キャンドゥ(100均)高コスパお菓子5選 高カロリーでも高コスパ…だれか私をとめてください。 

キャンドゥお菓子のココがすごい!

100均のお菓子と言えば「ダイソーセレクト」というイメージも強いですが、キャンドゥのお菓子も侮れません。

普通のスーパーで買うよりもはるかにお得なものもたくさんあります。

筆者がキャンドゥのお菓子をおすすめする、「ココがすごい!」ポイントは以下4つです。

1. 内容量が多くて高コスパ

内容量が多くて高コスパ

キャンドゥオリジナルのお菓子は、ほとんどが内容量100g越えで、100円とは思えないほどボリューム感があります。

パッケージにもグラム数が表示されているので、お得度が目に見えてわかるのも良いです。

2. 安心の国内製造

キャンドゥのお菓子のほとんどは、日本で作られた国内製造品です。

輸入品に抵抗がある方でも安心して食べられます。

3. お菓子それぞれの付加価値

お菓子それぞれの付加価値

「保存料不使用」、「合成着色料不使用」のほか、「国産小麦100%使用」など、商品によってこだわりの付加価値があります。

ただ安いのではなく、1つ1つの商品にこだわりが詰まっていることが見て取れます。

4. 老若男女から好まれるお菓子を取りそろえている

キャンドゥのお菓子は、年齢性別関係なく好まれる素朴なお菓子を取りそろえています。

珍しいお菓子はないものの、流行りがなく定番で昔から愛されているお菓子のラインナップが多いです。

キャンドゥの高コスパお菓子5選

ここでは、キャンドゥの高コスパお菓子を5つ厳選してまとめました。

1. お好みせんべい 120g

お好みせんべい

素朴な味わいがクセになるせんべいは、お茶請けや小腹が空いた時にぴったりです。

合成着色料と保存料を使用していないので、子供のおやつにしても安心感があります。

黄色のせんべいはほのかに甘みがあり、ピンク色のせんべいは海老の風味がしっかり感じられるので、飽きずにいただけます。

2. 芋けんぴ 120g

芋けんぴ

キャンドゥの芋けんぴは、100円とは思えない内容量の多さが魅力です。

ダイソーの芋けんぴは1袋90gですが、キャンドゥの商品は120gなので、かなり高コスパであると言えます。

味は、甘さが控えめなので、ついパクパクと食べてしまいます。

100gあたり507kcalとカロリーが高いので、食べすぎには注意しましょう。

3. ピーナツかりんとう 150g

ピーナツかりんとう

程よい甘さと、ピーナツが香ばしさと食感のアクセントがおいしいかりんとうです。

サクっとした食感があり、食べやすいです。

なんといっても、150gというボリューム感は、キャンドゥお菓子の中でも特に高コスパ商品と言えます。

4. 柿の種&ピーナッツ 20g×6袋

柿の種&ピーナッツ

柿の種の小袋が6個、計120g入ってたったの100円というコスパの良さには驚きです。

1袋20gと内容量が少なめなので、食べきりにちょうど良いサイズなのもうれしいです。

割合的にはピーナッツよりも柿の種が多いので、柿の種好きの方におすすめします。

5. プチカステラ 140g

プチカステラ

ほのかな甘さが、ほっと一息つきたい時にぴったりです。

しっとり感があるので、他社のカステラと比べてパサつきが抑えめになっています。

バナナやパイナップル、タコなど、食べ物や動物の形になっているので、見た目もかわいく子供のおやつとしてもおすすめです。

「お気に入り」を探す楽しみ

売り場にさりげなく置かれているキャンドゥのお菓子ですが、実はコスパが高い商品がたくさんあります。

ここでは紹介できませんでしたが、アメも種類が豊富です。

ぜひチェックしてみてください。(執筆者:三木 千奈)

この記事を書いた人

三木 千奈 三木 千奈»筆者の記事一覧 (158)

一般事務員として就職後、結婚を機に専業主婦となりました。現在は二人の子供の育児をしながら、フリーライターとして働いています。美容、車、税金、スポーツ関係など、幅広いジャンルで記事の執筆を行っています。子どものころから一番の趣味は貯金です。節約をすること、お金を貯めることは最も得意としています。無理なく楽しみながら貯金をする!をモットーに、日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ