11/20のお得決済

ウエルシア:Tポイント→1.5倍分で使える / 今日はロッテリアでポテト半額 / 4コマ(5回目)

寒い冬でも「暖房費」を抑える! 暖房費を節約し、部屋で暖かく過ごすコツをご紹介します。

朝晩だけでなく、日中も冷える寒い冬は、暖房代が家計にとって痛い時期です。

今年は灯油の価格が去年よりも高騰しているので、ヒーターを使っているご家庭は暖房費がキツイと感じていると思います。

寒さを我慢するのは辛いですし、ちいさな子供がいる場合は暖房が必要です。

今回は、暖房費を抑え、部屋で暖かく過ごすためのコツをご紹介します。

暖房費を抑え、部屋で暖かく過ごすためのコツ

暖房費を節約するコツ

1. 室外機のまわりを掃除する

室外機のまわりを掃除

室外機は空気を入れ替える、いわばエアコンの出入り口となる部分です。

そのため、室外機の周囲には物を置かず、空気の通りを妨げないよう、キレイにしておくことが大切です。

かという筆者も、気を抜くと、室外機周りにほうきやチリとり、ふとんたたきなど、何かとものを置いてしまいがちなのですが…。

暖房効果を高めるためにも、室外機まわりにはものを置かないよう気を付けましょう。

2. 雨や雪の時や日暮れ前は、カーテンをしめる

カーテンをしめる

日中、太陽の日差しが室内にふりそそぐと、部屋の温度も上昇しやすくなります。

しかし、雨や雪、日が暮れて外気が冷たくなると、ガラスから冷気が室内に入ってしまい、室温が下がってしまいます。

冷気を遮断するため、悪天候の時や日暮れ前は早めにカーテンを閉めるようにしましょう。

カーテンは厚手のものにすると、外気が遮断しやすくなるのでおすすめです。

3. 加湿器を使って湿度を高める

加湿器を使う

暖房を使うと空気が乾燥するので、あわせて稼働させている方も多いかと思います。

加湿器からは暖かい空気が出ないので、「かえって部屋の温度を下げてしまうのでは?」と考えることもあるでしょう。

ですが、実際は、湿度を高く保っていた方が、人間の体感温度を高められます

加湿することは風邪予防にも効果的ですし、肌の乾燥も防ぐことができるので、一石三鳥になります。

4. 暖房の温度は20~22℃に設定する

暖房の温度は20~22℃に設定

寒いと暖房の設定温度を高くしてしまいたくなりますが、クーラーと同じで設定温度を工夫すれば電気代をぐっとおさえられます

おすすめの設定温度は、20~22℃です。

ヒーターやエアコンだけでなく、こたつや電気カーペットも弱で稼働させましょう。

5. サーキュレーターを併用する

サーキュレーターを併用

サーキュレーターとは、部屋の空気を循環させ、冷暖房の効率を良くするアイテムです。

一見扇風機のようにも見えますが、冷気を送風するものではなく、部屋中に空気をムラなく送風する役割があります。

サーキュレーターを活用することで、「ストーブ近くだけが暖かい」「部屋の隅が寒い」などを解消でき、部屋中どこにいても暖かさを保てます

ストーブやエアコンで部屋を暖めなおす回数が減るので、その分電気代や灯油代をおさえることが可能です。

部屋で暖かく過ごすコツ

1. 着る毛布をはおる

ニトリの着る毛布

≪画像元:ニトリ≫

ネットショッピングはもちろん、ニトリでも「着る毛布」という商品が販売されています。

着る毛布は、その名の通り、毛布をそのままはおったようなアイテムで、洋服のように手を出すことができ、ポケットがついているものもあります。

ただ毛布をはおるよりも使い勝手が良く、全身をすっぽりと覆うことができるのでとても暖かいです。

カラーバリエーションやデザインも豊富にあるので、お気に入りの一枚をゲットしてはいかがでしょうか。

ベビー用や子供用も販売していますので、家族みんなお揃いにするのもおすすめです。

2. 室内でもヒートテックを欠かさず着用する

極暖ヒートテックを欠かさず着用

≪画像元:ユニクロ

「ヒートテック=外出時、寒い地域」というイメージがある方もいるかと思います。

ですが、室内にいるときもヒートテックを着用し、保温力を高めることは、暖房費の節約にかなり有効です。

ユニクロの極暖はかなり暖かいので、中に1枚着て、服の上からさらに着る毛布を羽織れば、暖房なしでもぽかぽかでいられます。

いろんな工夫で暖かく過ごしましょう

冬はどうしても暖房費がかさんでしまいますが、できる範囲で、暖房を抑えつつも快適で過ごせる工夫をしてみましょう。

献立に鍋料理やスープなど、温かいメニューをたくさん取り入れるのもおすすめです。

ぜひ、参考にしてみてください。(執筆者:三木 千奈)

この記事を書いた人

三木 千奈 三木 千奈(みき ちな)»筆者の記事一覧 (240)

一般事務員として就職後、結婚を機に専業主婦となりました。現在は二人の子供の育児をしながら、フリーライターとして働いています。美容、車、税金、スポーツ関係など、幅広いジャンルで記事の執筆を行っています。子どものころから一番の趣味は貯金です。節約をすること、お金を貯めることは最も得意としています。無理なく楽しみながら貯金をする!をモットーに、日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう