「サイズメモ」でうっかりムダ買いが減る! これでもう衣類や家具のサイズミスでムダをださない。

買い物中に、サイズがわからなくて次の機会に回した経験はありませんか?

でも、次の機会って、なかなか来ません。

とはいえ、もし直観で購入したら、サイズが違って後悔するかもしれません。

在庫メモや買い物メモとは別に、わが家のデータベースとしてサイズメモを作りましょう。

サイズメモ

衣類のサイズメモはバーゲンやセールで活躍する

自分の衣類のサイズは、鏡の前で合わせれば大体わかります。

しかし、問題は家族にとってのジャストサイズです。

特定ブランドなら、サイズ表記も統一されていますが、セレクトショップのバーゲンや、ショッピングモールのワゴンセールは、サイズ表記がバラバラ、なおかつ試着室も混んでいます。

衣類のサイズメモはバーゲンやセールで活躍

あきらかに安いとわかっているのに、あきらめるのは悔しい!

この際、失敗覚悟で直感に頼るか?

悩みますね。

そんなときに活躍するのが衣類用のサイズメモです。

サイズメモには、各国の衣類サイズを控えておきます(家族の身長や体重ではありません)。

・ アウター
・ トップス
・ ボトムス
・ ベビー
・ キッズ

家族構成に応じてメモしておきましょう。

あとは、よく使うL、M、Sサイズから換算するだけです。

たとえば、普段が

国産XLサイズのメンズなら、
42(アメリカ/イギリス)
52(EU)
L(国外ブランド)

の各サイズがジャストサイズです。

国産Lサイズのレディースなら、
11号(日本)
6(US)
12(UK)
40(フランス)
42(イタリア)

と換算できます。

靴や帽子のサイズもあると便利です。

家具を買うならサイズミスは許されない

先日、シャンプーとリンスの詰め替えボトルを買い物かごに入れ、買う気満々でレジに並んだのですが、浴室の棚と詰め替えボトルの奥行が違うことに気がつきました。

あのときサイズメモを見なければ、床にボトルを直置きするハメになっていました。

棚の奥行と高さは把握しておきましょう。

雑貨はともかく、金額的にサイズミスは許されないのが家具です。

家具を買うならサイズミスは許されない

店頭で見る家具は小さめに感じるはずなので、おおよそのイメージだけで購入するのは危険です。

便利なすき間家具も、すき間のサイズに入らなければ意味がありません

新しい家具を買うときには、自宅の家具サイズを目安にイメージすると、間違いがありません。

まず、現在自宅にある代表的な家具のサイズをメモしておきます(ソファか食器棚がおすすめ)。

たとえば、ソファのサイズが「W(幅)1580、D(奥行)855、H(高さ)540」とわかっていれば、それに合わせるテーブルの高さやひとり掛けチェアの幅が想像しやすくなります。

ジャストサイズは気持ちいい

ぴったりって気持ちがいい

「もうムダ買いはしない!」

という決意でサイズメモを作ったのは、微妙に短いレースのカーテンに妥協して、半年以上後悔したのがきっかけでした。

結局買い替えたので、サイズの合わないカーテンはムダ買いでした…。

しっかりメモを持ち、ジャストサイズで気持ちのよい買い物を心がけています。(執筆者:白戸 春)

この記事を書いた人

白戸 春 白戸 春»筆者の記事一覧 (40)

シングルマザーを経て再婚し、子どもは無事に独立。現在は夫と猫と北国で暮らす主婦兼フリーライターです。貧乏だったサバイバル経験を生かして、誰かの役に立つ記事を書いていきたいと思います。消費は現金よりクレジットカード派、投資は現物主義です。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ