【元金融社員は見た】破産や債務整理する人の90%はトイレが汚い トイレを磨いて金運UP

「お金持ちはトイレがきれい」は本当?

「お金持ちはトイレがきれい」は本当?

トイレとお金の関係性について、「本当のところはどうなの?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

各個人の信用情報(借り入れや債務整理の状況など)を確認できるクレヒス(クレジットヒストリー)などがなかった時代、顧客のトイレ状況で人となり、家計の状況を予測していた金融社員も多かったようです。

今回は、元金融社員の私が、多くの顧客のトイレを見た経験を元に「トイレとお金の関係性」についてリアルにお伝えしたいと思います。

お金を借りている人のトイレにみられる多くの特徴

お金を借りている人にとくに多いのは、下記のようなケースです。

・便器内に、輪っか状の黒ずみ「サボリ輪」ができている

・床やトイレ用品が汚れている

・一見きれいでも、便器の内側が汚れている

・トイレのドアが開けっ放し

・トイレの前を通ったときに悪臭がする

・便器のフタが開いている

お金を借りている人で、なおかつトイレを見たことがある顧客を例に挙げると、トイレが汚かった人は70%でした。

また、トイレはきれいでピカピカだけど、排水口の臭いなどが気になるパターンも含めると、75%以上が「気になるトイレ」でした。

「トイレ掃除で金運がアップする」は本当か?

トイレが汚れている人は、お金との縁が薄い

トイレ状況は、経済状況とともに変化していきます。

支払いが難しくなったり、破産や調停などの債務整理をしたりする前のお客様のトイレは、90%以上が汚く、臭いも出てきます

汚く臭いのあるトイレのお客様がスムーズに支払えたり、完済したりする例は、10%ほどで、うち半分は、また融資の申し込みに来ていました

スムーズな支払いになったり、完済したりする前のお客様のトイレは、とてもきれいで、臭いもありません

「トイレ掃除が行き届いている人のほうが、お金との縁が濃い確率が高い」と言えます。

リアルな経験から導き出した答え

トイレの神様がいるかどうかは不明ですが、経験上から導き出したパーセンテージや昔からのいわれ、風水、などの観点からみると、トイレを清潔に保っておいて損はないです。

経験を元にしたパーセンテージを思い出しながら、

「トイレ掃除をしたら、お金と縁が濃くなってお金持ちになれるかも?」

と考えて、ヤル気の素にしてください。

いつものトイレを、写真に残したくなるぐらいすてきなトイレに変身させ、金運上昇も期待しましょう。(執筆者:山内 良子)

この記事を書いた人

山内 良子 山内 良子»筆者の記事一覧 (11)

2008年頃から接客業務改善などの業務に携わりつつ、資格を生かした親子クッキングイベントなどを開催。現在は主にライターとして活動し、レジャーや旅、暮らしや妊活、ママ向け記事やインタビュー、経営者向けの記事などなど幅広く執筆中。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ