ストレス軽減「ニトリ」のアイロン関連グッズ3選 面倒なアイロンがけや収納がスッキリ手間いらず

主婦の嫌いな家事ランキングで、「アイロンがけ」は上位にあがります。

「気を付けていても、すぐにシワができてしまう…」

アイロンがけは家事の中でもかなりストレスを伴うようです。

さらに、アイロンがけを面倒に感じさせてしまうのが、アイロンをかけるのに必要な道具を準備するプロセスです。

アイロンだけではなくアイロン台も必要だったり、ときにはテカリを防ぎ衣類をふんわり仕上げるために使う当て布も準備しないといけなかったりします。

アイロンもアイロン台もかなり重さがあるので、出し入れが面倒なのもアイロンがけが億劫になる原因のひとつになっています。

そこで、今回はアイロンがけを面倒に感じている人のために、アイロンがけをサクサク進めさせてくれるニトリのアイロン関連グッズを紹介します。

どうにかならない?ニトリさん

1. アイロンマットにもなるアイロン収納

アイロンの収納場所について

「どこに置いたらスッキリ収納できるのかわからない」

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

できるなら、アイロンがスッキリ収納できて、さらに、サッと取り出せたならアイロンがけのストレスが減ります

そして、実は、そんな人のためのお助けグッズがニトリにあります。

アイロンマットにもなるアイロン収納」というアイテムで、一見するとバッグです。

この中にアイロンを入れることができるのですが、アイロンを取り出したら、そのまま広げてアイロンマットとして使えます

収納バッグでありながら、アイロンマットでもある便利グッズです。

ふたの部分は丸めて袖の中に入れると「仕上げ馬」にもなってしまうというきめ細かい工夫もされています。

仕上げ馬

アイロン台も不要になるので、バッグを取り出してアイロンマットにチェンジしてアイロンをかけ、終わったらバッグに組み立て、そこにアイロンを収納して元の場所に戻せばアイロンがけがサクサク進みます。

お値段も2,306円(税別)とリーズナブルです。

アイロンマットにもなるアイロン収納

アイロンマットにもなるアイロン収納広げた写真

≪画像元:ニトリ

2. クルクルアイロンマット

アイロンの収納場所には困っていないけれど、アイロン台を取り出すのが面倒という人もいるでしょう。

そんなときには「クルクルアイロンマット」を使うとアイロン台を出し入れするストレスから解放されます。

幅72 × 奥行40 × 高さ5cmで、これさえあれば、机の上でも床の上でもどこでも気軽にアイロンがかけられます。

耐熱性がしっかりしているだけではなく、アルミコーティング加工がしてあるので反熱射効果で熱効率がいいのも魅力です。

使い終わったらくるくる丸めてコンパクトにでき、上についているループでどこかにつるしておけるのもメリットです。

どこでも自分の都合のいい場所をアイロン台にできるので、本当に助かります。

お値段も925円(税別)で、格安のアイロン台を買うのと同じくらいの価格で購入できます。

ニトリのくるくるマット

≪画像元:ニトリ

3. スチーム対応 アイロンミトン

着ていこうと考えていた服が、いざ着ようとしたら思っていた以上にシワになっていて、出かける前に慌てたという経験はありませんか?

「じっくりアイロンをかけている暇はないけれど、どうしてもこの服を着ていきたい」

そんなときは、ハンガーにかけたままアイロンをかけてしまいましょう。

それを可能にしてくれるのが「アイロンミトン」です。

クッション材の中に射断熱シートがはさみ込んであるので、小さなアイロン台として使えます

しかも、アルミコーティング加工がしてあるので熱効率も抜群です。

ミトンの中に手を入れて、アイロン台代わりにしてアイロンをさっとかけられます。

スチームアイロンにも対応しているので、シワも取りやすくなります

お出かけ前に慌てたときは、ぜひ、このアイロンミトンで簡単にアイロンがけを済ませてしまいましょう。

価格は1,195円(税別)と、やはり、格安のアイロン台とほとんど変わらない価格で購入できます。

ニトリのアイロンミトン

≪画像元:ニトリ

アイロンがけのハードルを低く

ニトリの「面倒なアイロンがけがラクになるアイロン関連グッズ」を3つご紹介してみました。

面倒なアイロンがけが気軽にできるアイテムばかりなので、ぜひ活用してアイロンがけのハードルを低くしていきましょう

前よりアイロンがけが少し楽しくなるかもしれません。(執筆者:桜田 園子)

この記事を書いた人

桜田 園子 桜田 園子»筆者の記事一覧 (97)

通信添削の赤ペン先生を30年間続ける傍ら、フリーライターのお仕事もしている主婦です。どうやったら物を安く買えるか、また、間違った買い物をしないテクニックなどについて日々ひそかに研究中です。私が発見したさまざまな節約の知恵をご紹介できたらと思っています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう