「ふるさと納税」の返礼品で、毎日のお弁当作りの手間と費用を節約! 「温めるだけ」「冷めてもおいしい」返礼品7選をご紹介します。

春からの新生活が始まります。

子どもの進学などで「毎日のお弁当作り」が始まる方も多いのではないでしょうか。

ある調査によると、お弁当にかかる費用は1食あたり231.5円だそうです。

参考資料:2018年 ニチレイフーズ「お弁当事情に関する調査」(pdf)

ニチレイフーズのお弁当調査

≪画像元:ニチレイフーズ(pdf)

お弁当に向く食材は限られていますし、どうしても割高になってしまいます。

【小学校=給食】から【中学校=お弁当】に変わった場合の費用の変化
・小学校 ひと月4,343円 ※文部科学省調査による平成30年度全国平均
・中学校 ひと月5,209円 ※ニチレイフーズ調査を元に月4.5週で計算
約900円UP!

そこで、ふるさと納税の返礼品を活用して、毎日のお弁当作りをお得に乗り切りましょう。

お弁当作りに役立つ、おすすめ返礼品7選を紹介します。

1. プレミアムポーク尾鈴豚ハム・ソーセージ

プレミアムポーク尾鈴豚ハム・ソーセージ

≪画像元:楽天ふるさと納税

自治体:宮崎県都農町
寄付金額:1万円

甘みがあってさっぱりとした脂身のおいしさが特徴の「尾鈴ポーク」を使って作られたハムとソーセージのセットです。

以下の内容が入っています。

・プレミアムソーセージ 300g
・粗挽きウインナー 180g
・スモークウインナー 200g
・ボロニアソーセージ 300g
・生ハムスライス 55g
・ベーコンスライス 75g

冷めてもギトギトせず、うま味もそのままでおいしく食べられるので、お弁当に向いています。

ボロニアソーセージは過熱せずに食べられるので、朝の忙しい時間のお弁当作りにも役立ちました。

画像は尾鈴豚スペシャル弁当をつくったときのものです。

子どもたちにも大好評でした。

2. 清流寒河江川育ち山形県産はえぬき

清流寒河江川育ち山形県産はえぬき

≪画像元:楽天ふるさと納税

自治体:山形県寒河江市
寄付金額:4万円

「はえぬき」はさっぱりとして甘みとうまみのバランスが良いお米です。

冷めてもおいしいのが特徴で、セブンイレブンのおにぎりにも使われていると言われています。

まさにお弁当にぴったりで、筆者宅ではお弁当作りが始まって以来愛用しています。

こちらは毎月10kg入りが6か月届くコースですが、他にもさまざまな寄付金額と返礼品が用意されているので、お好みの自治体を選べば良いと思います。

3. 大舘曲げわっぱ 白木箱~白びな~

大舘曲げわっぱ 白木箱~白びな~

≪画像元:ふるさとチョイス

自治体:秋田県大館市
寄付金額:1万2,000円

美味しそうに見える弁当箱として密かなブームになっている「曲げわっぱ」。

その人気は、曲げわっぱのお弁当ばかりを集めたレシピ付き写真集が出版されるほどです。

天然木が余分な湿気を吸い取るので、米が締まってうまくなると言われています。

伝統工芸品として職人の手でひとつひとつ作られるため値段が高く、1個1万円を超えるものが多いのですが、ふるさと納税の返礼品なら実質負担は数千円程度で手に入ります。

4. 都城産観音池ポークメンチカツセット

都城産観音池ポークメンチカツセット

≪画像元:楽天ふるさと納税

自治体:宮崎県都城市
寄付金額:5,000円

都城産のブランド豚、観音池ポークを使ったメンチカツのセットです。

プレーンとチーズ入りの各5個が入っています。1個1個が大きく食べ応えがあります。

ジューシーな肉汁とふんわりした食感、サクサクの衣が特徴です。

揚げた状態で冷凍されているので、レンジかトースターで温めれば食べられます。

忙しい朝のお弁当づくりにはありがたい返礼品です。

5. 奥の松大吟醸粕漬・西京漬8品セット

奥の松大吟醸粕漬・西京漬8品セット

≪画像元:楽天ふるさと納税

自治体:福島県いわき市
寄付金額:1万5,000円

キンメダイや銀だらなど8品の魚の漬けがセットになっています。

福島県の銘酒「奥の松」の大吟醸粕に72時間漬け込んだ切り身は、どれもふっくらとして上品な味わいです。

粕漬と西京漬の各4品ずつなので、飽きが来ません。

魚の漬けはグリルで焼くだけで、お弁当のメインになるので、忙しい朝のお弁当作りに役立ちます。

流行りの「のっけ弁当」にしても良いです。

6. 贅沢海苔バラエティセット

贅沢海苔バラエティセット

≪画像元:楽天ふるさと納税

自治体:長崎県島原市 
寄付金額:1万6,000円

最高級の有明産の海苔を食べ比べできるバラエティセットです。

以下の内容が入っています。

・潮の舞塩のり10切×80枚
・明太子風味味付けのり 8切64枚
・無添加味付のり 10切100枚
・初摘み焼きのり 10切100枚
・贅沢焼きのり旬全型 10枚×2袋

定番「のりべん」作りにも役立つ海苔のセットです。

一説には焼き鮭を白いご飯の上に載せた「さけべん」よりも、海苔を敷いた上に焼き鮭を載せた「さけのりべん」の方が、売上2倍になると聞きます。

それほどお弁当に偉大な効果を発揮する海苔。

塩のりは青菜とあえても美味しいですし、副菜づくりにも一役かってくれます。

7. 鹿児島県産 網元の天日干しちりめん

鹿児島県産 網元の天日干しちりめん

≪画像元:楽天ふるさと納税

自治体:鹿児島県いちき串木野市
寄付金額:1万円

鹿児島の海は1年中ちりめん漁のできる数少ない漁場です。

漁獲から5分後にはもう釜茹でするという鮮度抜群のちりめんを、天日干ししてさらに旨味を凝縮。

最高級品の味わいです。

しっかり水分を飛ばしているので、冷凍庫で保管してもパラパラな食感はそのままです。

200g入り袋×4袋の計800gが入っています。

NHKの朝ドラ「まんぷく」では、主人公の福ちゃんが女学校時代に、ちりめんじゃこだけをごはんに載せた「じゃこ弁当」を毎日食べていたというエピソードがありました。

「おかずが少ない貧乏弁当」と友人には言われていましたが、ごはんの上いっぱいに散りばめられたじゃこご飯を、福ちゃんがなんとも美味しそうに頬張っていて、「貧乏ではなくごちそうなのでは?」と筆者は思いました。

筆者の家族もちりめんが大好きなので、冷凍庫に常備しています。

返礼品を上手に活用して、毎日のお弁当を乗り切ろう

お弁当に返礼品を上手に活用

工夫をしないと費用がかさんでしまうお弁当。

ふるさと納税の返礼品にはお弁当にぴったりな惣菜やお米がたくさんあります。

活用してお得に乗り切りましょう。(執筆者:石田 彩子)

この記事を書いた人

石田 彩子 石田 彩子»筆者の記事一覧 (44)

新卒で地方テレビ局の記者を経験し、人材サービス会社のウェブ担当や、広告代理店でテレビショッピングの考査担当などを経て、3年前から退職し専業主婦になりました。戦略的な家庭経営を目指しています。世帯年収が200万円ダウンしても、貯蓄ペースは退職前の額を維持。特技は食洗機に食器をきっちり収めること。趣味はフィギュアスケート観戦で、最近は子供といっしょにリンクで滑ることも。
【寄稿者にメッセージを送る】

今、あなたにおススメの記事
本サイトの更新情報をfacebook・Twitter・RSSでチェックしましょう
お弁当に返礼品を上手に活用
この記事が気に入ったら、いいね!しよう

このページの先頭へ