相続の疑問に銀行員が回答!【第4回】 借入が残っていると、どうなるの? ~住宅ローンの場合~

相続の疑問に、銀行員が答えます!

第4回 借入が残っていると、どうなるの? ~住宅ローンの場合
第5回 借入が残っていると、どうなるの? ~アパートローンや事業資金の場合
第6回 いまから準備できることはあるの? ~相続のときに困らないために

死亡したあとの事情が大きく変わる

死亡した人に借入が残っていたらどうなる

死亡した人に借入が残っていたらどうなるか?

残っている借入の種類で、そのあとの事情が大きく変わります。

ポイントは生命保険です。

生命保険がセットされている借入と、セットされていない借入があります。

「死んだら保険金で借金がチャラになるか・ならないか?」の違いです。

住宅ローン

住宅ローンは、死んだら保険金で借金がなくなります。

それほど心配いりません。

アパートローンや事業資金融資

アパートローンや事業資金は、保険で借金がなくなることはありませんので、注意が必要です。

住宅ローンと生命保険のセットについて

住宅ローンを借りるとき、生命保険に同時加入します。

これは原則、というよりも義務に近いものです。

保険の正式名称は「団体信用生命保険」といいます。

仕組みを簡単に説明すると、

1. 住宅ローンを借りる時に保険に加入する

2. 保険金は毎月のローン支払に含まれている

3. 借りた人が死亡すると、生命保険でローンがチャラになる

生命保険といっても、何千万円もの保険金があるわけではありません

支払われるのは、そのときの住宅ローン残金(と利息)だけです。

しかも妻や遺族の口座に保険金が入ることはなく、直接ローンを返済するので「チャラになる」という表現をしました。

住宅ローンに生命保険がセットされている理由は2つあります。

理由1:ローンを払っていた人が死亡すると、家族では払えないから

家族構成、ライフスタイルが昔と変わったとはいえ、「夫(妻・または共働き)が働いて住宅ローンを払う」のが一般的な住宅ローンです。

働き手が死亡すると、残された家族はローンの返済ができずに困ってしまいます。

そのため、はじめから死亡したら保険で住宅ローンがなくなるように設計されています。

理由2:家族が払えなくなると、融資したお金を銀行は回収できなくなるから

銀行側から考えると、保険がセットされていないと回収が難しくなります

他の借入に比べて金利や返済面(苦しくなったら返済を減らしてくれることもある)でも優遇されています。

住宅ローンは特別扱い

住宅ローンと生命保険はセット

貸したお金を回収するには、担保の不動産を売却すればいいわけですが、住宅ローンだとそう簡単な話しではありません。

「〇〇さんは、住宅ローンが払えなくなって、涙をのんで自宅を手放した」

「××銀行が、住宅ローンを払えなかったから自宅を取上げて売り払った」

など、契約通りの対応だとしても、世間の銀行を見る目は厳しいものです。

保険をセットして融資したお金を回収できるようにしています

住宅ローンに生命保険がセットされているのは、借りる人のためであり、銀行のためでもあるわけです。(執筆者:加藤 隆二)



この記事を書いた人

加藤 隆二 加藤 隆二»筆者の記事一覧 (27)

バブル期に入社して、以来銀行一筋30年。お金にまつわるさまざまな相談にこたえてきました。時には返せなくなってしまった人からの相談にも、可能な限り親身になって対応してきたつもりです。銀行員として「あなたのために、なにができるか考えます」 最初の挨拶はいつもそう言ってきました。年を重ねた今も、気持ちは変わっていません。銀行員として、読者である「あなたのために」役に立つ文章を書いていきたいと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう

このページの先頭へ