従来、確定申告をe-tax(電子申告)で行う場合は、電子証明書つきマイナンバーカード(以前は住基カード)とカードリーダーが必要でした。

平成30年分より、マイナンバーカード不要のID・パスワード方式e-taxも登場しました。

マイナンバーカードを使う方式も、ログインが不要になるといった手間の軽減が図られましたが、この方式は公的認証サービスのバージョンアップが必要など、設定が煩雑というデメリットがあります

また平成30年分から開始されたスマホ申告は、マイナンバーカード方式には対応していないので、ID・パスワード方式の届出を行っていないと利用できません

マイナンバーカードを使ってe-taxをしていた方でもID・パスワード方式にする方法があります。

マイナンバーカードでID・パスワード方式届出ができる

確定申告書等作成コーナー トップページ右下に「ID・パスワード方式の届出」がありますので、「届出を行う」ボタンをクリックします。

なおネットを使った届出には、本人確認手続きを行うためにマイナンバーカードとカードリーダーが必要ですので、無い場合には税務署で手続きを行うしかありません。

トップ画面からID・パスワード方式の届出へ

≪トップ画面からID・パスワード方式の届出へ≫

あとは画面に従って手続きを行いますが、途中でマイナンバーカードの読み取りを要求されます。住所・氏名等の個人情報を入力し送信すれば手続きは終了です。

住所・氏名等の個人情報を入力し送信すれば手続きは終了

届出にはマイナンバーカードの手続きが必要

≪届出にはマイナンバーカードの手続きが必要≫

手続完了までは時間がかかる

手続きが終わったらすぐにID・パスワード方式のe-taxが完了するわけではなく、届出完了通知が届くまで、1週間以上待つ必要があります。

税務署の窓口であれば即日手続きが完了しますが、確定申告期間は混雑による待ち時間を覚悟しなければなりません。

マイナンバーカードが無いとできないこともある

ID・パスワード方式では、利用できる機能に制限があることに注意が必要です。

メッセージの確認

トップ画面から「メッセージボックスの確認」の「確認する」ボタンを押すと、ログイン画面が現れます。

トップ画面からメッセージボックスの確認へ

≪トップ画面からメッセージボックスの確認へ≫

メッセージボックスのログイン方法もマイナンバーカード方式とID・パスワード方式の2つ

≪メッセージボックスのログイン方法もマイナンバーカード方式とID・パスワード方式の2つ≫

ログインもマイナンバーカードを読み取って行う方法と、利用者識別番号を使ったログイン方法の2種類あります。

受付システムメインメニュー 赤字で機能制限の注意書き

≪受付システムメインメニュー 赤字で機能制限の注意書き≫

ログインを行うと、メッセージボックス一覧・還付金処理状況・振替納税結果のメニューが現れますが、ID・パスワード方式ではメッセージはタイトルの一覧しか確認できません。

ID・パスワード方式は廃止が予定されている

ID・パスワード方式に機能制限がある理由の1つは、e-taxを普及させるための暫定的な方式であり、早くて3年程度で廃止が予定されているからです。

とはいえ現段階でスマホ申告を行うには、これまで述べてきたようなID・パスワード方式開始の手続きが必要です。

またマイナンバーカード方式は電子証明書の有効期限が切れたり、ソフトウェアのセットアップに失敗したりするとe-taxができなくなってしまうので、保険としてID・パスワード方式の届出をしておく価値はあります。

ただいつかは廃止されることも、頭に入れておく必要があります。(執筆者:石谷 彰彦)