ダイソーのシャレカワ「ポチ袋」 100円以上の価値があり、筆者も大満足のGOODデザイン3選

年の瀬は用意するものが多い

2019年ももうすぐですね。

年の瀬のこの時期は、クリスマスプレゼントに、年賀状にと、用意しなければならないものも多く、慌ただしく過ごしている方も多いのではないでしょうか。

身内に子どもがいる方は、早めにおとしだま用のポチ袋も用意しておきましょう。

ダイソーのポチ袋2019

コンビニエンスストアなどでも購入できますが、100円ショップなら、安価でかわいいデザインのポチ袋が手に入ります。

今回は100円ショップのダイソーで見つけた、おすすめのポチ袋をご紹介します。

1. 新年を寿ぐ「定番の干支デザイン」

フェルト製のポチ袋

2019年の干支は亥。

干支デザインのポチ袋なら、お正月らしさを演出できます

こちらのポチ袋は、どちらもフェルトを利用した一工夫のあるデザインです。

写真左側の、亥の体がフェルトでできていて、ふわふわの触り心地を楽しめるポチ袋は1枚入り。

右側の、マフラーの部分がフェルトでできていて、ワンポイントになっているポチ袋は4枚入りです。

少し手の込んだポチ袋は、雑貨店などで買うと2~300円程度はするので、100円で購入できるのは気軽でうれしいです。

どちらのポチ袋も、もらった人がほっこりとした気持ちになれそうです。

2. 気持ちが伝わる「メッセージデザイン」

メッセージが入っているポチ袋

こちらは、

「ちょっとだけどもらってね」

「だいじにつかってね」

というメッセージが書かれたポチ袋です。

和紙でできていて、文字部分は金の箔押しのようになっているので、かわいらしい絵柄ながら高級感があります。

筆者も自分の子どもたちには、「だいじにつかってね」のポチ袋におとしだまを入れて渡す予定です。

親戚の子どもたちにおとしだまをくばるときに、特に役立ちそうなデザインです

3. 幅広い用途に使える「キャラクターデザイン」

キャラクターデザインのポチ袋

ダイソーではさまざまなキャラクターグッズをとりあつかっています。

ポチ袋も、ミッキーマウスやミニーマウス、ぐでたまやドラえもんなど、かわいいキャラクター柄がそろっていました

こちらのミッキーとドラえもん柄のポチ袋は、どちらも8枚入りで、子どもっぽさの薄いスタイリッシュなデザインです。

お正月に使うことはもちろんできますが、おとしだま専用の柄ではないため、余ったときは普段使いもできます

借りた小銭を返すときや、会費を支払うときにお金を入れると品よく見えますし、バンソウコウや薬などを一時保管するのにも使えます

おしゃれでかわいいポチ袋を100均で見つけよう!

ダイソーで購入できるおすすめのポチ袋をご紹介しました。

年末年始はなにかと忙しく、いざ実家や親族の家に行くときになって、「子どもたちのおとしだま用意するのを忘れてた!」となることも多いもの。

あらかじめ100円ショップでポチ袋を用意しておけば、準備するのを忘れにくくなりますし、何より話のネタになるような、おしゃれでかわいいデザインを見つけられますよ。

ぜひ100円ショップを活用して、お気に入りのポチ袋を探してみてください。(執筆者:青海 光)

この記事を書いた人

青海 光 青海 光»筆者の記事一覧 (213)

都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。ストレスの貯まらない節約術やお得な情報をお届けします♪
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
ダイソーのポチ袋2019
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ