「家計簿」を賢く活用する4つのコツ 使途不明金で「ムダ」の謎を解明…など、家計を見直すデータを集める

家計簿あるある

家計簿が続けられない

せっかく家計簿をつけていても

「上手に活用できない」

「思うように続けることができない」

と悩んでいる方は多いようです。

家計簿は節約のツールとして思われがちですが、実は「長期間で家計の流れを把握し、家計を見直すためのデータ集め」のツールです。

家計簿を十分に活用しながら上手に付き合っていくには、ちゃんとコツがあります。

1. 使いやすい家計簿ツールを見つける

家計簿といえば、ムダな支出がないかを振り返ることができるメリットがある一方で、記入に時間がかかってしまうデメリットもあります。

しかし、近年は、レシートを撮影するだけで自動仕訳をしてくれる便利な家計簿アプリも充実しています。

家計簿アプリ

自分のライフスタイルに合った家計簿ツールを選べば、きっと無理なく続けられるばずです。

皆が一番使っている家計簿アプリ「マネーフォワード」がオススメ↓

2. レシートを溜め込まない

家計管理をするためには、まず「毎月の支出の流れを把握すること」が大前提です。

毎月の支出の流れを把握するためにも、少なくとも3か月は続けてみましょう。

レシートを数日分溜め込んでしまうと、たとえ便利なアプリでも家計簿に記入や入力する時間がかかってしまいます

毎日の終わりに、その日のレシートは家計簿に記入して整理しておく習慣をつけるようにしてみましょう。

3. 「使途不明金」で、お金の謎を解明

1円単位の誤差を悩む必要はありません。

家計簿の大切な活用法のひとつが、「いつの間にか消えてしまう」使途不明金の謎を解明することです。

レシートが発行されなかったり、紛失した時は手帳やスマホに簡単にメモするだけでも良いので、必ずお金を使った履歴を残しておくようにしましょう。

家計の大きな誤算になる使途不明金に気を付けるだけで、家計管理はかなり正確なものになってきます。

4. 収入内で支出と貯蓄ができていればOK!

家計簿は、「収入内で支出が収まり、少額でも貯金ができているかどうかを測るバロメーター」です。

毎月の収入内で支出と貯金ができていれば、家計簿をしっかり生かして活用できている証拠です。

まずは、焦らずに家計簿で家計データを蓄積してみましょう。

同じ収入額でも、

・ どの項目をどのように見直せばいいのか

・ 貯蓄に回せるお金がどのくらい増えるのか

が面白いほど見えてくるはずです。

収入内で支出と貯蓄ができていればOK

家計簿を上手に活用

家計簿は続けるほど、家計の見直しできるチャンスが増えてきます。

「節約」のためではなく、安定した家計管理を手にするために家計簿に取り組んでみると、今まで以上にうまく活用できるようになります。(執筆者:花見 結衣)

この記事を書いた人

花見 結衣 花見 結衣»筆者の記事一覧 (27)

アメリカ帰りのフリーライター、翻訳家。離婚をきっかけに、それまで関心がなかったお金や節約に向き合うことに。現在は、節約術や貯金術を駆使しながら、「シングルママの、“無理をしない”家計管理」に奮闘中。節約系ライターとして雑誌掲載の実績もあります。趣味は、500円玉貯金。気負わない節約術やマネー術を発信していけたらと思います。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
家計簿と上手につきあうコツ
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ