「貯金ZERO~ってなに…」 共働きなのにお金が貯まらない3大原因と対処法

共働き世帯の割合が高くなってきました。

「2人分の収入があるから家計に余裕があるはず…」

と思いきや、意外と貯まらない家庭も多いです。

今回の記事では共働きなのにお金が貯まらない原因としてよくある3つのパターンと、その対処法についてご紹介します。

共働きなのにお金が貯まらない

パターン1. 家計の収支を把握していない

お金が貯まらない家庭で最も多く見られるのがお互いの収入、支出、貯金額を知らないというケースです。

筆者の周りでもお互いに縛られるのが嫌で生活費以外の部分は全く共有していないという夫婦は珍しくありません。

しかし友人のうちの1人には、いざ住宅を購入するというタイミングで貯金額を開示したら相手にほとんど貯金がないことが分かり、その時は片方が負担したもののその後も金銭関係のトラブルが絶えずに離婚してしまった人もいます。

子供の教育費や家の購入など大きなお金が動く時に結局バレてしまうので、夫婦で家計を隠しあうことはお勧めできません。

とはいえ今まで別々に管理していたのに新しく口座を作って管理体制を考え直すのも面倒です。

家計簿アプリで賢く管理

マネーフォワード

≪画像元:マネーフォワードME

オススメなのは、最近CMでも見かけるようになった「マネーフォワード」などの家計簿アプリです。

マネーフォワードでは名義人が異なる口座であっても、インターネットバンキングのIDとパスワードさえあれば紐付け可能です。

そのため夫婦それぞれの口座を両方登録してしまえば、口座を作り直すことなく簡単に家計の全体像が把握できます。

毎月何円の収入があって、何にどれくらいお金を使っているのかが把握できていない場合には、家計簿アプリで家計状況を把握することから始めてみることをオススメします。

パターン2. 貯蓄目標を夫婦で共有していない

貯金の目標を共有できていないこと。

何のためにどれほど貯金するべきなのか全く決まっていない状況では貯金のモチベーションが上がりません。

・ 住宅や子供の数
・ 教育にかけたいお金
・ 老後の過ごし方

など希望によって必要なお金は全く変わってくるので、まずはライフプランシミュレーションのウェブサイトを使いながら将来かかるお金を計算してみてください。

その計算によって今どのくらいお金を貯めれば良いのかが分かってきます。

そしてこの計算は夫婦2人で一緒にやることが最も重要なポイントです。

共働きの場合、夫婦はお互いに対等な立場であるという意識があることが多いので、片方が躍起になって貯金しようとしても、貯金の必要性を感じていない側は納得できません。

どうしても応じてもらえない場合は、

「あなたが欲しがっていた車を買うにはどれくらい貯金すれば良いか、計算してみよう」

「君が好きなブランドのバッグやエステに、これからも気兼ねなくお金をかけられるようにするにはどうしたらいいか、一緒に考えてみよう」

などと相手のためであることを強調して提案してみると話に乗ってくれるかもしれません。

一度やってみてしまえば、計算していくうちに現在の状況や未来のことを真剣に考えられるようになっていくはずです。

パターン3. 「共働きだから余裕がある」と思い込んでいる

共働きだからとムダにお金を使ってる

一昔前は片働きが多かった事もあり、共働き=裕福というイメージを持っている人も多くいます。

しかし現代では昔より給料自体が下がっているため、共働きであるというだけで家計に余裕があるとは限りません

それなのに独身時代の金銭感覚を引きずったまま散財していたり、何を買うにもワンランク上の「ちょっと良い物」ばかり選んでいるお金は貯まりません。

この場合目に見えて高価なものに浪費しているというよりは、食材や家具などちょっとした買い物の全てが少し高めになっているだけなので、本人も散財している自覚がしづらいものです。

ブランド物や高級なレストランにお金をかけている訳ではないのに、なぜか毎月あまりお金が残らない…という方は、

1つ1つの買い物の時にきちんと「今月使っていい金額」内に収まるように計算していたか

思い返してみてください。

あまり考えずに何となく高いものを買ってしまっていたという場合には、特にこだわりのある分野にだけお金をかけ、それ以外は安値を探す努力をするように意識すると良いかもしれません。

ダブルインカムは貯金のチャンス

ダブルインカム(夫婦2人ともが収入がある状態)は家計にとって非常に良い状況で、本来であればハイペースでお金が貯められる絶好のチャンスです。

しかし夫婦ともに自立しているが故に、全く貯まらない家計になってしまうリスクもあります。

ちょっとした意識の違いだけで将来の余裕が大きく変わりますので、夫婦で協力しあってしっかり貯まる家計にシフトしていきましょう。(執筆者:島村 妃奈)

この記事を書いた人

島村 妃奈 島村 妃奈»筆者の記事一覧 (55)

20代で1000万円を貯めた経験を元に、実用的なマネー術をご紹介します。現在は秘書として働く傍ら、フリーライターとしても活動中。趣味は貯金と投資で、現在は子供の教育資金捻出のために日々奮闘しています。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう