えを言い当ててくれるのです。

出川イングリッシュのスゴイところ

出川さんがいつも目的を達成できるのは、コミュニケーションにおける重要なポイントをしっかりおさえているからだと思います。

話しかける相手の目をしっかり見ている

ロケ地はもちろん外国。

目的地を日本語で指示され、現地の人に英語で尋ねながら目的地を探す「はじめてのおつかい」での出川さんの行動を観察していると、話しかけた相手の目をしっかりと見て話していることがわかります。

どんなにメチャメチャな英語だろうが、出川さんは気にしません。

出川さんの言葉を借りれば「ヒューマンアンドヒューマン(同じ人間同士じゃないか)」といったところでしょうか。

人間同士であることに変わりはないのだから、どうにかすればきっと伝わると信じることが大切なのかもしれません

笑顔であいさつをして堂々と話す

次に注目したいのが表情です。

出川さんのあの屈託ない笑顔で「ソーリーソーリーヘルプミー」と言われると、思わず助けたくなっちゃうのかもしれませんね。

メチャメチャの英語でも、笑顔で堂々と話しているうちに相手の心をつかんでしまいます

無意識のうちにシャドーイングを実践している

自由の女神が「スタチューオブリバティ(Statue of Liberty)」というらしいとわかった出川さんが、すぐさま「スタジオリバティ?」と聞き返したことがあります。

聞いたことをすぐ復唱するこの行為は、「シャドーイング」と呼ばれる効果的な学習法のひとつです。

聞くだけで理解するよりも、聞いてすぐ言葉に出したほうが言葉は定着しやすいものです。

ちょっと力を抜けば英語はもっと楽しくなる

「間違いを恐れず英語を使う勇気」を持とう

スシとテンプラしか知らないような外国人に「日本語話せますか?」と聞けば「Yes!」と即答ですが、日本人に「英語話せますか」と聞くと「No!」が返ってくることがほとんど。

「英会話」に苦手意識を持っている日本人は大勢います。

しかし、その中の多くの人が、英会話を成立させられるだけの基礎力を持っています。

だったらあとは、出川さんのように「間違いを恐れず英語を使う勇気」を持って堂々と英語を話すのみ

そのための手段として、DMM英会話やレアジョブ英会話のような「安く毎日利用できるオンライン英会話」はかなり便利だと思います

文章でうまく言えなければ単語だけでもいいので、画面の向こうにいる講師とのコミュニケーションを楽しんでみてください。

伝わるおもしろさがわかれば、英会話が楽しくなることでしょう。

英会話を上達させたいと願う多くの人にとって必要なのは、難しい英単語や高度な文法、会話サンプルをひたすら頭に詰め込むことではないのではないか。

頭に入っている英語を組み合わせる「発想力」

話す「勇気」、

英語で話しかけられることを「恐れない心」

型にこだわりすぎない「テキトーさ」

だと私は思っています。

ペラペラに見える人の英語も、学校のテスト的に添削すれば間違いだらけなんてことはよくあること。

自分の意識を変化させれば、英会話はもっと身近で楽しいものになるはずです。(執筆者:木山 由貴)



この記事を書いた人

木山 由貴 木山 由貴»筆者の記事一覧 (67)

音楽とネコ大好き40代主婦ときどきフリーライター。「気になることはとりあえずやってみる」の精神で毎日楽しく暮らしています。節約するところはビシッと節約、使うべきときは大胆に使うので生活満足度は高め。「みんながやってるから」より「自分はどうしたいか」を優先するマイウェイな性格。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう