認知症による事故やトラブルが急増 市が保険料を「全額負担」してくれる自治体加入の保険が登場

認知症による事故やトラブル

認知症になってしまうと、思わぬ行動を起こしてしまいます

その理由は、善悪の区別がつかなくなったり、先の見通しがつかなくなるためです

代表的なものでは交通事故が有名だと思います。

認知症による事故やトラブルが急増

認知症があり引き起してしまう事故やトラブルについてまとめてみました。

・ スーパーなどでの万引きの加害者
・ 徘徊により自宅に帰れなくなったり、交通事故に巻き込まれる
・ 被害妄想等によるご近所トラブル
・ 他人のものを破損させる行為
・ 他人への粗暴行為

これらのものは全て私が職務中に体験したり、耳にした出来事です。

認知症になってしまうとこのようなリスクがあることを理解しておく必要があります

多額の損害賠償を請求されるケース

平成19年に認知症高齢者が徘徊し、電車事故に巻き込まれた事故がありました。

そして、その家族に対して損害賠償が請求されました。

日ごろから家族は十分認知症の症状に配慮した生活をしていたそうですが、それでも防げない事故などが起こり、家族に介護への不安が強まったという出来事でした

在宅介護をしている家族は必死でお世話にしています。

近隣住民に迷惑をかけないようにしたりする配慮も多くの人が経験していることでしょう

それもに関わらず、事故の被害者や加害者になるケースは考えられます。

家族の努力には限界があり、どうしても避ける事ができないこともあります

下のグラフでも、今後ますます認知症高齢者が増えていくことが予想されますので、今後社会問題のひとつになることは間違いないでしょう。

認知症患者の推定者と推定有病率

認知症高齢者が起こす事故に備える保険

このようは背景を鑑みて久留米市は「認知症高齢者等個人賠償責任保険」の導入をしています。

保険の概要

認知症の人が他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊したりして法律上の損害賠償責任を負う場合に備えて、認知症の人を被保険者とする個人賠償責任保険に市が契約して加入するものです。

久留米市認知症高齢者等個人賠償責任保険

≪画像元:久留米市

最大の特徴は、保険料の全額を市が負担するということです。

家族や本人の負担がなくて助かります。

「認知症高齢者等個人賠償責任保険」は拡充するのか? 対応策は?

今後認知症高齢者が増えることが予想されるなか、高齢者やその家族が安心して生活が送れる制度です。

しかし全ての自治体がこのような取り組みを行うには財源に不安がありそうです。

久留米市以外では神戸市も取組んでいます。

神戸市認知症診断

≪画像元:神戸市

全国の自治体で対応するのは難しいのが現状です。

当面は個人レベルで考えて、各自で民間の保険に加入してそなえることが懸命でしょう。

まず、一番身近なものは認知症高齢者が加害者になる交通事故です

家族や本人の自覚がないまま引起す可能性がありますし、周囲の静止を振り切って強引に運転し事故を引起すことも考えられます

既に保険に加入しているという人も補償の内容を確認しておくことをおすすめします。(執筆者:陽田 裕也)

この記事を書いた人

陽田 裕也 陽田 裕也»筆者の記事一覧 (47)

介護福祉士の養成校を卒業後、介護福祉士として特別養護老人ホームに勤務する。その後、介護支援専門員や社会福祉士を取得して、現在は生活相談員として相談援助の分野で高齢者福祉に関わっている。高齢者虐待予防や適正な身体拘束についても取り組みを強化し、日々自己研鑽に務めながら、介護保険制度についても理解を深めている。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
認知症による事故やトラブルが急増
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ