「dテレビ」と「プライムビデオ(amazon)」 たくさんの作品を見たい我が家で、利用して特徴を比較してみました。

近頃はわざわざレンタルビデオ屋さんに行かなくても、自宅で手軽に映画やドラマを見られるサービスが増えました。

ジャンルを問わず、できるだけたくさんのおもしろい作品を見たい我が家では、「dテレビ」と「プライムビデオ」の2つを利用しています。

それぞれを比較しながらメリットやデメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

dテレビVSプライムビデオ

≪画像元:dテレビプライムビデオ

毎月の利用料金

・dテレビ:500円

・プライムビデオ:400円

どうですか、この破格の安さ!

レンタルビデオ屋さんでは最低でも1枚あたり100円のレンタル料がかかりますが、これらのサービスを利用すれば、ワンコインで膨大な数の作品を視聴できます

dテレビのほうは月払いのみですが、プライムビデオは年会費3,900円を支払う形で利用することも可能です。

プライム会員は特典が多いお得なサービスなので、こちらもぜひチェックしてみてください。

テレビでの視聴に必要なもの

・dテレビ:ドコモテレビターミナル、ひかりTVチューナー、Google chromecastなど

・プライムビデオ:Fire TV Stick、amazon Fire TV、スマートテレビ(対応モデル)、ブルーレイレコーダー(対応モデル)、ゲーム機(PS4、PS3、Wii U)など

我が家では、dテレビは「ドコモテレビターミナル」、プライムビデオは「Fire TV Stick」を使って視聴しています。

ドコモテレビターミナルとfire tv stick

≪画像元:docomoAmazon

どちらもテレビとつなぐだけ、スティックを挿すだけの簡単設定なので、機械に弱い私でもスムーズにできました。

視聴できるデバイスの種類

dテレビもプライムビデオも、テレビ以外ではパソコン、スマホ、タブレット、iPhone、ipadなどで視聴できます。

外出先でもドラマや映画が楽しめるので、筆者は子どもの送り迎えの待ち時間などに時々利用していますが、容量がすぐにいっぱいになってしまうのだけが困ります。

調べてみたところによると、端末に作品をダウンロードして保存すればデータ通信量に関係ないということなので、一度試してみたいと思います。

視聴できる作品の数

・dテレビ:約12万作品(映画、ドラマ、アニメ、音楽作品、舞台作品、ドキュメンタリーなど)

・プライムビデオ:約7万作品(映画、ドラマ、アニメ、音楽作品、ドキュメンタリー、バラエティなど)

中にはレンタル料金をとられるものもありますが(dテレビで300~400円、プライムビデオで199~500円ぐらいが相場)、ほとんどの作品は無料で見られます。

見逃した連続ドラマやアニメもかなり早い段階でアップしてくれるので、リアルタイムの見逃しも怖くない!

ただし、作品によっては有料の場合もあります。

筆者は無料で見られる作品をかたっぱしから視聴していますが、「タイトルは知ってるけど見たことがなかった作品」を楽しむだけでなく、「タイトルも知らなかったけどおもしろそうな作品」もたくさん知ることができました。

家族団らんにもぴったりで、今では民放よりもdテレビやプライムビデオを見ていることのほうが多いぐらいです。

リモコンの使いやすさ

筆者はどちらかというと「Fire TV Stick」のリモコンのほうがお気に入りです。

Fire TV Stick

≪画像元:Amazon

なぜなら、早送りをする時に10秒単位でポンポンと飛ばせるから。

一方、「ドコモテレビターミナル」のリモコンはボタンを押し続けて見たいところまで飛ばす方式なので、うっかり行き過ぎてしまうことが多いです。

検索については、どちらも音声検索機能が使えるので便利です。

普通に文字を入力していくやり方もできますが、マイクを使ったほうが断然早いです。

気になった方はぜひ一度体験を

dテレビは31日間、プライムビデオは30日間の無料お試しができるので、気になった方はぜひ一度体験してみてください。

dテレビの無料お試し

プライムビデオの無料お試し

筆者は2つのサービスをもう2年以上使っていますが、まだまだ追いきれていない作品がたくさんあります。

今後もどんどん追加されていくと思いますので、料金を支払うだけの価値は十分にあると思います。(執筆者:畠山 まりこ)

この記事を書いた人

畠山 まりこ 畠山 まりこ(はたけやま まりこ)»筆者の記事一覧 (76)

読書と音楽鑑賞と動物が大好きな主婦です。2013年からライター業を開始し、主に生活に密着したテーマの記事を書いています。「主婦」「女性」という立場を生かし、様々な切り口で読者様の役に立てるような記事を作っていきたいです。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう