副業で収入もキャリアもUP! 失敗しない上手な働き方とおすすめジャンル4選

「収入を増やすため」、「キャリアアップをしたい」など、人によって理由は異なりますが、副業をする人が増えてきています。

副業禁止の会社もある一方、近年では、副業を容認する企業も多くなってきて、仕事を複数持つのが当たり前となりつつもあります

ですが、いざ副業をするとなった時、どんな仕事を選べば良いのか迷ってしまう人も多いでしょう。

副業選びを失敗してしまっては、本業に支障がでることもありますので、慎重に選ぶことが大切です。

ここでは、失敗しない上手な副業の選び方と、勤務体制別おすすめの仕事についてご紹介しています。

失敗しない上手な副業の選び方

副業選びは、好きな仕事 > 高収入

副業をする理由として、収入UPを目標とする人も多いかと思いますが、時給を最優先に仕事を決めるのはおすすめできません

高収入よりも、働いていて苦にならない「自分に合った好きな仕事」を選ぶことが大切なのです。

いくら時給、報酬が良い仕事でも、自分に合わない仕事に就くことでストレス、疲労がたまり、本業に支障がでる可能性もあります。

無理な副業は本業に支障が出てしまうこともあり、副業が原因で体を壊してしまっては元も子もないです

働いていて楽しいと思えることを副業にすると、ラクに収入がUPできるだけでなく、毎日が豊かになる人生を送ることができます。

収入以外にも、副業から得られるものはたくさんある!

副業をすることには、「本業で収入を増やさない」からこそ意味のあるのです。

ただ収入を増やしたいなら、本業で頑張って稼ぐことができる人もたくさんいるはず。

しかし、あえてそうしないのは、「副業を通してキャリアを積みたい」「興味のある他ジャンルの仕事もしてみたい」、そういった希望があるからではないでしょうか。

収入はもちろん大切ですが、希望の時給まで届かない仕事でも、「やってみたい」と思うことなら、無理をして高い収入を得る十分価値があると言えます

副業選びは好きな仕事を選んで

本業とバランスよく働ける勤務の仕事を選ぼう

副業を選ぶにあたって大切なことは、本業と両立して働いていける条件であることです。

いくら興味がある、好きな仕事であっても、勤務時間、勤務日数が多く、仕事内容がキツイものは、体を壊しかねません

副業は、本業に影響がなく、無理のない範囲でできるかどうかをよく考えたうえで決めましょう。

本業と掛け持ちしやすい! 勤務体系別おすすめの副業

本業の忙しさや勤務時間、休日などで、できる副業の職種も変わります

ここでは、勤務体系別におすすめについてまとめました。

時間の融通が利くなら…〈掛け持ちアルバイト〉

仕事が定時で終わる、土日祝が休みなど、カレンダー通りのお休みで自由時間がある程度しっかりとれる方は、アルバイトの掛け持ちがおすすめです。

アルバイトならある程度シフトを入れてもらえるので、収入UPできるメリットがあります。

また、仕事場が2つになるので、人脈が増やせるメリットも!

アルバイトの仕事はたくさんあり、職種も多いので、好きな仕事に就けるチャンスも高いです。

掛け持ちアルバイトの仕事例としては、以下のようなものがあります。

飲食店スタッフ
閉店後の清掃作業
新聞配達
カラオケ店スタッフ
オペレーター

仕事場が2つになるので、人脈が増やせるメリットも!

オペレーターの仕事は高時給の場合が多く、出勤人数が多い傾向があるので、シフトの融通が利きやすいです。

早朝の時間を利用した方は新聞配達、夜の時間を利用したい方は、閉店後の掃除や深夜のカラオケ店などが向いています

定休がなく、いろいろな仕事がしたいなら…〈単発派遣〉

仕事の休みがバラバラであったり、前日まで休みになるか分からないなど、予定が組みづらい人には、単発の派遣がおすすめです。

単発の仕事は、急に人が必要になる仕事が多く、「その日だけ」スポットで働くものがたくさんあるので、休みが不定期の人でも働きやすいメリットがありますよ。

単発派遣の仕事例として、以下のようなものがあります。

コンサートスタッフ
デモンストレーター
コンビニのレジ
コールセンターの受電
ティッシュ配り

「その日だけ」スポットで働くもの

コンサートスタッフは土日1日中仕事になることが多いですが、拘束時間が長い分ガッツリ働けます

また、コンサートスタッフといっても、会場の警備や、会場外で物販を担当などいろいろな仕事がありますが、いずれにせよアーティストの音漏れが聞こえるので、働きながらライブに行った感覚も味わえます。

筆者も実際に働いたことがありますが、仕事をしながらライブに参加した気分になれるのでとても楽しいです。

在宅で仕事がしたいなら…〈内職〉

時間を効率よく使いたい、仕事の時間を縛られたくない方は、在宅でできる内職がおすすめです。

内職の仕事は、特別な技術がなくてもできる簡単な作業が多いので、研修などが必要なく、覚えることがほとんどないので気持ち的ラクというメリットもあります

内職の仕事例としては、以下のようなものがあります。

手紙の封入作業
シール張り
商品の袋詰め
商品の裁縫

在宅で仕事

どれも、経験を必要としない簡単なものが多い印象です。

作業する数こそ膨大ですが、納期さえ守ればOKなので、毎日自分のペースでコツコツ働くことができますよ。

場所、勤務時間の融通が利く仕事がしたいなら…〈フリーランス〉

仕事内容はもちろん、勤務場所や時間まで自由に決めたいという方におすすめなのが、フリーランスで働くことです。

フリーランスは個人事業主なので、会社に属することなく、請け負う仕事や量も自分で決めることができます

フリーランスの仕事例としては、以下のようなものがあります。

Webライター
覆面調査
翻訳
ウェブデザイン
タイトル・ネーミング
文字起こし

時間を効率よく使えるフリ-ランス

初心者でもできる覆面調査や文字起こしの仕事もあれば、特技を生かしたデザインの仕事などもあります。

案件によっては1つの仕事で高報酬のものもあるので、短期でガッツリ稼ぎたい方にもぴったりですよ。

勤務場所も自宅に限らず、カフェで働くこともできます。

その分は経費として計上できますので、この点もフリーランスのメリットと言えるのではないでしょうか。

筆者も現在フリーランスwebライター1本で仕事をしていますが、昼間子育て、夜は仕事と、家事、子育て、仕事を両立して行っています。

昼間本業に努めている方でもお休みの日や、帰宅後のあいた時間を使って仕事ができるので、時間を効率よく使うことが可能です

無理のない範囲でできる仕事を選ぶこと

副業は、自分に合っていて、無理のない範囲でできる仕事を選ぶことが大切です。

気持ちにゆとりが持てる仕事を持つことで、副業から収入以上に多くのものを得ることができます。

副業を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。(執筆者:三木 千奈)



【CMでおなじみ!】バイトもパートも短期も↓
仕事さがしはインディード

この記事を書いた人

三木 千奈 三木 千奈(みき ちな)»筆者の記事一覧 (253)

一般事務員として就職後、結婚を機に専業主婦となりました。現在は二人の子供の育児をしながら、フリーライターとして働いています。美容、車、税金、スポーツ関係など、幅広いジャンルで記事の執筆を行っています。子どものころから一番の趣味は貯金です。節約をすること、お金を貯めることは最も得意としています。無理なく楽しみながら貯金をする!をモットーに、日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう